自分と自分の生き方が好きと言える人生を

 

 

本当にたいせつなもの以外

もういらない

 

不安、恐れ、寂しさ、虚無感、嫉妬

そういうのを覆い隠すように

気色悪いポジティブシンキングと

暑苦しい努力と

悲しい健気さアピールで塗り固めるのはやめたら?

 

 

本当はスカスカの幸せを誰かにアピールして

外堀から埋めていこうなんて

幸せってばそんなに甘いものじゃない

 

あなたは幸せだねと周囲に認識されるための

結婚も、起業も、成功も、所有も、名声も、知名度も

あなたの幸せには何の意味も成さない。

 

なのに、人はそれを手にすれば幸せになれると

がむしゃらに頑張ってみたり

どう頑張っても手に入らなければ人のせいにしたり

しまいには自分の人生を諦めてしまう

 

けれど全てを失くしても

大して不幸にはならないよ?

全て手に入れても

大して幸せにはなれないよ?

 

 

 

だからさ

しなければいけないと自分で拘束するより自分に自由を与え

足りない足りないと自ら貧しさを感じるより自分に豊かさを与え

勝ち負けにこだわり自らを終わりのない闘いに追い込むより自らにチャンスを与え

苛立ちや怒り嫉妬から奪うよりも、人に与える喜びを感じられる生き方を

 

 

これらは「たられば」の話ではなくて

今スグから選んでいけることだと思う。

 

当たり前だと思ってるものこそ

実はとても尊いもので

失ってはじめて気付くものなのかもしれない

 

そんなことを私は最近考えていて

何が自分の幸せなのかってことは

誰にも明け渡しちゃいけないなって思うんだ

 

きっといろんなことが願えば可能なのだろう

実際、私は年々生きやすく、夢も叶っているし

「〜じゃないといけない」という制限が解除され

できることがどんどん増えてきた

 

助けてくれる人もたくさんいて

応援してくれる人もいっぱいいる

 

ならば、尚のこと

本当に大切なものを見失わないように

 

 

自分らしい生き方をよりくっきり輪郭とっていこうと思う

そうすると次にやりたいな〜とワクワクしてくるのは

人にどれだけ私は与えられるのかを考えることだ

 

子どもに、愛しい人に、友達に、お世話になった人たちに

これから出逢うかもしれない誰かに

道行く人に

 

そんなことを考えてると

次から次へとアイディアが出てくるわけで

で、それは一周回って

私が一番好きなことを自分らしくやることに不時着するんだ

 

もちろん小さなことから言えば

 

道を譲ったり財布を届けたり

街頭演説をしている人に挨拶したり

おばあちゃんの荷物を一緒に運んでみたり

すると向こうからも知らない人に道を聞かれたり

なんか知らないけどたまたま居合わせた人と仲良くなって

今後の検討をお互い讃えあったり

お金がないとできないことばかりじゃ

ないんだなって私は思う

 

 

 

全てにおいて、自分は恵まれていると思えるって幸せです。

 

大分、力みのとれた生き方ができるようになってきた

「やったる!」って叫んでいるのは

実は自分に対してパフォーマンスに近く

悔しがるのもそこに踊らされてるわけではなくって

ちょっとそんな自分を俯瞰して楽しんでいたりもする

みんながそれを一緒に楽しんでくれないかな〜って

 

そんな自分が好き

これさえあればいい

この人さえ味方でいてくれたらいい

って言うのが軸に在って

それで外へ自由に遊びに行っているかんじの今がとても好きだ

 

それくらい無駄な力が入ってない方が

思ったよりも全力を出せることを知った

ニュートラルな日が増えた

というか感受性豊かなまま

純粋にそこへ委ねていける

 

そんな感じで公演もやろう!て決めました

 

楽しいなぁ〜

 

みなさんも十分頑張ってる人は

一旦羽休めるか倒れるまでやりきってみるか

とりあえず問題を放棄しないで

自分や自分の生き方が好き!と言える人生を歩めたらいいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です