姿勢と立ち方。骨盤の向きと重心の正しい位置を知ろう!【大瀧冬佳online BALLET school Lesson1-2】

img_7023

立ち方について!!!

(前回のお話はこちら→脚と腕のポジション)

バレエにかぎらず

立ち方や重心の位置おさえておくと

血流がよくなるし

頭の回転も速くなりますよ

からだも軽くなる!!

 

まず図の①

img_7023

足の裏の絵を見てください。

点線で丸く囲っているところは

内側と外側のくるぶしを繋いだラインです

 

トレンカを履いたときに足の裏にあたる場所

ここに重心をのせてください

膝、骨盤、胸郭、頭蓋骨

重みのある大きな骨がここに積み上がって行く感じ

 

足の骨の構造はとてもよくできてます

このくるぶしのラインに体重をかかると

骨は素晴らしい建築物のようで

◯で囲ってある3点に均等に体重が

分散される仕組みになってますので

足裏全体で地面を掴むように自然に筋肉がつかえます

 

よく足裏で地面を蹴るようにだとか

地面を掴むようにって聞くことがありますが

私たちが頭で体を動かそうとしなくても

体は勝手にそういうつくりになっているので

下手に意識するとかえって自然な動きの邪魔になります。

 

img_7023

 

次に②の骨盤を立てる…についてですが

骨盤は下腹部を覆うチョウチョのような形をしてる骨ですね

お尻の真ん中にある骨が仙骨

座ったときに座面にごりごりあたる二点が座骨と言われています

背骨の一番した尻尾のような骨を尾てい骨

この座骨、尾てい骨がAのように外側にむいて

お尻が突き出てる状態を

ダックといいます。

「出っ尻!!!」と注意されたりしますね。

 

ダックは姿勢をよくする=胸を張る

だと誤解して、胸を張ると腰がそりお尻が出ます。

これだと、力が外に抜けまくってしまい

それを補おうと力づくで調整をとろうとすることにより

使いたくない筋肉がモリモリ育ってしまいます

関節の動きにもロックがかかっちゃうので

非常に扱いにくい体になってしまいます。

 

Bのお尻がインに入ってる状態を

タックといいます

これだと、腹筋が使えず

猫背になり顎もつきだした格好になりますね

ダックもタックも股関節で

上手く脚が使えないのは同じです。

 

背骨には脳と各筋肉や内蔵を繋ぐ神経がたくさん通ってます

背骨がどっちも歪んでいるので

イメージは断線してしまっているのに似ています

そうすると言わずもがな

信号が遅れるわ、微弱だわ、細密な信号は届かないわで

それは動きにくいに決まってますね。

 

姿勢って大事なんです

体の柔軟性や筋力は使える量を増やすのと

コントロールする力が大事なのです

それは背骨と頭蓋骨の位置関係が重要なポイントが隠されてます。

 

①の上に積み上げるという言い方が一番近いと思います

img_7023

 

なぜ、こんなに姿勢の重要性を説くかと言うと

バレエは次にご説明する

「アンデオール(ターンアウト)」ができなきゃ

何にもできないからです。

 

アンデオールとは

股関節から脚を外旋(外向きにまわす)すること

アンデオールを習得するのがとっても難しいんですね〜

アンデオールはムーブメントなんです。

 

よく外側にひらいて固定させよう止めようとするけど

ムーブメント、つまり「動き」。

外側にまわしつづけていることをアンデオール

外側に回っていることではないんです。

 

形でなく、動きの話なんですね。

ポーズでなく、ムーブメント。

そして、①と②を話してきたけど

骨盤がタックでもダックでも

体の構造上絶対にアンデオールにできないし

重心がくるぶしの上にのってなくてもできないのです。

 

 

③の図をご覧ください。

脚の骨の上端に突起のようなところがあって

ここをショウテンシといいます。

名称はどうでもいいんだけど、

ここと骨盤の中を通って

体の深いところにある筋肉が収縮するから

脚を外側にまわしつづけられるのです。

 

腹筋もすごく内側のものを使って

アンデオールをします

脚だけの動きではなくて

体全体の内側の筋肉を使わないとできないのが

「アンデオール」

で、バレリーナほっそりした体型なのに

強くしなやかな動きができるのも

内側の筋肉をフルに使う動きをしてるからなんですね

 

③の図3で、内部構造はおいておいて、

ひとまずファーストステップ!!

頭に描いてほしいイメージとして

アンデオールのイメージ図を書いてみました。

 

①は体の動きがひとつなぎになっておらず

股関節、股、膝、ふくらはぎ、足首と

それぞれ独立して外側にまわそうとしています

 

動きに流れがなく

使う筋力も非効率で断片的

 

ではなく②のように

螺旋状に地面にむかって

脚を長く伸ばして行くイメージにしましょう

 

 

アンデオールについては

一度に全部説明しきれないし

体全部が連動しての動きになるので

また別の機会に違う切り口で

お話しして行きます!!

 

これは来年1月から始まる

大瀧冬佳オンラインバレエスクールの

レッスン内容の一部です

ご興味ある方は以下の詳細をご覧くださいませ。

バレエをはじめたいけど

時間がない、勇気がない、お教室が近くにない!!

そんな方の救世主にどうぞご利用くださいませ〜

【大瀧冬佳オンラインレッスン】バレエ超入門クラス1月生募集のご案内

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP