興味、関心、意欲って自分以外の誰かが引出してくれるものじゃない

 

 

例えば、中学で合唱コンクール

みなさんやってきたと思う。

 

あれって、ぶっちゃけすごくめんどくさい。

でもそれを楽しいものにするか否かは自分次第で

私なら前者を選ぶ。

 

中学生くらいだと斜に構えて

面倒くさがるのがかっこいい!と

残念な勘違いをおかしてしまう歳である

 

そして、滅多にいないと信じたいけど

中学生のまま大人になったような

「楽しませてくれ!」

「つまらん!つまらん!」

と文句ばかりの希少な種類の大人がいる

 

彼らは何を考えているんだろうか

 

楽しい!と感じるか否かは

ある程度自分のスタンスで決まる

 

 

イベントの主催者任せ

リーダー任せ

はたまた会社任せ

上司任せ

 

会社がクソだと文句を言う前に

あなたは仕事を楽しむ努力をしているのだろうか

努力っていうか望む姿勢?

あって当然のもの?

え?なんなの?

 

あなたはバイトを初めてする高校生とは違うでしょ?

高校生って急に仕事をしてる感からか

一丁前に店長の愚痴を言い出す

相手が高校生でも微笑ましいなと思いながらも

私はプライベートでは接点を持つことを避ける

 

で、どうせやるならなぜ楽しんだ方が良いかと言うと

私はどうでもいいこと、好きでないことなんてひとつもないと思うんだ

本当に好きなものがあるならば

どーーーーんなくだらないこと

無駄に思うこと、嫌いなことも

突き詰めると好きに繋がっているから

そして好きなことだけやっているより

好きの表現の幅が広がり自分でも思ってもみなかった新たな視点を見つけたりする

新鮮であれる!!!

 

私は派遣でただ袋に冊子を入れるだけの仕事を8時間ぶっ通しでやったことがある

8時間立ちっぱなしで手だけを動かしつづけるっていうのはかなり苦痛。

そうなんだけども、これがそういう振りの練習と思うと

途端に動きに情緒が生まれてきたり

キレがでる工夫をしてみたり

いかに力を抜いて自然に立つかをやってみる

1から10を学ぼうとする

 

そんなダンスバカじゃなくても

1分で何個詰められるかを自分なりに工夫して

タイムアタックをして楽しむこともできる

 

しかしただ時間が過ぎるまで嫌々すごすこともできる

 

同じこと同じ時間をすごしてどっちが自分のためになるのか

どうせやるなら何事も本質を掴みたい

ならば楽しんで挑むこと。

 

何だっていい。自分なりの視点の切り替えで楽しくなる。

自分の中に意欲をかきたてる工夫くらいしてみたら?

と私は逆に不思議に思う。

 

 

なんだろ、バカなのかな?って。

だからあなたはバカなままなのだ。

 


・「Fuyuka Ohtaki Dance Life」というセルフマガジン4月末発行、5月から順次発送いたします。ブログには綴っていないもっと深淵にある大瀧冬佳の想いを書きました。欲しい方はこちらに件名を「セルフマガジン希望」とし・氏名・送付先の住所・希望部数・メールアドレスをご記入し送信してください。

 

・【出演情報】2016年3月12日(日)創作舞踊集団 寶船 単独劇場公演「キセキ×キセキ」→詳細はこちら

公演に関する記事

舞台にかける想い

単調な毎日のみなさまへ

死があるから命が輝くと言われましても、死んだ人は生き返らない二度と会えないやっぱりもう一度会いたいのです。

 

阿波踊り集団 寶船(たからぶね)の公式ブログ→http://takarabune.org/blog/

 

 

大瀧冬佳Facebook、Twitter申請、フォローお待ちしています。

大瀧冬佳Facebook申請ください。

バナーを作成

・大瀧冬佳Twitterはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP