夢をなかなか人に語れない人へ

 

 

夢を語るのは恥ずかしい

それはなぜか。

 

自分の中でとことんまで考え抜いてないから。

自分さえ納得してないから

人を納得させるなんてできないとどこかで思ってるんだろう。

だから気の置ける人にだけしか話せない。

この人なら自分の何かを汲んでくれるだろうと甘えてる。

 

でもね、夢って自分ひとりじゃ絶対叶わない

努力でなんとかなると思って一人きりで頑張ってたことがあるけれど

それはあり得ないことを知った

夢って最初は自分だけのものだけど

たくさんの応援者、支援者いろんなひとの力で叶うもの。

自分の力だけでは叶わない。

 

だから、気の置ける誰かだけではなくて

どんな人にでも夢を語れるようにしたらいいと思う。

 

自分の中に納めておかずに

相手に伝えるというのは

ただ聞いてほしくて

壁に話すがごとく夢を語ることもあるだろう。

 

で、そうして自分の中で整理しなおす。

私も気付くとよくやっている。

気の置ける誰かに(笑)

 

 

壁に話すような夢語りでなくて

誰かに協力を仰いだり

アドバイスをいただきたくて話す場合

 

私の場合は

とことんまで考え抜いてからアウトプットする

考え抜いたものが別に完璧じゃなくていいんだけど

「考える」ところを端折って語ると大概「甘い」という言葉が返ってくるか

もしくは付き合い上なんとなく聞いてもらえて

なんとなくあしらわれてしまう

 

100人に夢を語れば叶うと言うけど

そんなわけないがな!

一回、一回が面接だと思って

自問自答して

できるかぎり独りよがりでない夢を必死に口からだすから

相手に想いが伝わり

夢に一歩一歩近づいていくんだと思う。

 

 

「なんでその夢を叶えなきゃいけないの?」

「他にやりかたはないの?」

「どうして今なの?」

「どうしてあなたなの?」

「その夢を叶える必要性は?」

「夢を叶えたらどうするの?」

「あなたの夢は誰と共有できるの?」

「誰かにとって何の役に立つの?」

 

もう自問すればキリがない。

ヒントは憧れのあの人に会うチャンスをいただけて

「場合によっては力貸すよ?」といわれたとき

自分ならどうプレゼンするのか考えるの。

夢っていうと大それたことに聴こえると思うから

ココ3年でやってみたいことでもいい。

 

力を貸してくれるということは

少なからずその人は自分に携わることで

何か目に見えないものを受けとるんだと思う。

何もない自分からお金で買えない目に見えないものを

与えられるとしたらなんなんだろう?

 

その答えが見つかったら

話す順序や抑揚までイメージしちゃう

イメトレをくりかえす

 

これは、その時が来たときのためでもあるけど

自分のためだ。

 

案外、夢って言葉に酔って

掲げただけで満足してしまうことは多い。

具体性がないからすぐ迷う

障害が重なると諦めちゃう

叶う見込みがないのが長らくつづくと自然消滅

 

絶対に夢を叶える方法は

叶うまでやること。

 

夢は非現実的なことをしようとすることかもしれない

でも、やることは何より現実的なこと

ふわふわ夢みがちと言われてしまうのは

現実的に行動してないからだ。

だって、夢に向かうって

「こうなりたい」っていってるだけじゃなくて

手数も場数も夢に向かってないときの比じゃない

 

生きてるってことだと思う。

考えて考え抜いてでもそれ以上に行動して。

むしろ動きながら考える

失敗しながら検証し改善点をはじき出す

 

 

を、叶うまでつづけつづけるのが

一番の方法なのにね

いろんな脇道つかって

楽しようとするけど

それ、楽しめないなら夢なんて掲げない方が良い

 

結局は努力するものより楽しむものが勝つと私は思う。

 

 

こんなことを

目の前でやってみせてくれた大人がいて

私、もう一個タガがハズれた

 

このへんかな〜ってところで

こんなかんじかな〜ってところで

何かの枠の中でやってみてただけなのに

褒められるもんだから

ややブレーキに足かけていつでも減速できる状態で走ってた

 

でも、すごいと思うあの人は

どこにいたって何をしてたって

自分に素直だった

 

周りなんて気にせず

もう実績はかなりあるお方なのに

それがどうしたと言わんばかりに

今日もトップスピード

自分の好きなことに一番に素直に従ってる

 

それをみてたら

私も気付いたらブレーキに足かけてた足を

もうアクセル全開に踏み込んでた

 

 

その今日もトップスピードで駆け抜けてる人は

かさこさんでした。

 

 

悔しいけど、やっぱりかさこさんと関わると

いつも私、何か大きなことに気付いて

どんどんどんどん勢いが増していく。

 

と、いうわけでアクセル全開で踏み込んで

来年5月に旗揚げ公演やることに決めました!

土曜昼・日曜昼夜の3回公演で

できればGWに会場おさえたいなと思います。

 

場所は東京の阿佐ヶ谷

ザムザ阿佐ヶ谷という劇場です。

 

ぜひ詳細は決まり次第、順次このブログで発表していきます!

大瀧冬佳バレエワークショップ

「はじめてのバレエ」

初心者、未経験者、大人の方向けのバレエワークショップを開催してます。

日程、詳細はこちらの予約ボタンから見てください。

(いきなり予約にならないので大丈夫です)
RESERVA予約システムから予約する

 

2016年11月定期レッスンスタートに伴い

大瀧冬佳バレエレッスン説明会を催します。

詳細はこちら→http://fuyukaohtaki.com/ballet/fuyukaohtaki-dance-65/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP