こどもにキレた話

 

 

うちの子はどこか私が外では怒らないと高をくくっている

恐ろしく人の心を見抜く力の鋭い子供たちで

さすが私の子供だな〜と思う訳だ

大人が子供に弄ばれていること多々あり

ここまではイケる!?っていうリミッター限界まで

甘えさせてくれるポイントを探ってきてるからね?

 

ウチの子と接する機会があれば

注意していただきたい

主導権を子供にもってかれぬように!

 

 

そして

母、ふゆか、熱がでた。

鳥肌が止まらなくて

悪寒と頭痛と関節痛と吐き気

立ってるのもやっと。

 

しかし、子供たちは容赦なく愚図る

 

でもね、

もう余裕のよの字も私には残されていないので

教育でもなんでもなくただぶちぎれた。

この小さな悪魔たちを統率するには

最後は恐怖でしかないのだろうか?と

哀しくなるが…

 

久々にキレた母をみた子供たちは

まぁ気持ちいいくらい言うことを聞くものだ。

 

はやく看病してくれるくらいに成長してくれないかな。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP