自己開示と自己顕示のちがい

 

 

 

 

 

例えばレストランにごはんを食べにいって、メニューを渡された時にシェフが「今日のメインは3日間寝ずに煮込みました。もうフラフラです。とても高いお肉をギリギリで仕入れました。これが売れ残るのはちょっとキツいです」みたいなことを言われて気分のいい人がいるのだろうか??

 

舞台裏を見せないこと。それが人に夢を与えるんだよね。勘違いしてる人多いよね。その売り方で通用するのは最初だけ。多くの人は夢を買いたい。ドキュメンタリーも人の心をゆさぶるが、夢が叶うかどうかの希望が見えないものはつまらない。だから、自己開示とか言って、言いたいこと暴露すればいいものじゃないでしょ??自己開示できないとか言う人も舞台裏を見せてないってことなだけだ。

 

自己開示と自己顕示は根本的に違うと思うのだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です