大瀧冬佳のブログは誰にむけて書かれているか?

 

 

自分の弱い心にむけて書いてます。

私は弱いんです。

 

自分への叱咤激励です。

そうして、いつも前にすすんできました。

 

過去の自分にだったり

今の自分にだったり

 

 

こうありたい自分を描くとき

必ず反対の自分がいると思うんです

 

変わるって決められないとき

反対の今の自分に引っ張られる

慣性の法則が働くんですね。

 

そこにめがけて書いています。

どんな気持ちで動けないのか。

こうありたい未来の自分からエールを送るつもりで

ブログを書いています。

 

私は「よく生きてこれたね」

「よくもどってきたね」と

いろんな方に言われます。

 

当時も現実から逃げてしまいたいこと何度もあった

けれど負けるわけにはいかなくて

そこで編み出した苦肉の策が

今のこのブログにつながっていると思います。

 

あなたにもぜひ試してみてほしい!!

もし迷うことがあったり一歩踏み出せないことがあれば

3年後、5年後、10年後の自分になって

今の自分に手紙を書くんです。

 

当時18才の私に宛てた28才の私からの手紙があります。

 

18才のふゆかへ

大丈夫!!今、私は28才だけどちゃんと結婚して、
子どもも3人いるよ。思っているほど深刻な人生は
歩んでいない。今は本当に辛いと思う。

けれど大丈夫!

28才になるまでたくさんの人が助けてくれて
それに今、いっぱい愛されてるし、
愛する人も私の隣で寝ている。

腐らないで。
挫けないで。
諦めないで。
驕らないで。
負けないで。

そうすれば、今の私にいつかあなたはなる!
大丈夫、思うほど世知辛くない。悲観するな。

泣きたいときに胸を貸してくれる人もいるよ。
そのとき意固地にならないこと!

本当に辛いよね。出口が見えないから。
先が見えないから。

踊りな!!何もかも忘れて。
ひとりで勝手にどんどん悲しみや辛さを増幅しちゃうより
ずっといい!踊ればいい。ほら、ちゃんとごはん食べて、
疲れるまで踊って、寝たらいい。

どうにもできないときは、一回寝た方がいい。

私の「大丈夫!」という言葉をどうか信じてください。

あなたの未来は明るい。

また舞台で踊れる日がくるし

そしてその舞台を愛する人たちが見守っているから。

穏やかな日々を送っているから。安心して寝てください。

28才のふゆかより

 

原文ままです。

これは、きっとずっと捨てない気がする。

一番の応援者である28才の私からの

大切な手紙ですからね!!!!

 

そろそろ38才の私にむけて手紙を書こうかと思います。

やばいね、たのしみだね!笑

 

 

そんな訳で、私のブログは激しめに書いているのもあって

もし傷付いてしまった人がいたらごめんなさい。

そういうメッセージも時々届くんです。

「胸にささりすぎて読めなくなるときがあって

フォローを外すんですが、またしばらくすると

どうしても読みたくなっちゃうんですよね」って

 

「自分の弱さに胸が痛みます。私もそうなりたいなと

思ったり、私には無理だなと思ったり考えさせられます」と

 

みなさん、どこのだれだか会ったこともない私のブログを

しっかりと読んでくださって恐縮でございます。

 

私はあなたを痛めつけよう、吊るし上げよう

なんて思って激しく書いているわけではないので

 

ってことで、

この調子でこのブログは進んでいきますね!!!笑

 

私、結構、いや、かなり、人のことってどうでもいい。

あなたが何を想い、何をしていようと

あなたの好きにしたらいいと思う

私がそこに口だすのはお門違いもいいところ

私はそんなにできた人間だと自分で思っていないし

 

 

すごいな!とか

かっこいいな!とか

おもしろい!!とか

そんな人しか興味をもてないのです。

 

以上!!!

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP