FUYUKA流自分の整え方〜首①〜

 

Fuyuka流自分の整え方 カラダからのアプローチ

の「首」編に突入です!!

 

肩こり、頭痛、目眩い、咳、喉の痛み

首のコリやハリ…

 

を抱えているときって

一つに腹黒い自分を否定したり

ゲスい自分を表現するのを押さえ込んでるときが多いです(私は)

 

もう一つは

第三の目っていうのが

眉間にあるんだけども

(ないと思っていても別に問題ないのでふーんくらいに思っててよし!)

要は直感、はたまた知識や経験から自分なりに肚に落とし込む

「腑に落ちる」ってことがなかなかできていない時

この症状に見舞われるはず。

 

 

喉の痛みなんてウィルスじゃん!!って思うだろうけれども

免疫をさげている要因はここに繋がったりするのです。

 

 

例えば、大勢の前で話さなければならないとき

目から入ってきた「うわ!たくさん人がいる!」っていう情報を

肚に落とし込めないと

自分を見失い→やったらいいこととリンクしない→緊張

 

 

首の後ろの頭蓋骨がのっかってるところが

驚くほど素直にギュッと固まっているんだよ。

 

 

例えば、

ムカつくな〜って言う人に媚びへつらわければならない時

お腹の中は文句たれまくりなのに口は違うことを言っているときも

首の後ろ、喉もギュッとつまっているんだよ。

その繋がった表情筋も緊張して自然な笑顔なんてできない

 

 

 

みなさま、そう言われるとそうだなと感じるかと。

 

 

私は意志と感情が生まれるのは

お腹と脳だと思っている

 

 

これを繋ぐのが首なので

そして吐き出す箇所も

喉でしょ?

口から言葉がでているんじゃなくて

喉の声帯からでしょ?

 

 

出すってことをしないと

中に溜まる一方なので

いい空気、いい流れも止まる。

循環が悪くなる。血の巡りも悪くなる。

自律神経のON/OFFもめちゃめちゃになる。

よって首や喉の調整は重要。

 

 

ですから、まず、あなたの肩、首、頭、目は

どんだけ頑張って塞き止めているのか感じてみてください!

 

あ!今気付いた!

「塞き止めているから」「咳」が出るのかもね!!

喘息とか食道炎とかになってるときは

もう限界!!!っていう悲鳴かもしれない。

 

子供の喘息は親の悲鳴を体現してることもなきにしもあらず。

他にも理由はあるけれど、その一つであることは間違いないという私の体感。

 

 

感じて!と私はよく言うけれども

それをボディスキャンといいまして

感じるだけで、緩むなんてことはよくあるのです。

 

 

逆に緩ませなきゃ!ってあなたの意思で動かすのは

反対側の筋肉に力が加わり強すぎたりするので

感じる程度から身体感覚を養うことは

地味で遠回りで効果もすぐに感じられなくて飽きるだろうけれども

根本を解決するに至る唯一の道でした(私は)

 

 

というわけで、れっつとらい!ですね^^

 

 


 

 

12月のレッスン情報

 

私は道行く人の動きやカラダ付きをいつもそういう目で見てます。

自分の身体感覚も大事にして、座学もしっかりやってます。

「FUYUKAヨガ」は呼吸から「バレエ」にシフトしていくように

こういうゴチャゴチャした理論をじゃあどうすればいいの!に

ストレートに指導させていただきます。

 

終着点は、はじめてでも「バレエ」を楽しめる!

を目指すクラスにしたいと思っています。

 

詳細はこちら↓

12/19 「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

 

前回の生徒さんの感想はこちら↓

「はじめてのバレエ」生徒さんの声

 

 

アートセラピー ブログランキングへ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP