踊るのは「精神と時の部屋」に入ってるのと同じこと

 

 

居場所をさがしてるのかな?

ここではない居場所を。

で、それはきっと場所じゃなくて人なんじゃないかって思う。

 

ダンスで人に何を与え、それでその人はどうなるのか?

 

 

私があなたの居場所になりますよ〜って

両手広げて待ってみても

気持ち悪いだけである。

だから、ダンサー、ダンス講師という接点で

ダンスを介してそれを成り立たせようとしてるんだ。

 

 

ストレス社会で自助するツールとして

バレエに没頭しまた会社や家庭の顔とは違うコミュニティにはいる

それだけで毎日がキラキラしてくるんじゃないかと思うのだ。

 

それは、ちょっと嫌なことやモヤモヤすることがあって

踏ん切りを付けるために行く美容院にも似ている

死にたいくらい嫌なことではないけれども

毎日ちょっとした面倒くさいことくらいあるものだ。

 

それを回避していくこともアリだけど

そのハードル越えた先に

何かが待ってる場合もある

ならば切り替えでなんとかなるなら試練も越えていきたい。

 

そんなときに

私のダンスが何か背中を押すきっかけになったり

問題一点集中、視野が狭くなってるときに

物事を冷静に俯瞰するためのワンクッション。

そんなあなたのニュートラルにもどる居場所として

大瀧冬佳のダンスを活用していただければいいなぁと

 

 

まぁここまで考えてみた。

 

 


 

私がなんで今まで

これだけの試練をひょいひょい乗り越えられてきたのか?

多くの人は首を傾げた。

なんで、こいつはこんなにお気楽で笑っていられるの!!って

 

いつだって冷静で

感情に溺れることがなかった

 

大袈裟に問題を捉えたことがない

これはこれ、それはそれ、あれはあれ

で、私に今何ができて何は保留なのかなって。

それが分かりさえすればあんまりジタバタしたって

仕方ないのがわかるし、やることをやっていけばいい。

 

問題が起こっている渦中にいると

頭の中は24時間それでいっぱいになりがち。

 

そんなときに….

 

(おお!!!いい表現がおりてきたんだけど!!!!)

そう、私にとって踊ってるときは

「精神と時の部屋」に入ってるのと同じなんだよね

 

自分だけの異空間に入っていって

精神を集中させてパワーアップ!

エネルギーを蓄えなおして

体と心を鍛え上げていく。

 


 

そうね!

こういうことにするわ!

 

大瀧冬佳のダンスを習って、

あなたも「精神と時の部屋」を手に入れませんか?

 

ふざけてるようだけども

ダンスって動の瞑想にちかいよね。

 

情報は少ない方が良い。

踊ってるときは自分と音楽の情報しか入れられない

それくらい踊るって言うのはゴチャゴチャと考えられないゾーンにいく

ほぼ無に近くなる

音楽理論はあるのに舞踊理論は未だ確かなものって

そうそう確立していなくて

とても複雑なものなんだ。

 

人のもついろんな要素が複雑に絡み合い

どんなシチュエーションどんな人にも通ずる

公式をはじき出すことのできないものである

 

 

だから、ちょっと異次元のゾーンにいけるんじゃないかなって。

見ているものにも、踊っているものにも

「精神と時の部屋」を与えられるダンサー、ダンス講師を

ひとまず目指していこうかと思います。

 


◯「はじめてのバレエ」

初心者、未経験者、大人の方向けのバレエワークショップを開催してます。

日程、詳細はこちらの予約ボタンから見てください。

(いきなり予約にならないので大丈夫です)
RESERVA予約システムから予約する

 

 

◯2016年11月定期レッスンスタートに伴い

大瀧冬佳バレエレッスン説明会を催します。

詳細はこちら→http://fuyukaohtaki.com/ballet/fuyukaohtaki-dance-65/

 

◯fuyukaohtakiダンスマガジン無料配布中

こちらから「マガジン希望」としお問い合わせください。

13184626_930769603706087_459685348_o

↑A5サイズ12Pの冊子を無料でお送りします。

 

◯来年5月の旗揚げ公演「Mao」にともない

第一回ミーティングを開催します。

一緒に舞台をつくりたい方まずはこちらをご覧ください!

ワクワクすることが好きな人集まれ〜!!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP