ダンスカンパニーUzme誕生秘話

 

悩むよりやってしまえ!

考えるより手を動かせ足を動かせ!

石橋を叩き割らぬよう

 

チャンスは待っててもやってきませんよ

手を伸ばして掴みに行け

掴んだら離してたまるもんかって

 

ワクワクなんてぶっちゃけぬるいよね

武者震いがして気付いたら走り出してるもの

 

 

 

ダンスカンパニーUzmeのFacebookページが誕生しました!

【Uzme誕生秘話】
去年の今頃、私、大瀧冬佳はかさこ塾で「自分の本当にやりたいことは何か?」に向き合った。

私にしかできないこと、私がやりたいことは?

「ダンスカンパニーを作って、児童養護施設を出所し道に迷ってる子たちをカンパニーで雇いたい。本気で働き創るかっこいい大人たちの中で舞台を創る楽しさ、表現する素晴らしさ、人と絆を築く大切さを知って欲しい!不遇な過去も糧に、人生の彩りに。」

と、それからずっーーーと、「団員募集!」を言い続けたのだけど一人も来なかった。

大変だ、無理だ、難しいなぁ〜とは全く私は凹んでおらず…なんとなく「旗揚げ公演するならどんな劇場がいいのかな?」とネットで調べてみた。

したら見つけた!

「ザムザ阿佐ヶ谷」
なんだなんだかっこよすぎるぞ( ゚д゚)!

この目で見てみたい!空気を感じに行きたい!

こうなったら私は止まれない。気付くと下見のアポをとっていた笑

団員私しかいないのに。
資金もないのに。
何もないのに。

時、同じくして、「ふゆかさんといつか一緒に踊りたい」という内容のブログがFBでまわってきた(書いた人は、10/14揺さぶる晩餐会に出演する小林絢子である)

わ!閃いた。「こんなこと書いてくれるなんて、有難いなぁ何も決まってないけど、一緒に下見行きませんか?」とメッセージを送ると、めっちゃ喜んでくれた。

あ!!なら、イベントページ立てて一緒に行きたい人募ってみよ〜という軽いノリで立ち上げてみたのだけど。蓋を開けたら総勢15名を超える方からのお申込みが入り、慌てた。なんせ、何も決まってない、笑えるほどに。

「だって、私、人生行き当たりばったり!」
「やばい、せめて企画書作ろう」

と、突貫で旗揚げ公演の構想を冊子にまとめた。
当日、初めて会う人もいるし、でもやるしかない!!!

劇場は素晴らしかった。入った瞬間声を上げた。そして、作った冊子を配布し(ウソ、コンビニで印刷してきてと参加者任せ)、ほぼその場で話を練りながらの皆さんへのプレゼン。3時間ぶっ通しで話した。そしたら、みーんなから出るわ出るわ面白い案が!!!化学反応がそこかしこで勃発。

やろう!やっちゃおう!できる!
マジで楽しそう!!!

という流れで、私一人しかいなかったUzmeはものすごい勢いで人を惹きつけ驀進している。とどまるところ知らず。

10/14のUzmeの初イベントでは、出演者14名、スタッフ総勢30名。全員本気で準備に精を出してる

どこに向かってるかって??
面白いことだけをする、つまらんものはやらない、それがUzme。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP