好きの盲点

 

 

好きなこと、やりたいことの盲点。

それは「好きなことをしてる俺!」に素晴らしい幻想を抱いてしまって、それをしない自分は想像できず、そんな自分を否定しているといつの間にか義務になってしまっているということ。

 

私はダンスをいつやめてもいいと思っている。

 

私は5歳のころからバレエ一筋。自分がプロのダンサーになると信じて疑わなかった。その為にはなんでもした。私を育てるのにかかるお金をできる限りバレエに使ってほしいと両親に頼んだ。服とか学校のジャージでいいし。塾も行かないし。そして、努力に努力を重ねそこそこまで昇りつめた自分を今も誇りに思っている。ダンスしか生き甲斐がないとその時は思っていて、それがない人生なら終わっていいって思ったから、高校もやめた。たくさんの大人に言われた。「高校も出ていないと、人生に潰しがきかない」「そんなに頭がいいのに、道を自ら断つなんてバカじゃないのか」って。なら、それまでの人生だからそんな保険いらないと、私は言った。

 

しかし、その数年後、そこまでの大事なダンスをバレエをばっさり捨てたんだ。百足を越えるトゥシューズをゴミ箱に捨てて、レオタードを捨てて、私の人生からダンスという文字を消した。そして、新たな道を模索した。私のまわりにいる人も、私が「ロイヤルバレエ団に通るくらいのダンサー」だと言うことを知る人はいなくなった。そしたら、意外にもとっても楽になった。

 

ダンスがなくても「あたしはあたしらしく生きられるんだ」と言うこと知った。ダンスに焼き殺されそうだったから。駆り立てられ、突き動かされ、いつしか私はダンスに操られ止まることを許されなくなっていた。それをスッパリと20代で捨てられたことはよかった。強みがないと弱い自分を愛せないのは辛いね。若いうちにそれをするのは、たぶん今までで5位内に入るくらい勇気がいった。

 

そして、今は踊っている。ダンスを捨ててから、記憶がとぶくらい泥酔すると私は踊っていたらしい。そしてダンスがどれくらい好きか語っていたらしい。そんな風に、居酒屋で話す自分も可愛らしいなと思った。なら、やってみようかと思った。

 

他の誰のためでもなく、もちろん未来の自分や過去の自分のためでもなく、今の自分がやりたいことを。その瞬間を楽しむダンスができるようになった。だから、私はいつダンスをやめてもいいと思っている。

 


「好きなこと」という言葉はそれだけで、あまりにも美しい言葉なので幻想を抱きやすい。そして、まわりの人間もそれを応援してくれたりするから、自分が本当にやりたいことなのかっていうのを意外と見失いやすいと思うんだ。

 

結婚、家族、資格、恋人、成功、功績、賞賛…いわゆる「幸せ」と自他ともに受けとれることも、手にしてるとき、いつだって捨てられると思えたらそれは本物かな?と私は思います。幸せも不幸も、いつだって自分のなかで自分の物差しで受けとめたい。

 

捨てたら入ってくるなんて言うけど、何も保証がないから怖いんだよね。それを取ったら自分に何が残るんだろうって。手にするまでの過程が長くて濃ければなおさら。でも、それがなくなっても私は変わらないと思えるまでは痛みを伴います。そればかりは避けられないけれども、次のステージに行きたいと願うなら。人生は一度きり。

 

私がそういう覚悟をもつのは、好きなことも好きな人にも義務ではなく幻想でもなく、心から向き合いたいから。純粋に好きと言いたいから。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • みっちょん
    • 2016年 1月 04日

    はじめまして。
    拝見し、自分もそうだったなと、
    ふと思い出したのでコメントしました。

    自分は公認会計士を目指し、
    大学2年の冬だから、ぎりぎり19才かな、
    そこから勉強を始め、
    結局通らなくて試験制度変更を期に、
    28才の時に止めました。
    足掛け9年?
    青春をすべて突っ込みましたね(笑)

    止めるということは、
    始めるということに比べて、
    とてつもなく大きなエネルギーが必要だと感じました。

    それから紆余曲折があり、
    今は経理財務で頑張っています。

    これからどうしていこう?という、
    部分もありますが、
    人生って不思議ですね。

    ありがとうございました。

    みっちょん

      • fuyuka
      • 2016年 1月 13日

      コメントありがとうございます!はじめまして。大瀧冬佳です。紆余曲折がなんとも愛おしく思えたら本物になるんですかね??偽物も何もなく、不完全燃焼でくすぶっていたときも本気で全力だった証拠ですけれども。青春をすべて突っ込む、なかなかできないことです。天晴れ!!それで、犠牲にしたと人から言われることももちろんお有りでしょうが…なんとも清々しく潔く生きられるようになったことは何にも代え難い。と、私は思っています。不思議な人生、楽しみましょう!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP