大瀧冬佳がレッスンで大事にしている2つの柱

 

1つめはずばり…

「愛」ですね!

 

 

バレエはエクササイズではなく

音楽があって物語がある踊り。

 

そして大抵の物語はラブストーリー。

 

 

 

 

 

本日は大人からでもできる「はじめてのバレエ」というレッスンをひらきまして

満員!!7名の方が生まれてはじめてバレエを踊りました!!!

 

そのスタートの立会人になれたこと、誇りに思います。

 

 

バーレッスンのみをじっくりゆっくり、

90分かけて行いました。

 

 

それは、一見とても地味な動きの練習で

 

他のダンスの中でもバレエはあんまり自由な動きがないんですね。

 

 

 

とことん基礎、からだづくり、がバレエのお稽古なんですよ。

しかし、私はその型にはまった限られた中で

表現をすることにとても魅了されています。

 

 

足先から、指先から、後頭部から感情が伝わってくるような踊り。

 

 

 

 

みなさまが感じられるように

バレエは難しいです。

 

 

 

でも、バレエは踊りだから体操にならないように

「恋い焦がれる片思いのあの人に見られていると思ってください♡」

と、お話しました。

 

 

すると、みなさんスッと体の緊張が抜けて

まとっている空気が変わりました。

 

 

そうそう!その感じ!!!

17才の少女が恋人を背に感じている、まさにそれです!!

 

 

あぁ!!もう私は実は一人で静かに興奮していました笑

それが!!バレエにはとても大事なんです!!!!!

 

で、2つ目!!テクニックを正しく教えること

 

私は残念ながら当時先生の指示に即座に反応できる生徒ではありませんでした。

結構、いや、かなり不器用な方です。努力の才能なタイプなんです。

 

 

センスとか間違ってもないない!!!

ある!といてくださる方は、私の努力の積み重ねだとご存じないからだと思います。

 

 

だからこそ!分からないことが分かる!ので

できる限り、それを思い起こして指導いたしました。

 

 

でも、自分ではココが一番の反省点です。

何万回とやってきたことなので

もう一歩初心に立ち返ることができてなかったかも…と反省し

次回に確実につなげたい所存です。

 

 

 

体の動きについて専門家並に知識、体感として

自分の中に蓄積されています。

 

 

それを上手く伝える術がまだまだです><

 

 

もっともっと精進いたしますね!!!

 

 

 

 

そんな2つの軸で私のバレエレッスンは進行させていただいてます。

 

 

 

ダンサーってどうしても感覚的なんですよね、

未経験者歓迎とうたわれていても

それなりに何度か入門クラスを受けている方がほとんどだったりします。

 

 

 

そこで、心が折れて行けなくなってしまうのは

勿体ないと想い、私は単発のワークショプにこだわりました!

 

 

 

できたら、本日参加された方の上達をみたい!!!と

心から思いました…..。

 

 

定期開催を春に開始できるよう準備を着々とすすめてます!!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP