fuyuka流自分の整え方〜あしのうら②〜

 

 

ズンっと立ってる感覚、ありますか?

地に足がつかないという表現は

『浮き足立っていて冷静さを欠いた様子などを意味する。』

 

と、意志や、感情、内面にたいしての言葉ですが

私がこの状態になってしまっているときは

本当にカラダ的にも地に足がついてる感覚が薄いときです。

 

 

完全に連動しているんです。

 

 

足を強くして地面につく実感を

そして、こちらの記事をぜひお読みください^^

 

 

整体師さんはそれを他者に実感させる技を持っています。

地に足がつく…感覚を忘れてしばらくになってしまっている場合には

私のやり方では少し遠回りに感じてしまうこともあると思うんです。

 

私は自分のカラダが好きだから

ずっーと細やかに意識を向けていられますが

そういう方ばかりではありませんよね?

 

 

そんな時は、他者の力を借りて自分を整える感覚まで

もっていってもらうという選択肢もありです。

 

 

私も実際そうしたこともあります。

どうしても首がかたまってしまって

緩んだ状態を思い出せなくなってしまったときに

人のカラダを扱うプロにお願いしました。

 

 

そして、そこから、自分で整えるを実践されれば

クセも痛みもコリもハリもケアしていくことができます。

 

 

自律と他律、

上手につかって自分のベストパフォーマンスができるのが一番いい理想ですよね!!

 

 

ぜひ、この記事をきっかけに

自分にあった組み合わせタイミングで調整していただければ

いいなぁと思います!!

 

カラダも心も、いきなり病気になるわけではなく

病気ではない段階を必ず通ります。

それを「未病」といいます。

「未だ病ではない」という解釈ですね。

 

「未病」には

・冷え性

・肩こり

・腰痛

・頭痛

・寝起きが悪い

・排尿の回数が少ない、多い

などなど、ちょっと我慢すればなんとかなってしまうものが多いです。

 

「未病」の段階で自分の整えて元気にいきたいですね!!

 
ランキングに参加しています!
クリックありがとうございます^^
 

アートセラピー ブログランキングへ 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP