子供に「なんで〇〇するの!」と怒ってしまうとき

 

 

子供ってほんと理解不能

何で走るの

何で騒ぐの

何で食べないの

何で寝ないの

何で遅いの

 

静かにしてって言ってるでしょ!

早くしてって言ってるでしょ!

 

親もいつも冷静でいられて

親もいつも元気で気分もよくいられて

子供のペースにゆっくり合わせられるなら

こんな口癖みたいに怒らずいられる

 

 

でもママだって人間だもん

具合悪いときも

イライラしてるときも

不安なときも

いろいろあるんだ

 

 

上記に書いたような子供への問いかけは

ほぼ100%彼らには何の意味も成さない

 

そこで私が一人でわんぱく坊主二人を

どうにかこうにか

こちらも怒りを爆発させず

かつ、想いを伝えたいときにしてることを紹介しよう

 

1つに、知ること

何で?の訳がわかっていれば

大人である親の怒りは

かなり激減させることができる

 

4歳児の心理発達の本を読んだり

男の子の心理を理解する

 

大人には当たり前に

自分が人にされて嫌なことは

人もされたら嫌なんだ

ということを考え想像する力があるが

4歳はそれはまだできないらしい

 

だからバスに乗っていて、

騒いだり遊んだり

人に迷惑がかかるなんて

彼らには全く意味不明ってこと

 

「疲れてるから静かにして」も

なんやようわからんのだ

 

2つめに、環境から整えること

知れば先手が打てる

 

砂糖を摂取した後は

効果覿面にテンションがハイになるから

静かにさせるためにお菓子はやめよう

 

ついでに動きたくて遊びたくて仕方ないなら

先に公園で思いっきり遊ばせておこう

 

とか。

 

3つめに、目を見て事前に話す

 

案外、注意するときも

怒るときも、褒めるときも

ふわーっと話しちゃってるときが

私は多くて反省するんだけど。

 

目をしっかり見て

「ママはこう思ってる

ひかるにはこうしてほしい

こうこうこうだから

わかった?おねがいね。」

と、なるべく一文にひとつのこと

だらだら一つの文に

たくさんのことを並べ立てずに

ゆっくりトーンは落として話す

 

何というか、

子供の頭と胸にちゃんと届くように

子供って右耳からはいって、

そのまま左耳から抜けてくことよくあるんだけど

これをすると流石に聞いてくれる

 

こっちも気持ちを落ち着かせてね。

 

4つめは、もう最後の方法。

ギュッと抱きしめて泣く。

 

母子ともに限界なときってある

互いにどうにもならん!ってとき

もう、いいよ抱きしめとけ

ってことにしてる

 

 

 

私の血を継いでるからでしょうか、

やたらエネルギー全開

わんぱくで聞かん坊で威張りん坊

泣き虫だし、すぐ怒る

エネルギーがいつも有り余ってて

私は休日の方が疲労困憊だ

 

どうか、親に向かって

子供は親の合わせ鏡とか

親の躾がどうとか、

言わないでください

少なくとも私には笑

 

成長してるんだから

長い目で温かく見守っといてほしい

 

 

こうじゃないといけない!

これができないウチの子は

私の躾がなってないんだ!

そんな風にプレッシャー与えても何にもならない

逆にお母さんもそこでプレッシャー感じるより

知って子供を見て、環境を整える

子供に対しての正しい知識と、

子供をまっさらな目で見て

向き合える余裕が欲しいんだ

 

と、思う今日この頃

 

 

台風接近の低気圧に

生理前のホルモンの乱れで

私は子育てもしんどいですよ

 

そんなときほど

事態が収拾つかなくなる前に

先手を打ちたいですよね

 

 

子供とはいつも知恵比べです

あれに悩んでて解決したと思ったら

また次の問題!

一緒に成長中。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP