「ええんやで」と許してくれる人

 

 

人はいつからでも生き直すことができるんだね。失敗したりこじらせていたり、歪んでいたり、突っ張っていたり。階段を2段飛ばしくらいで駆け上がって大人になるしかなかった人は、難ありな部分を未だたくさん抱えている。でもね、そんなふうに置いてきてしまっても一緒に取り戻しについてきてくれる人がいるはずだ。

 

本当に大事にしたいと思った相手にこそ、自分を出せなくなってしまうということはないですか。相手の気持ちを想像して、先回りして自分の出方や主張を変えてしまうとき。

 

それは相手のためを思ってるようで、残念ながら相手のためには何もなってないことが多い。自己犠牲からの言動、不安からの言動、恐れからの言動でいいことが起きたことは私は一度もない。

 

だから、少しずつ私も練習した。

 

自分の想いを言葉で伝えること。あまりに重症だとね、自分の想いって何なのかさえわからなかなってたりする。

 

少しずつ感情をだす練習台になってくれた人が私にはいて、

ひとつひとつ経験するたびに

「あぁ、大丈夫なんだ言っても」

「あぁ、私が少しくらいわがままでできない子でも捨てられたりしないんだ」

「あぁ、頑張ってない私かどうかなんて関係ないんだ」

 

って少しずつ少しずつ安心を覚えていった。

だから、私は〇〇しないといけないと言う脅迫観念にかられることも少なくなり、自分が心の底から笑えることを優先できるようになった。

 

あなたの気が損なわれないなら、いくらでも我慢するよって我慢してた。無意識に。

 

それでその場はしのげても、結果、私が天真爛漫な笑顔でいることには全然敵わないと気付いた。

私は私の悦びを満たすことが人のためになるのだと思う。私の悦びはあなたも笑っていてくれることでもある。

でね、私、そう信じてた。笑っとこって。

 

泣いたり怒ったり愚図ったり嫉妬したり…

負けたり挫けたり怠けたり腐ったり…

その辺の誰かに見られるのは構わない、だってそんなときもあるもん人間だもん。でも好きな人には心配かけたくないし、嫌われたくない、ダメなとこ見られたくないっていうのが無意識に働いて隠してたみたいだ。

 

なのにさ、それをどーゆうわけか、パンドラの箱を開けてくる。見せざるを得なくなる。あーもう嫌われちゃう。毎度、断崖絶壁から飛び降りる感じか、もしくは一糸まとわず立たされてる気分になる。

 

清水の舞台から飛び降りる覚悟だというのに、その人は嬉しそうにニヤニヤと笑うのだ。「ええんやで」と言って。

 

アタマおかしいんじゃないの?

どんだけ私のこと好きなの?

リスクとかデメリットとか計算できないの?

(計算とかおまえが言えるかって感じだが)

 

好かれるに値しないと自分を価値化してたのは私自身だった。

 

何で好きなの?こんな私が。

どこがいいの?こんな私が。

 

「こんな私」なんて思いたくないから、人を好きになるなんてまっぴら御免だ!好きにならなければ、私は私に誇りをもててた。なーんて、思ってたら。

 

「好きになってもええんやで」って言ってくる。読心術が使えるようだ。

 

揺さぶってくるから、もう逃げたいって思うけど。好きだからどうしようもない。しばし、委ねてみるしかない。

 

私、何かのウィルスに感染してるのだと思うんだけど、その人の一言一言に胸がキュンとしてしまう。視線を感じてドキドキしてしまう。

 

 

…と、そんな踊りを5/29に踊ります。ダンス未経験の彼と踊ろうと決めたのは、一歩間違えばクソ寒い感じになる緊張もあり、でも、私が一番楽しく踊れそうなパートナーだったからです。ダンサーさんに依頼してもよかったし、何もパートナーと踊るものじゃなくてもよかったわけだけど。

 

いろんなこと度外視で、今しか、この人としか踊れないものがあると思ったので挑戦してみました。

 

面白いことに、私はダンス経験豊富なはずなのに、踊りにあらわれるんですよね。私の方が、委ねきれてなかったりして呼吸を乱してたりする。何というか、愛されることに戸惑いがあるような踊りだなーと客観的に思いました。

 

本番、そのへん見所です。

だからダンスって面白いよね。言葉以上にその人を物語ってしまうから。

 

世界一男前だという長いのろけ話にお付き合いいただきありがとうございます。

 

5/29好きを仕事にする見本市かさこ塾フェスタは入場無料でCST飯田橋で行われます!11:00〜18:30で私は11:00〜と18:00〜の二回踊りますので是非お越しくださいませ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です