踊る踊る踊る、書く書く書く、話す話す話….しながら学ぶ

どうしてアウトプットをするの?

インプットがほぼ意味ないと思っているからだよ!

 

上手に踊ろうと思って踊れたというより

→踊ってみたら上手だったらしいとか

 

いい記事書こうと思って書いたというより

→書いてみたらいい記事だったらしいとか

 

美味しいごはん作ろうと思って作ったというより

→作ってみたら美味しかったらしいとか

 

 

結果と目標のとらえかたがインプットしつづける人とは逆だと思う。

 

 

 

 

結果はあなたには操作できない

アウトプットしながらの方がインプットできるし!

 

 

ただアウトプットしつづければいいってもんでもなくて

柔軟性は必須アイテムと思う

 

アウトプットするには

信念とか意志とか決意とか

必要だと勘違いしてる人多いかと思うけれども

あんまりなくていいと思う

 

 

 

大事なのはそこを楽しめているか?

 

 

清水の舞台からなんちゃらっていう覚悟はそんなにいらない

 

 

空回りする原因はそれです。

いつ信念を曲げてもいいから

その先を見たいという好奇心と探究心、そして柔軟性。

 

 

それが

踊ってみたら、人を感動させる踊りができてたらしい

までに到達するかもしれないんだ

 

 

 


 

 

私はバレエの先生としてクラスを自分で開きたい!と

3ヶ月前に思った。

 

そして、動き出した。

ひとまず、私は「バレエがおどれます、バレエをおしえられます」「バレエをおしえたいんです」

とどこに言っても話しつづけ、居酒屋で隣に座ったおじさんにも話した。

 

すると、おじさんは連絡先を教えてくれて

いざ開くとなったときに

チラシをおじさんのお店に置いてくれた。

 

アウトプットってそんな小さなことの積重ねです。

 

 

そこで、私がおじさんの経営の極意についてお話を聞きつづけても良かったけど

自分がこうしたいを話さなければ、

おじさんはじゃあ大瀧冬佳に自分ができることは何だろう?を考えてはくれなかった。

 

一番聞きたいアドバイスをしてくれるしね!!

 

実際、私はそのお話のときに、ただの主婦でした。

パートに行って、家事をして、子育てをしている主婦。

 

 

でも、お金をかけずに、誰にでも、いつでもアウトプットはできるんだよ。

 

 

アウトプットとインプットの応酬にあえるのが『かさこ塾』ですよ!!!

あたしにすごくあってた!!!

 

 

それから、商人魂のインプット、アウトプットしたいなら

絶対、広尾88のビジネスマラソン!!!

 

アウトプットって言われても意味分からん!!の背中をポンと押されて

進みだした人たちをたくさん見ました。

もちろん、私も!!!!

 

 

私のバレエのクラスもインプットじゃなくてアウトプットなのです。

自分を受け入れる、自分を癒す、自分に向き合う

自分を表現する、自分の内面をアウトプットする

 

 

難しいことじゃなくて、

おどってみたいな〜

カラダがやわらかくなったらな〜

そんなワクワクした気持ちをもって来てください!!

 

バレエのお席が埋まってきましたが

お申込み受け付けています!!!

12/19「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

 

 

からだかたくても大丈夫ですよ〜

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP