人の変化にいちいち過剰反応する人「どの道を選ぶかより選んだ道をどう生きるか」

 

 

 

何を選ぶか

 

小さなことから大きなことまで

たくさんの選択の連続で今がある

 

どの道を行く??

って決断にせまられる

人生の分岐点に幾度もでくわすだろう

どっちを選べばいいんだろうって考えるよね

 

それってスゴく大事なのだけど

 

どちらかというと

選んだ道をどう生きるかなんだと思う

 

ほんと、

「どう生きるか」

「どうあるか」

それさえしっかりしていれば

どんな道を選んでもへっちゃら

 

どの道を選ぶかなんて大したことじゃない気さえしてくる

 

きっとあたしは

どんな仕事をしていても

誰といても

天地がひっくり返ったような環境に置かれることになっても

変わらないものって言ったら

「どう生きるか」

「どうあるか」

ってところなのだろう

大瀧冬佳はどこにいても誰といても何をしてても大瀧冬佳だ

 

 

急に私がすごく変わったように思い

戸惑い離れていく人もいるのは事実

私16のときから

今に至るまで何も変わっていないと思うんだ

選んだ道をどう生きるかは

私の中で1ミリもズレたことがないから

 

環境が変わって、

手にするものが変わっているだけ

でも

人間関係はどんどん変わってゆく

 

そんなとき、私は何も変わっていないのにな〜と

寂しかったり虚しい気持ちになることもなくはない

 

私は何も変わっていないのに

私のどこを見て私と付き合っていたのだろう

私が手にしたものへの嫉妬から離れていくのか

私がおかれてる環境が受け入れられず離れていくのか

私の変化の速さに恐怖を感じたのか

私自体は何も変わっていないんだけどな〜

 

たぶん私は今後も

「どの道を選ぶか」を重視している人とは

長い付き合いはなく

いずれ別れがくるんだろうと思う

 

そして、

どの道を選ぶかに頓着せず

「選んだ道をどう生きるか」

という私の姿に絆を築いてくれてる人とは

末永いお付き合いになるんじゃなかろうか

 

どの道を選ぶかなんて

いちいち考え込む意味がわからない

 

いちいち大袈裟ではないか

 

もっと変化に柔軟にしなやかに

過剰反応せず冷静に落ち着いて

ただし

「どう生きるか」という気持ちは熱く

 

結果が出るのを焦らないこと

落ち着いて心配しないで

意外と多いんです

結果を出すことを人にも自分にも急かす人

そのくせ、決断や行動は遅いし少ない

 

私は生き急いでるように

見えるかもしれないけど

結果に対してはすごくゆったり構えてる

 

もう、ほんと面倒くさい

私が選ぼうかという道に対して

選んだらどれくらいで結果が出るかを急いてくる人

 

なんでそんなに落ち着きがないんだ

キャンキャン吠えまくる小型犬のよう

興奮しすぎて嬉ションしたり

しっちゃかめっちゃかになっちゃってる感じ?

 

お散歩

どの道行くかよりどう歩くかだよ

どこだって何してたって別にいい

置かれた場所で

最大限に学ぶし楽しむし能力を発揮する

その積み重ねだよねーと私は思うんだ

 

だからさ、

人が今までとちょっと変化したくらいで

簡単に離れたりくっついたり

器が小さいんだよね

 

人をそう簡単に好きにも嫌いにもならない

それが私の人との距離感です

 

大瀧冬佳主催イベント

バレエ

 

ヨガ

 

Fuyukaマガジン

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP