リーダーに必要な◯◯とは?カリスマってなに?

 

みんなの力をもらってリーダーになるんだね!

 

うちの4歳児の選挙の理解。
選挙って何と聞かれたので
答えてみたわけだけど。

 

なかなか面白い解釈だなと思った。

 

組織が大きくなればなるほど
求心力のあるカリスマが
リーダーになればいいのかといえば
それだけじゃない気がするんだよね。

 

なんでかって、どんなカリスマでも
できることに必ず頭打ちがあるから
それで可能性とかビジョンが
見させられないなら
人はついてこないよなーって私は思う

 

だから個人がカリスマであることは
スパイスのようなもので
肝心なのは
いかにビジョンをみせられるか
想像させられるか
リーダーひとり勝ちなシナリオなんて
面白くないじゃん

 

「自分の能力を発揮したい!」
これをみんな基盤にもっていて
埋もれてたりするけど
ここを引き出して
自分にも何かできるかも!
って能動的に動くきっかけを
与えられるのが
優秀なリーダーな気がする。

 

だから、リーダーは
人が率先して手を貸したくなる人
そんな人も適任じゃないかと思う。

 

と、つらつら綴ってみたけれども

人にビジョンを見させられる人

それをカリスマと呼び

人が率先して手を貸したくなる人

それもカリスマと呼ぶのかも

と、一周回って何が言いたかった分からなくなってしまった

 

「オラに力を!!!」

と言われてみんなが自分の力を託したくなる人

「みんなの力をもらってリーダーになる」

「なりたい人がなるんじゃないんだ〜、へぇ」

なかなか鋭いなぁ4歳児!!!

 

つまり、リーダーが偉大に見えるのは

みんなの力が結集した具象化にすぎない

リーダーってみんなのシンボルみたいなものかな

人が集まれば何でもできるんだ

戦争だってできてしまうし

世紀の大発明もできてしまう

無名の人間が旗揚げ公演をうつことだって

 

求心力がモノを言う

それってたぶんね、それこそ行動と態度のみでしか

人を納得させられない、心を動かせない

琴線に触れない、きっかけになれない

言葉だけじゃだめなんだ

口ばっかじゃダメ

強い言葉を裏付ける行動と実績

有言実行、ただそれだけが

リーダーたるシンボルとしての求心力を司る

核だと思うんだよね

 

 

 


image

ダンスカンパニーUzme団長/大瀧冬佳

私もみんなの力をもらってカンパニーを

率いていこうと思います!!!

 

 

ダンスカンパニーUzme

旗揚げ公演「Mao」のキックオフミーティングを

7/9ザムザ阿佐ヶ谷にて行ないました

 

image

 

あの場にいないと伝わらないであろうことを

全力で3時間ぶっ通しで話しましたら

帰ったら熱が出てました笑

 

作りたいのは

見ると精神に異常をきたすようなダークファンタジー

見たいけど怖い見たくないけどこっそり見たい

そんな世界観を作れたらなと思います

 

そして、私がやる意味として大きく掲げたいのは

人生の中でダンスに無関係だった人にあしを運んでもらうこと

アーティストだからこそプロモーションに重きを置くこと

自分でつくり自分で宣伝。

内輪でなくもっと大きなものを巻き込んでいきたい

 

協力者は随時募集中です。

お問合せはこちら

http://fuyukaohtaki.com/info/

 

キャスト、スタッフ参加希望者はこちらのグループへ

https://www.facebook.com/groups/1143610452326274/

キャスト、スタッフの最終決定は9月ですので

見込みの方もご参加いただけるグループです!

 


【大瀧冬佳セルフブランディング実践経過シェア座談会】

詳細、お申込み→http://fuyukaohtaki.com/fuyuka-event/

関連記事→http://fuyukaohtaki.com/event/fuyukaohtaki-dance-101/

申込み状況(7/11現在)→13日(水)8名、16日(土)7名、19日(火)4名

とりあえず各日10名様で締め切ります!

 

【大瀧冬佳SNS】

●Facebook→https://www.facebook.com/profile.php?id=100004164461261

●Twitter→@matilida0213

 

【レッスン情報】

ただ今、準備中です!

 

 

【Fuyukaマガジン】

大瀧冬佳をもっと知りたい方

送料、冊子無料で配布しております

お申込みはこちら→http://fuyukaohtaki.com/fuyukamagazine/

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP