お金があれば…という罠

 

 

朝起きてしなければいけないことでいっぱい

夜寝るとき明日の起きる時間が決められている

平日の憂さ晴らしをするための休日

場末の居酒屋で管を巻く自分

若いときはほにゃらら〜と

過去の栄光にすがる老いぼれた自分

 

クリエイティブなことは何もない

 

そんな人生はまっぴらごめんだ!

で、どうしたら自由に思うがままに

 

悔いなく生きれるのかなって考えたとき

安直に「お金があれば!」と考えるのは

社会を作ってる人たちの罠に

まんまとハマっていると思う。

 

それでは能動的に人生を送っているようで

結局誰かに用意されたレールを

歩まされてることになるだろう。

 

 

能率や生産性をあげれば

成功に結びつくと考えるのは

誰かの評価ありきの働き方だ。

 

だから私は

モノを選ぶとき

住む場所を選ぶとき

食べるものを選ぶとき

一緒に過ごす人を選ぶとき

 

「便利か不便か」

「得か損か」

「効率がいいか悪いか」

ではなく

「快か不快か」

「面白いか退屈か」

で選ぶことにしている

 

で、そんな選択の仕方は

ほとんどが決めるときは

怖い!!!!!

 

でもなぜ

そっちを選択したほうがいいかって

自由な発想力、創造力、実行力にこそ唯一無二の価値があり希少で、考えてるとき実行するときももとてもエキサイティングだ。

 

私は去年から手帳を使うのをやめた

今まで手帳とモレスキンの真っさらなノートの二冊を持ち歩いていたんだけど、モレスキンの真っさらなノートのみにしてどうしてものときのために、カレンダータイプの小さなスケジュール帳を持ってる。

 

ほとんど手帳に予定を書かず

モレスキンのアイディア帳の方に

どんどん走り書きをするようにしてる

頭の中に浮かんだことを

一つ残らず出して書き溜めていくと

あとでアイディア同士が結びつくの。

 

考えるより直感を大事にしたいので

私は選ぶ基準は

自分が心地よいベストな状態を

常に保つことだけに集中させてる。

 

昨年、いろんな方にお会いしたけど

わらべという自然食の宿を

営んでるおじさんの話を聞いたときも

所さんやタモリさんの話を聞いても

それはあながち間違ってないと思うんだよね。

 

生き方はそれぞれ。

大事なのは自分のしたいことが分かってること。

 

 
◯「はじめてのバレエ」

初心者、未経験者、大人の方向けのバレエワークショップを開催してます。

日程、詳細はこちらの予約ボタンから見てください。

(いきなり予約にならないので大丈夫です)
RESERVA予約システムから予約する

 

 

◯2016年11月定期レッスンスタートに伴い

大瀧冬佳バレエレッスン説明会を催します。

詳細はこちら→http://fuyukaohtaki.com/ballet/fuyukaohtaki-dance-65/

 

◯fuyukaohtakiダンスマガジン無料配布中

こちらから「マガジン希望」としお問い合わせください。

13184626_930769603706087_459685348_o

↑A5サイズ12Pの冊子を無料でお送りします。

 

◯来年5月の旗揚げ公演「Mao」にともない

第一回ミーティングを開催します。

一緒に舞台をつくりたい方まずはこちらをご覧ください!

ワクワクすることが好きな人集まれ〜!!!

 

 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP