人の役に立ちたいといいながら生気を奪う人

 

 

何が人に勇気を与えたり夢や希望を与えるかわかったよ

そして、何が人の生気を奪うかも分かっちゃった。

 

 

「人の役に立ちたい!」

そう平気で嘘をつく人が多いことにびっくりした

その慈悲の精神を隠れ蓑にしないで??

本当にそれが好きなの??

ただ金儲けしたいんじゃない??

ちやほや賞賛され認めてほしいんじゃない??

 

だいたい慈悲って、

哀れみ、情けって意味だからね

他人は思ったよりちゃんと自分で生きれてるよ

それに誰かのためになりたい場合は

助けてもらう側より、助ける側であれる方が

その人は自分を満たすことができてそっちのほうが喜ぶだろう

 

なので、いろんな人に助けてもらうことが

一番人のためになってることもあるんじゃない?

 

だから「人のために」と言っている多くの人は

一周回って自分のために何かを満たしたい人だったりする

 

で、何が人に勇気や希望や夢を与えるのか

可能性が見える人かなと思う。

 

「でも」「だって」

「〜だったら」「〜れば」

も素直じゃない人が成長や変化してく可能性は

一目瞭然で低いよね

 

あと、ケチなひと

人には「あれもほしい」「これもほしい」

「これがない」「あれがない」

「もっとくれてもいいのに」と文句言うくせに

自分は抱え込んで身銭を切れない

人がしてくれないことは私もしない

 

何もしないくせに人には要求する

その要求の深さは母の愛より深く

ケチな人は不思議と深海魚みたいな顔してる

 

たくさんすでに与えられていて

すでに手にしてることに気付いていないから

 

深海にいるから視力も悪いし

聴覚も鈍いし…で、きっと感覚が閉ざされているんだろう

 

 

「おいっ!!!!!目を覚ませ!!!!」

 

 

口を開けば愚痴や文句のオンパレードじゃ

生気奪われますって

一緒にいて元気になれる人といた方がいいに決まってる

 

案外、口から淀みなくでる言葉は

弱い心、醜い(と自分が思ってる)心の盾だったりするよね

顔や姿勢、目の動き、身振り手振り

いろんなものが物語ってます

 

やっぱりそう言うところで

表現しようとしてる者なので

自分が表現するために

人のそういうところも感じとるように

日頃から研究させていただいてます

 

 
ダンスカンパニーUzme

旗揚げ公演「Mao」のキックオフミーティングを

7/9ザムザ阿佐ヶ谷にて行ないました

 

image

 

あの場にいないと伝わらないであろうことを

全力で3時間ぶっ通しで話しましたら

帰ったら熱が出てました笑

 

作りたいのは

見ると精神に異常をきたすようなダークファンタジー

見たいけど怖い見たくないけどこっそり見たい

そんな世界観を作れたらなと思います

 

そして、私がやる意味として大きく掲げたいのは

人生の中でダンスに無関係だった人にあしを運んでもらうこと

アーティストだからこそプロモーションに重きを置くこと

自分でつくり自分で宣伝。

内輪でなくもっと大きなものを巻き込んでいきたい

 

協力者は随時募集中です。

お問合せはこちら

http://fuyukaohtaki.com/info/

 

キャスト、スタッフ参加希望者はこちらのグループへ

https://www.facebook.com/groups/1143610452326274/

キャスト、スタッフの最終決定は9月ですので

見込みの方もご参加いただけるグループです!

 


【大瀧冬佳セルフブランディング実践経過シェア座談会】

詳細、お申込み→http://fuyukaohtaki.com/fuyuka-event/

関連記事→http://fuyukaohtaki.com/event/fuyukaohtaki-dance-101/

申込み状況(7/11現在)→13日(水)8名、16日(土)7名、19日(火)4名

とりあえず各日10名様で締め切ります!

 

【大瀧冬佳SNS】

●Facebook→https://www.facebook.com/profile.php?id=100004164461261

●Twitter→@matilida0213

 

【レッスン情報】

ただ今、準備中です!

 

 

【Fuyukaマガジン】

大瀧冬佳をもっと知りたい方

送料、冊子無料で配布しております

お申込みはこちら→http://fuyukaohtaki.com/fuyukamagazine/

 

 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です