悩んだら「その決断の最終的な責任は誰がとるのか?」を自分に問えばいい

 

 

失敗を恐れるんじゃなくて

失敗して乗り越えられない自分を恐れた方が良い

 

やってできないことだってある

当たり前じゃないか。

 

失敗の何手も先をよんで挑戦すればいいだけの話

私は行き当たりばったりで

決断と行動がめちゃめちゃ早い。

脂の乗り切った今が華というものをやめるのも速いし

それはどうなの?ということをやるのも速い。

 

そんな人が身の回りに一人はいるでしょ?

 

考えなしで、突っ走ってると誤解されるが

そういう人は考えやビジョンを

ずっと先においている人が多く感じる。

 

 

決断や行動を起こすまでの時間と

考えた量は比例しませんよ??

 

突っ走る人は二通りいる

単純にバカか

もしくは

失敗から何を学べるかとか

その失敗を踏み台にして

次に進める自分までを

考えている場合がある。

 

目先の失敗止まりの考える人は

難なく成功することが目的なのね??

ー私は違う。

 

目指しているものは

形や結果に囚われないものだから

分かりきった失敗は絶対にしないように

段取りと仕組みは考え尽くすし

人の助言も聞き尽くす

 

私がとんでもない失敗をしているのは

想定できる失敗を全部回避しているから

だからとんでもない失敗ができる

 

人がしたことない失敗をして

盛大にずっこけて

でも絶対に立ち上がる

だから

人が歩いたことない道を進めると信じてて

それが一番楽しい

 

そんな風に進むことが絶対だったり

正しくてそれ以外の人はダメとか

微塵も思わないが

私はどうしてもそういう風にできている

 

そうやって自分のやり方に納得していれば

なんだっていいと思う

 

失敗とリスクをとらない生き方だって

素晴らしいと思う

 

人にかまってる暇あるの?

嫉妬したり足を引っ張るヤツが一番たちが悪い

どうしようと私の勝手、あんたの勝手。

 

もし、挑むにしても一旦手を引くにしても

人の言葉で迷ってしまったなら

こう自分に問うといい。

 

『その決断の最終的な責任は誰がとるのか?』

 

人は言うだけ言って

それがたとえあなたの為の助言だとしても

あなたがどういう結果、どういう失敗をも

納得して受けとめて責任をとれる道を選ぶしかないんだ

 

いいのかい?

あなたはどんな結果も甘んじて

受けとめられる選択をしているのか

自分で決めてないから

愚痴が出る

不満が出る

つまらん人生になる

 

どういう結果を残したかでなく

自分で決めたかどうか

自分の心を満たす

唯一の自分で操作できること

 

自分の人生をコントロールしきるには

うまずたゆまず、当たりを引くまで

肚決めて選択しつづけることしかない

 

どこまでもどこまでも

焦らず、怒らず、くじけず、いばらず、負けずに

肚から自分で自分の道を選びつづけるしかないんだよな〜

 

だけども苦節ウン十年なんて表現は似つかわしくないくらい

それを楽しめたら本物のエンターテイナー!

私はどんな失敗もどんな不運だって笑いとばせる

努力していた私は、楽しんでいる私には勝てなかったな〜

と今振り返るとわかります。

 


●ダンスパーティーin京都(現在参加者11名)→お申込み、詳細はこちら

『誰も知らないのに、一番知っちゃうダンスパーティ』

 

●阿波踊りのプロ集団「寶船」の単独劇場公演

大瀧冬佳も出演します!!

3/12 17時開演 @高円寺→チケット購入、詳細はこちら

 

●大瀧冬佳Facebook、Twitter申請、フォローお待ちしています。

 

大瀧冬佳Facebook申請してくれたら嬉しいです。もしよかったら^^

バナーを作成

大瀧冬佳Twitterはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP