犠牲者面して褒める人たち

 


 

 

稀に、

 

褒められてるのに正直嬉しさとは真逆の

「気持ち悪さ」を感じることないですか?

 

 

 

なんかちっともありがたくない。

ぶっちゃけ、そう思っちゃう

むしろ、それ以上しゃべんないでくれ!みたいな。

 

 

 

 

「褒める」という一見「善い行い」なのを隠れ蓑に

自慰行為をしている人がいるからだよ。

 

気付かずにやってるから尚のこと厄介

 

 

 

すごい勢いで「私なんか」と自分を落として褒めてるんだけど

相手を到底手の届く訳がないところまで

棚どころか雲の上くらいまであげて

 

自分が今いる場所の正当性を確認して安心したいだけなのね。

 

無意識だと思うんだけど、

「褒めた相手は特別な存在だから

自分は努力したりトライしなくてもいい」って、

やらない理由をできるわけがない理由に

自分の責任をこちらの責任としてなすりつけてくる。

 

 

 

これにはとても敏感。

 

私と距離を近づける為の褒め言葉か、

私から距離を遠ざける為の褒め言葉か。

 

 

ズルいんだよ、斜に構えてうすら笑われてる気さえしちゃうよね。

茶化されているような、

別にそれはどうぞご自由にって感じなんだけど

それを「褒め言葉」というキレイな包装紙で包んで送りつけてくる必要はある?

 

 

 

 

 

褒めている相手をエサに自慰をし

そしてそれを不意打ちで見せているのに気付いていない。

自慰は一人でやってくれよ!!って思っちゃう訳です。

 

ええ格好しいの極みですよね。

 

 

 

 

 

日本人は褒められるのが苦手とか

謙遜しているとか

自己肯定感が低いから

ってそういう論点の話では全くない。

 

 

褒めることにより、

自分自身からも褒めた相手からも距離をとる(逃げる)ということをされてしまうと

私はもう無力。何もできない。透明人間。

 

 

そもそも縦のつながりでしか人付き合いをしてないんだな

 

優劣をつける人たちなんだ

 

自分よりすごいかすごくないか

自分より幸せか幸せじゃないか

自分より金持ちか金持ちじゃないか

 

自分よりも不幸な人を見ては満たされ、

自分より幸せな人をみて急に焦ってる人

 

私はそんな時、全力で現実をぶつけてしまう

ほぼ無意識に。

昔の自分を見ているようでどうしようもなくなって

 

 

自分より下手な人を見ては満たされ

自分より上手な人を見て焦ってる人

 

どっちの対称にされても気持ちのいいものではない

肝心なのは自分じゃないか

 

 

ダンスって、上手い下手じゃないと私が言うのは

そこなんだよね。

 

 

 

犠牲者面するなら全部なくしてもいいって覚悟で演じきってくれ。

あなたは何を願い、何を思い、何を言うの?

 

12月のレッスン情報

12/19「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

 

 

 

 

アートセラピー ブログランキングへ 

 

 

「今≒0」にどれだけ、私をかけられるか?

 

 

「今」を生きるとよく言うけれど

「今」はないんじゃないかと思う。

 

 

そして、時間の流れは過去現在未来でなく

未来現在過去と流れているとしか思えない。

 

 

「今」は存在しないか

もしくは「今」に過去も未来も同時に存在しているかのどっちかに感じる。

897

 

それは何でかと言うと…。

 

 

 

私はダンスを踊るとき

特に高い集中力でたつ舞台上で…

変な感覚におそわれるときがあって

 

通常、時間は一定速度で刻むものという概念が

つよく植え付けられているけれども

すっごーーーーーく長い0.1秒間の中で

観客の息づかいと一緒に踊っている人の息づかいと

それから自分の未来と過去を同時に感じられる瞬間があるから。

 

 

 

056

 

 

過去を経過しているのでなく

未来を経過して現在に至ると感じる。

その経過は一瞬なんだけど

 

過去の自分から今の自分に動き出した訳でなく

今の自分が過去になっていく感覚の方がずっと強い

ほとんど同時に未来の自分が今の自分になっていくような感じでもある。

 

 

288

 

 

思い出や過去を懐かしんだり

悔いたり、するけれども

 

それは今の自分が作ったもので

過去そのものではないし

今からでしか過去を感じられないから

時間の流れは過去から現在な訳がないと思うんだよね。

 

 

 

IMG_2023

 

IMG_2044

 

昨日の寶船さんの阿波踊りを観ていても同じ感覚。

 

 

 

瞬間が全部で全部が瞬間で

一瞬にこめるということが踊りの全て。

全てが一瞬。そこにみんなが一つの濃い点になる時があるんだよね

その一瞬のために踊っていると言うか

踊りってそういうものだと私は思っていて

ジャンルなんか関係なしに

それを体現されているこの方達に

どうしても惹かれてしまう。

 

 

 

 

 

話はもどって

時間を日々を送っているよりも迎えているっていう

言い方の方がしっくりくるんですよね。

 

 

 

 

 

 

瞬間、瞬間にどんな自分をくりだそうか!?っていうのが

ダンサーなので特にそう思う訳です。

カメラマンとかも同じこと感じる人は

いそうな気がするけどどうでしょう?

 

 

 

 

原田様、ぜひとも参考文献が見つかりましたら

ご一報くださいませ!!!!!

 

 


 

私は3つのレッスンの基本方針の一つに

この濃い点を掲げています。

 

他には

正しいカラダの動かし方、科学的根拠に基づきながらも

感覚を優先させて自分の可能性に気づいてもらえること。

 

 

躍ることに特化したレッスンというよりも

10年以上運動をされていない方やカラダのかたい方

生まれてはじめてバレエやヨガをされる大人の方に向けたレッスンを行います。

 


 

12/19 10:15~11:15「FUYUKAヨガ」

11:15~12:15「はじめてのバレエ」

参加費 各2,000円(当日現金にてお支払いください)

 

場所 吉祥寺 アムリタスタジオノース

 

お申込み方法 ①Facebookメッセンジャー

②メール(mementmori.0213_fuu@icloud.com)

1.お名前

2.住所

3.電話番号

4.メールアドレス

5.参加希望クラスヨガorバレエ(両方の参加も可)

 

をお送りくださいませ!!!

 

詳細はこちら→12/19「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」


 

Facebookの友だち申請もご遠慮なくぜひお待ちしております!

大瀧冬佳

アートセラピー ブログランキングへ

 

 

20代がもつべき危機感、40代がもつべき危機感。

 

 

 

 

『年上だから』、『人生の先輩だから』ってだけで

20代の若い人たちが

人生の先輩のアドバイスを聞きたいと思ってると勘違いしないで。

くそなアドバイスはいらないの。

 

肩書き、職業、経歴にしがみついてるんじゃなくて

その人自体から私は学びたい。

 

 

 

 

 

同様に20代で『若いから』ってだけで

先輩方がアドバイスをくれる訳ない。

驕るな、20代!!

私たちはそんなに可愛いもんじゃないよね。

厄介で未熟で危なっかしい時間をすごしていることを肝にめいじたい。

それを分かった上で無茶しつづけるのと

脳足りんで無茶しつづける差はだいぶやばい。

 

 

 

 

この人かっこいいなぁ〜、こんな人になりたい!っていう先輩に

アドバイスや教えや学びを勝ちとれる20代は

10人中3人くらいかも。

(残り7人は「おまえに言われたくない」と愚痴っている)

 

 

で、その3人の中の1人くらいが

40代になったときに次の世代に

『会いたい』『話を聞きたい』と思われる

かっこいい大人になる気がする。

(残り9人は「最近の子は〜」と愚痴っている)

 

(すべて大瀧冬佳調べ)

 

 

 

その1割の40代はたぶん

好奇心と探究心のもとまだまだ全然自分に忙しくて

わざわざ教えてくれるような人たちではない。

自分以外に時間を割いてくれるような暇人からじゃなくて

そういう人から学びたいのなら

わたしもそこに一生懸命照準あわせねばならない。

 

 

最初は盗みとるしかないし

めげずにくり返してれば

40代の自分にも「なんか面白いヤツだ」と

はじめて近づいてくれる。

だから眼中にはいるようアピールしなきゃいけないよね

それが20代の私にとっての「セルフブランディング」

 

 

 

 

惜しげもなく叱咤激励してもらえる経験は財産。

そのためには全力で。

今、行かないで、いつアクセル踏むのか。

 

まだまだ道は険しいよ?

10人中の1人になりたいんだから。

 

 

 

そのいただいた財産を次の20代に

「盗みたい」「欲しい」「なんとしてでも」

と思われる40代になりたいからね。

 

 

今、もってる財産が40代になったとき

声をはりあげても「欲しい」と言われないなんて虚しすぎる。

40代の私がクソなアドバイスしてたら、涙もでない。

 

 

 

親になったから特にこれを強く感じるの。

親の尊厳ってこういうことで

「先に生まれた」「永く生きている」

ってことに驕ってちゃ、しょうもないなぁ、残念

親を敬え、なんて口が裂けても言いたくないの。

だって子供にそんな親になってほしくないし。

 

 

 

 

それで、これは母親の私が死んでも

ずっと子供の心に残る唯一の財産だから

「死を忘れるな」のもと生きているけれど

きっと私は永遠に生き続けるんだよね。

 

 

最後に話は壮大になりますが….笑

少子化は死んだように生きてるから起きてるんだと思う。

 

 

 


 

 

12月のレッスン情報

12/19 「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」(残席4)

 
ランキング参加しているのでクリックおねがいします!所要時間1秒。


アートセラピー ブログランキングへ

 

 

 

ダンスとブログとファッションと。

 

 

ダンスもブログもファッションもそうなんだけど

私は自分のアイデンティティを証明することに命かけてる。

 

 

顔の元のつくりやスタイルがいい!とか

センスがいいからとか

本当に好きなことがわからないとか

信念があってうらやましいとか

なんで心に刺さるブログが書けるのかとか

アホなこと言ってるんじゃないよ

バカたれー!!!!!!

 

 

違うんだよ!!!

全然違うんだよ!!!

 

 

 

かっこいい踊りを踊ろうとも

人に訴えかけるブログを書こうとも

そこ目指しちゃだめなんだよ。

あなたはあなたでしかないんでしょう?

何になろうとしているの?

自分を信じてやりきってから後悔してくれ。

目もあてらんないぞ。

 

 

 

モテファッションも間違い。

ファッション雑誌

そっくりそのまま真似しても

それはあなたではない。

 

 

 

間違っていいから

たった一人の人に私はこう思うんだ!!

って思いを強くぶつけるの。

みんななんてのは幻想。

こうしたらいいと思うの!っていうのを

万人に受け入れられるようにでなくて

たった一人にたいして丁寧にあなたの真実を

あなたらしく書くの。

 

あなたが紡いだ言葉で。

 

 

そんな風にデコレーションして綺麗にみせたって

真実にはかなわない。

(その真実がどんなにへなちょこだとしても)

 

 

なんで人に振り回されるの?

 

「みんな」に受けいられようなんて

勘違いも甚だしい。

 

 

自分を取り繕うな!!

 

マイナスと思う自分も武器にしてしまえ!!

負けるな自分。

 

 

 

 

無いものねだりなワタシたち

 

 

クラフト絵師・結貴ゆきさんの記事から

平凡な人生だから無理だと思う、怠慢さ

 

 

ワタシと全く反対の事を思っていて笑ってしまった。

 

 

記事から以下抜粋。

 

過酷な人生経験が、表現に素晴らしい彩りを加えることもあるだろう。

でも、それが、

「平凡な自分には何もない」と、

好きなことと本気で向き合うことや努力を、

放棄してしまう理由にはならないのよ。

私は、過去の私にそう伝えたい。

 

 

ゆきさんは記事の中でそう言っているけど、

 

 

 

「恵まれた環境は表現を磨くチャンスがあるんだろう。

でも、それが、

「恵まれない自分には何もできない」と、

好きなことと本気で向き合うことや努力を、

放棄してしまう理由にはならないよ」

 

と過去の私はそう自分に言い聞かせてきた。

 

 

不公平だと思っていた。

なんで私ばっかり!!って。

ふつうに生きたいと切望していた。

 

 

 

それが、こうして

私がかつて悔しがって嫉妬していた「平凡な人生を歩めてる方」に

過酷な経験を超えてきたことを讃えられて表現者として羨ましがられている。

 

 

 

なんて皮肉でしょうかね。

なんか、そういうことわざ、ありそうじゃない?笑

 

 

 

 

ないものねだりで、厄介な生き物なんだ私たちは。

でも、どこにいても、どんな状態でも、何がなくとも

そこからどう物語を展開させていくかは私たち次第なんだね

 

そして、それができる力が私たちにはあるんだね〜

 

 

12月のレッスン情報

12/19「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

アートセラピー ブログランキングへ

夢を100人に語ろう!!私の人生、言ってみるもんだの連続

 

到底、今の段階では届かない夢。

 

あまりにも今の自分から遠くかけはなれたものって

想像もつかないし、わからないことがわからないし

なんだか語るのも「いい大人が〜」なんて言われちゃいそう。

 

 

有言実行より不言実行の方がかっこいい感じがする。

と思うじゃん??

 

 

 

なんと言われてもいいから実現したい!

ってほどのことじゃないから

心折れて、その芽がつまれてしまうんだ

 

 

 

いいの!どうせ100年たったらみんな死んでる。

そんな小さいことで夢の芽をつんでしまわぬように。

 

 


 

 

 

過去記事100億円もらったら何する?

より自分の望みがクリアになってきた。

 

さらに、こうやって何が起きるかわからないけれども

発信をしはじめてから外国の方から私の写真という情報だけで

たくさんのメッセージが届いている。

 

 

 

一生懸命、解読して、英語で返信しているんだけども

くっそ〜本当に悔しい。

こんなに私のダンスに興味もってくれてるのに、

言いたいことが伝えられない。

 

 

 

私、外国の人と踊りたいんだ

もっと違う風をとりこみたい!!

 

枠をどんどん壊したい

壊して作って壊して作って…

それが私の楽しみなんだよね

 

 

本当、NYに行きたい。

アフリカとかタイとかスペインとか

イギリス、フランス…各地のダンスに触れたい。

ただ、行きたいだけじゃないの。

なんていうか、旅行じゃないんだ。

言葉の壁をダンスで超えてみたいというか。

やったことないから、どんな感じなのか

さっぱり想像もつかないこと。

 

そういうことをやりたい。

どうなるかわかりきったことなんて、つまらないから

 

私は自分のダンスカンパニーをつくって

公演をしながら世界を歩いてみたい。

地球をさまよいたい。笑

 

 

それが私の夢。

 

 

 

と、去年あたりからこの夢も人に話せるようになって

こうして遠い未来に思えるようなことも

少しずつステップをふんで近づいている。

 

 

「夢を語る」ってすごいパワーをもっている!!

私に起こった変化を書いておくのであなたの勇気に変わるといいな。

 

①反対する人が現れる→そこで自問する、本当にやりたいことなのか??って。決意が固まる。

②応援してくれる人が現れる

③同志が現れる→これはものすごく頼もしい!!

④実質助けてくれる人が現れる

⑤実際にやっている目標となる人が現れる→夢が具体化する

⑥自分がじゃあ今何をすればいいのか分かるようになる、で、できる

⑦で、それをやってると、夢が連鎖していく。全然違う畑で。

 

 

まだまだ変化はあるだろうけれど

今のところこんな感じだよ

 

 

どう?語るしかないでしょ!!って思えてきたかな?

 

 

 

 

言って損はないし、

もしそれで自尊心が傷つくなら

その自尊心はもっているだけの価値はあまりないものだと思うよ

 

それはプライドではなく足かせ。

 

 

私の夢は自分でも思ったよりも大きなことだけれど

些細な夢すぎて恥ずかしいとかも思う必要ない。

夢に大きいも小さいもないし

なんでもありですよ。

 

要は何したいか、何したくないか

何をするか、何をしないか

自分で選ぶことが生きるってことだと私は思う。

 

 


 

何をするか?踊ってみたい?リラックスしたい?

ちょっとカラダ動かしてみたい?

選択するか否かはあなた次第!!

私は待ってます。

12/19 「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

 

アートセラピー ブログランキングへ 

 

100億円のつかいみち。ややこしくしてるのは自分。

かさこさんの記事から(自分の好きなことがわかる簡単な質問

 

Q.100億円もらえたら何をする?

 

この質問、私は1ヶ月まえにも、うけており

その時の答えは今見ると勘違いも甚だしいものだ。

 

 

お世話になった人に配る…と書いていた。

それでも余ったら知らない人に配って歩く。

 

 

やりたいことはその時の段階でわりとほとんどやっていたからかな?

そうでもないかも!!!と新たな可能性がみえてきた。

 

 

 

幸せに妥協しちゃいけない!

自分はこんなもの、とどこかで躊躇したり妥協したり

制限かけてたかもしれない。

 

今が最高!って思ってもそうでないこともあるのかも。

 

 

今なら100億円もらったら、全額自分に投資しますね。

まだまだ突っ走るんじゃないかと思う。

不可能を可能にしていくと思う。

 

 

私は自分の悪いクセで

そこへ降りていくクセがある。

….どういうことかと言うと

「自分だけ幸せになっちゃいけない」

「そんな簡単に望みは手に入るわけがない」

って最後の肝心なところで自分を貫けないところがあって

(潜在意識なんだと思う)

それが一握りの人間になれない原因だったんです。

今まではそれに気がつかなかった。今わかった。

 

棚ぼた的な奇跡に、努力なしでつかんじゃった運のよさに

躊躇してしまうんですよね。一歩引いてしまう。困惑する。

どんどんイケイケ!だったんだ

 

 

たとえばちいさなことだけど

私を羨む人がいて

「ふゆかちゃんはいいなぁ〜」という

そこで私は

「いやいや、私だって実は◯◯なこともあって大変なのよ」

と降りていくか

「そうなの!楽しいの!とっても!」

と自分の幸せに恐れをなさないか。

 

 

この二択はその後の運命、生き方を大きく変えてしまうんですよね。

 

 

どっちがパワーをもっていて

どっちがその人と自分に影響を与えるかと言うと

断然、後者なんですよね。

 

 

 

 

最後の失速グセに気づけたので、

100億円のつかいみちも

強かでどこまでも自分に素直なもの

考えられました。

 

「しあわせ」をややこしくしているのは

他でもない自分かもしれませんよ??

 

 

 

 

 

12月のレッスン情報!!

 

今回はヨガとバレエがセットでうけられるので

じっくりゆっくり自分のカラダに向き合えるクラス構成になっていますー^^

詳細はこちら→12/19「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

(ここだけの話、2000円でうけられるのは今回で最後かもしれませんよ)

 

 

Facebookの友だちリクエストもお待ちしてます♡

大瀧冬佳(基本承認させていただいてます!)

 

 
クリックお願いします!ランキング1位をキープ中。
 

アートセラピー ブログランキングへ 

 

 

 

 

ブログに書いてみて起きた変化

 

 

 

 

 

みなさん、たくさんの叡智を頭につめこんでおられますか??

 

どこかの誰かの信憑性のあるものでないと

自分の意見として主張するのは怖いですか??

 

 

 

今、わたしは

FUYUKA流自分を整える、カラダからのアプローチ

として、わたし流のメソッドを綴っています。

 

 

書籍の引用でもなく

何かのセミナーや学校に通ったわけでもなく

完全に自分のカラダの声のみを書いています。

 

理屈や理論は知ったこっちゃない。

科学的な根拠もない。

 

 

でも、事実、私はなんでも「踊れる」

「動ける」、「疲れない」、

「太っても痩せすぎでもないカラダを無理なく保っている」

「精神的にもめっちゃ安定している」

「調和がとれている」

 

 

なぜかは知らないけれどそうなんだもん。

 

 

 

無からの創造、

しかし私の中で確立しているものが

果たして世に通用するかはさておき

とりあえず、発信してみたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、まぁ、びっくりのメッセージをたくさんいただき続けている。

 

 

 

ダンサーは理屈や理論が嫌いです。

動けてなんぼだからです。

 

 

 

でも、最近必要にかられていました。

そしたら、

私の体感にもとづいた理論が

私の元にたくさん集まってきました。

 

それも、多方面から!!!!

 

心理学、解剖学、セラピスト

スポーツ選手、トレーナー、音楽家

ダンサー、整体師、気功師、武術家…..

 

 

いやぁ素晴らしい!!感動です。

 

私ひとつのカラダから、

たくさんの脳とカラダがあつまってきました。

 

 

発信するってこんな奇跡が起こるのですね。

(そもそも、こんなにたくさんの方に読んでいただいてたことに感謝です)

 

 

 

 

だから、あなたも

誰かの意見やどっかからの知識よりも

自分自身の想いや考えや事実を書いたら

何か起きるかも!!

 

 

 

私はこのたくさんの意見をさらに自分に落とし込んで

みなさまにシェアしていきます。

ですので、ご興味わきましたら

ぜひとも「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」にお越し下さいませ。

 

前回の生徒さまのご感想→11/5 「はじめてのバレエ」ご感想

お申込み、詳細はこちら→12/19 「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

 

 

アートセラピー ブログランキングへ 

FUYUKA流自分の整え方〜あしうら③の補足〜

 

 

あしうら③

の記事を投稿いたしましたら

なんだかたくさんご質問をいただきまして

 

 

つべこべ言わず

と書きましたが…

補足をいれたいと思います。

 

 

 


 

 

もう一度足の骨の形を観察してみてください

IMG_0272

 

形状からして

赤線の位置が一番加重がかからない

負担が少ないところだと私は思ってます。

 

それで、ここに重心をおいていると

自然とスネの骨の近くの筋肉がつかえて

連動して太ももの内側や骨盤周辺の筋肉を使えるんです。

背骨もゆるく保てる

 

別なところに重心をおくと

その分、別な場所で頑張らなければ立っていられない

すると、ふくらはぎや背中、腰、太もも、肩、首なんかが固まるのです。

 

 

この内側の筋肉は

使ってる感覚がないものなので

意思で動かせない、感じないので

「つべこべ言わず」と書きました。

(面倒くさかったわけじゃないんですよ笑)

 

 

ちゃんと、全身がゆるーくなる風に

筋肉がリンクしているので

設置感も感じにくい位置ではありますが

やってみてください。

(因みにわたしは足裏のアーチが高いのでココは地面から浮いてます)

 

 

(歩くときはこのライン上を外→内と体重移動しているのが感じられると思います)

(足裏はねじれながら着地しますので、愚直にゴンゴンと真っ直ぐつかなくていいですからね!)

(そういったことも関節するのがカラダの声を聞く第一歩だと思います)

 

 

 

 

 

そんなこともふんだんに織り交ぜながらのレッスンを行っています!!

12/19(土)「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

 

 

Fuyuka流自分の整え方〜あしうら③〜

 

あしうら①

あしうら②

と続きまして

 

じゃあ、どこに体重をかけると真っ直ぐなのか??

自力で整うのか???ズバリ!!

 

IMG_0272

くるぶしの内と外をまっすぐしたに下ろし

IMG_0273

 

その2点をむすんだところ。

 

 

 

 

とりあえず、つべこべ言わずにやってみて。

非常に楽に体重移動ができて

あんまり疲れなくなると思う。

 

 

 

アートセラピー ブログランキングへ