人と比べることから逃げる人は自分からも逃げる人

 

 

あいつには負けたくないなーって言う人はいないだろうか?

昨今、

「人と比べない」

「自分軸!ありのままの自分!」

論調をよく耳にするけれど

果たしてほんとにあなたはそんなに聖人君子なの?

 

それはただの逃げではない?

べつに逃げちゃダメとか言わないけど

なんか、逃げてるだけなのに

新進気鋭のアイディアにのっかって

そんな弱い自分を代弁してもらって

隠れているのはちょっとかっこ悪い。

 

でも、私も最近、少し誤解していた。

自分に向き合い

そして人とも比べて自分を奮い立たせる

人と比べることは大事だと思っていたが

私の場合、

それは半分架空か!ってくらい雲の上の人物か

伝説の人物だったり

やっぱり身近な人のことなんて

どうにも興味をもてず比べたことなかった。

 

すると、何が起きたか!

自分を見失うのである。

驚愕の事実に先日ひとり落ち込んだ笑

 

どういうことかと言うと

自分とまわりとの温度差を

あまりにハッキリと体感してしまった

 

なるべく、きれいな世界で生きていたい

人より自分が優れていると奢りたくない

という感情がもはや奢っていた。

 

この間のブログがたくさんの人の目に触れ

共感と賛辞をうけた

だけども何度読み返しても

ごはんのとき「いただきます」という

程度のふつうのことしか書いていない

 

また、人と意見交換をする機会があり

やっぱりなんだか「平凡」という感想を

どうしても胸の内に抱えてしまい

そんな上から目線の自分を抹殺したくなった

意見に正しいも間違ってるもなく

自分が正しいと言いたいわけじゃない

 

だけど、あのスゴイと思ってた人とも

温度差を感じて残念に思ってしまった

というか、そんなどうかしてる思考の自分を

まるで分かってなかった

ということにガッカリして落ち込んだ

 

人と比べるのはエネルギーがいる

嫌な自分を感じてしまうから

見下すという感情から逃げつづけて

そして自分を知る機会から遠ざかってきたみたい

 

そういうちょっと

意地汚い自分を感じる、

知ることも大事だと思った

 

そういうのって

とてつもなく人の弱い部分。

 

人と比べない、人と比べない!

は自分の弱さから逃げることでもあるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です