行動の量と質をあげるには?ついついやろうと思ってることを先延ばしにしちゃう人へ

 

 

明日やろうはバカやろう

いやいや!

あとでやろうはバカやろう

くらいに思っといた方がよい

 

今やろうよ!って言うと思った?

 

違うんだよね、

あとでやろうって思うことは

やることを諦めたらいい

 

明日やろうはやらない

あとでやろうもやらない

 

今やろうだけやる

 

超シンプル!!!!

 

これであなたも

今すぐ行動にうつせない

そんなグズな自分を責めなくなる

 

本当に無駄な時間と労力だなーと思うのは

「やらなきゃいけないけど

できない自分を責めてる時間」

 

なんで自分はできないのだろうか?

と悩んだり分析したりするの意味ある?

無駄!無駄!無駄!

 

そもそも生きてる上で

やらなきゃいけないことなんて

何もない!!!!

やらなきゃいけないと思い込んでるだけ

 

 

やるかやらないかを

バッサバッサ決めればいい

行動量が多く、そしてスピーディな人は

その判断がとんでもなく速い!

悩んでる時間無駄!

悩むカロリーも無駄!

 

私はそうして人がグズグズ悩んでる間に

3つくらいはアクションを起こす

 

だから私にできないことなんて何もない

つまり、あなたもできないことは何もない

できないんじゃなくて、やってないだけ

 

できないんじゃなくて、やりたくないだけ

じゃあやらなきゃいいじゃん!!!

シンプルだ。

 

自分じゃない誰かになろうとしたり

外にばかり目が行くと、この判断が鈍る

やるのかやらないのか

いい加減サッサと決めたら?

 

頑張るはさ、

「頑な」と「張る」

って言葉が入ってるじゃん

それぞれの対義語は

「素直」と「ゆるめる」

 

感覚的に素直でゆるい方が

スイスイ進めそうじゃない?

 

やるかやらないかも

素直にゆるく決めてしまえばいい

何にって自分の心に。

自分の心に素直でゆるく

 

 

「こうじゃないといけない!」

「これじゃダメだ!」

そーいう自分ルールゆるめていいんだよ

 

ギューギューに自分を縛りつけてるから

決めるのが遅い

行動が遅いし少ない

だって動きにくいもん

 

自ら障害物を設置し

自らそっちの道を通行止めにし

自ら履きにくい靴を選んで

しまいには

親がほっとけない

兄弟がほっとけない

あの人が心配だとか言っちゃって

二人三脚しようとしたりして

片脚の自由も自ら奪う

 

いやいや、その人も自分の足あるから!

その人にだって進むべき道がある!

頼むから自分の道を歩んでくれ

 

「やろうとは思ってる」

こんな言葉よく恥ずかしげもなく言えるなと思う

 

やらない人には全くイラつかないよ

私には関係ないもん

「やろうとは思ってる」

をふつうに言えてしまう人と

同じ時間を過ごした自分にイラつく

ルパン三世の五右衛門が

「またつまらぬものを斬ってしまった」

みたいな気持ちになるよね

 

何でもかんでも全力でやらない

頑張らない

出力100でできることしかやらない

中途半端なことはやめてしまう

だから今やることに100が出せるんだと思う

 

あとでやろうと思ったことを

思いきってやめてしまうこと

なら、今できるなって気にもなったりする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です