fuyuka流自分の整え方〜股力①〜

 

 

本来の自分であること=股力

昨日の記事→あしのうら編①にて

やってみてほしい宿題「足の裏のどこに体重をかけてるか?」を感じよう。

 

これは、自分のカラダに今よりほんの少しでも

耳を傾けてもらうことが目的です。

 

自分がどんな状態かは自分しか分からず

他人に任せてはいけません。

 

 

骨盤底筋群も強さというよりも

どれくらい発達しているか

どれくらい熱が生み出せるか

どれくらい活性化されてるかが重要と私は思ってます。

 

 

 

「腹がたつ」

「腹に一物」

「腹が据わる」

「腹が黒い」

「腹を合わす」

 

….という慣用句がありますね。

 

昔から「肚」って欲望の源というか

「理性」とは反対の「欲」の源泉と感じられてきたのだ

ということが言葉からも現れています。

 

 

直感を磨くなら、ココの自由さゆるさが要です。

しかし、暴走してしまったり

足裏の地に着いた感じとバランスが悪いと

浮世離れして夢見がち、自由奔放な人のできあがり!

 

足裏と骨盤底筋群が上手く連動してはじめて

「肚」に抱えた大きなエネルギーをコントロールし

前向きな行動にうつせるのだと感じています。

 

 

骨盤底筋群が現実とリンクさせる仕事をこなしてくれれば

「肚」はより自由に大きなエネルギーを生み出せて

筋肉や骨の状態からしてもハリやコリ、滞りのない

循環のいい状態でいられます。

 

 

本能や直感ばかりに従うと人は人ではなく

動物になります。

 

でも、アタマばかり理性ばかりに従うと

人は心を殺しロボットになって

本当の気持ちが分からなくなってしまうし

人間の生命のエネルギー源は

やはり性だったり命に繋がると思いますので

ココのバランスがとれるとお金を稼げたり

自由な表現ができると思うのです。

 

 

カラダが二股に分かれる地点、骨盤底筋群。

脚は股から分かれているのではなく

中身を見るとお尻から脚です。

 

 

中と外のギャップをなくす…ということを

私はしています。よりフレキシブルに動けるように!

 

 

バレリーナはレッスン中、

バーからセンターレッスンにうつるまでの間にやっていることは

「腰をあげる」という表現をして全身の調整を行います。

 

腰が上がると、恐ろしく自由なパフォーマンスが可能です。

なんか分からんけど、今日は調子がいい!!!

というのを体感したことはありますか?

 

 

感情がカラダに乗っかって、羽が生えたようにスムーズに動ける。

やっぱりカラダと心は一つなんだなぁと実感する瞬間です。

 

 

 

最後に宿題。

やっぱり性を感じるのが効果的です。

しかし、何かと難易度が高い場合には

 

歩く時に、足の裏にかかる体重を感じながら

骨盤の底から吸う息で上に持ち上がる感覚を感じてみてください。

骨盤底筋群は上に向かって、脚は地面に根をはるようにしっかと踏みしめて

….といえば伝わりますかね???

 

なるべく1本線上を歩くようにすると感じやすいはずです。

 


アートセラピー ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP