脚と腕のポジション【大瀧冬佳online BALLET school-lesson1-】

 

バレエの基本の「き」の字

立ち方変えるだけで

姿勢もメンタルも代謝も変わります。

 

オンラインバレエスクールの

超入門編レッスン1の内容をちらっとご紹介

 

(お申込み、詳細はこちら↓)

online BALLET school 1月生募集のご案内

 

img_7022

 

バレエの基本の立ち方は

1番から6番まで順をおって説明します。

 

「1番」

両足のかかとをつけて足先は外側にひらいて立つのが1番

このとき外側に開く形ばかりを意識せずに

土踏まずを潰していないか?

親指の下の拇指きゅう

小指の下の小指きゅう

かかとの3点にバランスよく体重はかかっているか?

を意識してください

また膝頭が内側に入ったまま爪先だけ外にねじって立つのも脚を痛めてしまいます

 

「2番」

1番から脚を1歩半ひらいて立つのが2番です。

 

「3番」

後ろ足の土踏まずあたりに前足のかかとがくるように立つのが3番です。

両脚は隙間があかないように立ちます。

 

「4番」

両脚の爪先は外側をむけて

前から見たとき脚が重なって見えるようにクロスさせ

前足と後ろ足の幅は1歩くらいの幅です

細かくいうと、骨盤が前足につられて斜めにでていかない

位置が4番の足の幅です。

 

「5番」

3番を深くいれたもの、4番の足の幅をなくしたものが5番です。

物理的にぴったり重ならない場合はできる範囲で。

 

「6番」

所謂、「気をつけ」の立ち方です。

かかととかかと、爪先と爪先をあわせて立ちます。

「パラレル」とも言います。

 

「アン・バー」

肘は外側に張ります。

楕円形に腕を構えて、胴体と腕は拳一個分空間をもたせます。

 

「アン・ナ・バン」

アン・バーから腕をみぞおちの高さまであげたのがアン・ナ・バンです。

一緒に肩が上がっていかないように注意です。

 

「ア・ラ・スゴンド」

アン・ナ・バンから肘の位置はそのまま肘から下を

真横に広げたのがア・ラ・スゴンドです。

腕は真横にピンと伸ばすのではなく丸みをもたせて

あまり緊張させすぎずに肘は後方に向けて

腕を長く使います

 

「アン・オー」

アン・ナ・バンから肩は連れていかないように

頭上に腕を上げた形がアン・オーです

真上にあげるのではなく

手の平に手鏡があったとして、おでこが写る高さです。

 

以上が脚のポジション、腕のポジション

主に形のみの説明になります。

が、この形をただなぞって作るだけでは

使いたい筋肉、使いたくない筋肉のアプローチが

かなり弱く不足した説明になります。

 

バレエのポジションをとるには

表面的な筋肉を使って無理に形をつくっていると

ケガや故障、またスキルも伸び悩む日が必ずやってきます。

 

たとえば脚の5番ポジションは

お尻の奥と太ももに繋がっている深い筋肉

それから奥にある腹筋も使わないと

こちらのポジションを正しくとることはできません。

脚がひらかないのは脚を外側にひらく柔軟性がないことだけが

問題なのではありません。

 

また、腕は脚より簡単にバレエの形をつくれると思いますが

背中や肩甲骨、肋骨、頭蓋骨、をあるべき位置に整える

細かい筋肉のコントロールがキーポイントになり

そのコントロールのおかげで

脚を高くあげられたり

回転したときブレないサポートの腕になります。

 

以上のことをさらに細かく

生徒さんにあわせて少人数制でレクチャーいたします

online BALLET school詳細はこちら

http://fuyukaohtaki.com/ballet/fuyuka-onlineballetlesson/

 

 

 


オンラインバレエスクール1月生募集中

http://fuyukaohtaki.com/ballet/fuyuka-onlineballetlesson/

 


表現者のためのビジネス塾ダンスカンパニーUzmeプレゼンツ)

次回12/20@祐天寺

どなたでも参加可能】

【動画購入できます。】

Facebookイベントページ詳細はこちら

 


◯ダンスカンパニーUzme旗揚公演

2017年5月19・20・21日@ザムザ阿佐ヶ谷

【2017年5月19・20・21日】ダンスカンパニーUzme旗揚公演正式日程が決まりました

 

制作・企画・演出・振付/ 大瀧 冬佳 FB

脚本・演出/ 金房 実加 FB (関連記事

演出助手/ アリノ ツバサ FB

映像/ 西嶋 良

音楽/ 前山 宏彰

舞台監督/ 岫 誠彦

音響/ 久保田 晴也

デザイン/ 坂巻 裕一

宣伝・運営/ 野村 絵美子

出演/大瀧冬佳/宇賀神智 /宮島周作/鏡ざゆら/夏来/光帆

 

 

 
 

情報が簡単に仕入れられる時代に生まれて、逆にいうと仕入れられない人は遅れをとってしまう時代

 

 

自ら勝ちとりにいく学びこそが

財産になると思いませんか?

 

不都合がある人の方が成長の伸びしろがあり

不自由な人の方が自由を手にする

 

恵まれた環境で何不自由なく学べる人も

もちろんそれはそれでステキなことだし

優劣の話をしたいわけじゃありませんよ〜

 

どれほど、学びたいのか

どれほど、手に入れたいのか

どれほど、できるようになりたいのか

ってところだと思うんです

 

何が何でもダンス上手くなりたいなら

きっと壁を前に嘆いていないで

ロープを使って越えられないか?とか

遠回りでも壁をよけて通る道はないか?とか

穴を掘って地下からくぐりぬけられないか?とか

打開策をかんがえると思うんです。

 

そして、穴掘ってまで

その壁の先を望むわけですよね?

その願いはあきらめなければ叶うものです。

 

「不都合がある人の方が成長の伸びしろがある」

と言ったのは

 

不都合なことにより

それであきらめるの?

あなたのやりたいことは何?

と壁によって試されてでもそれでもやろう!と決めた人だからだと思うんです。

 

自分と向き合う機会をそれだけ与えられてるってことです。

 

あきらめるなー!!!っていう

あきらめることをバカにする根性バカではなく

それで私はどうするの??って

いちいち不器用に向き合って

それでも地道にすすできた人の伸びしろって計り知れないです。

 

信念や志ってそうした障害によって磨かれ

強くしなやかになるものなんじゃないかと思います。

 

磨くのって削ることじゃないですか。

やすりをかけていたんだなと後になって思います。

だから、荒いままでもスタートしたらいいと思います。

進んでみないと壁に打ち当たってみないと

そんな最初から自分の軸!とか信念!とかってありえません。

 

今は欲しい情報はとても簡単に受けとれる時代です。

準備段階で、ある程度のレベルまで

自分に落とし込むこともとても簡単にできます。

 

誰かに教えを乞うとき

ベースの部分を整えておくと

より深い理解や習得につながると思います。

 

何も知らない0のまま

右も左もわかりません状態で行くのは

同じお金をや労力を払っていくには

だいぶもったいない気がします。

 

できることはなるべくやってから行きたいものです。

 

それだけ簡単に情報を仕入れることができる時代

とはつまり、逆に言うと

懇切丁寧な指導ありきじゃないと

自分のものにできない人は

遅れをとってしまう時代とも言えるのです。

 

伸びしろある人が存分に伸びしろを伸ばせる

どんどんとやったもん勝ちな時代がやってきました。

 

場所がない

お金がない

時間がない

はもう言い訳にはできないのです。

 

それを障害と言っていると

情弱(情報弱者)と思われても仕方ありません。

だって解決できる方法はうんとたくさんありますから。

 

 

大瀧冬佳 FB/Instagram

ダンスカンパニーUzme公式サイト

 

Fuyuka’s Works
舞台イベント講演会コンサルテーション(受付中)

■出演依頼は随時受け付けております。現在は産休中につき出演時期はご相談させていただきます。
お問合せはこちら→http://fuyukaohtaki.com/info/

バレエ作品「瀕死の白鳥」

 

振付/ダンス 大瀧冬佳 (バレエコンテンポラリー/即興)

 

振付/演出/ダンス 大瀧冬佳 (Jazz)

 

■大瀧冬佳 メディア出演

★KeyPageさんにインタビューしていただきました(2017.5.10)
http://keypage.jp/interview/otakifuyuka/

★渋谷クロスFM 加藤望のオトナカワイイ出演させていただきました(2017.5.3)
https://youtu.be/kC5TkzBb9V8

★ネットTV DreamChallenge マジアゲ 出演させていただきました(2017.9.20)
https://freshlive.tv/fabius/154825

つまらん常識や狭い価値観から自分を解き放つにはいろんな人に会ってみること

 

人生何が起こるかわからない

現実は小説より奇なり

 

変化にのまれない価値観や視点を持つのに

一番いいのはたくさんの個性ある人に会うことだ

多角的な視点をもつこと

視野が狭いときっと息苦しいと思う

そして、出逢いは奇跡

 

21歳で子供が二人いた

夫がいて主婦をして働いて子育てしてた

婚約者の21歳のときの写真を

この間見せてもらったんだけど

大学の学祭で「うぇーい!」って

楽しそうな笑顔いっぱいの人に囲まれていた

 

どうしたらこの二人の人生が重なるのか

彼は三重で私は東京

それぞれにいろんな転機を迎え

出逢った

何一つ欠けてもこの奇跡は訪れなかった

 

そんな風に私も父と母や

祖母と祖父、みんな奇跡みたいな出逢いの元

私が生まれて、

なんかすごくすごく尊いものなんだなと思った

 

 

私はダンスによって

今、とても幸せに生きているけれど

人との出逢いも強運の持ち主で

出逢うべきタイミングで

キーパーソンに必ず出逢ってて今がある

 

人との出逢いは大切に

もし、何かきっかけが欲しいなら

人に会いに行くと良い

 

かさこ塾というユニークな個性を持った人たちが

一度に集い共同で出店するイベントがあり

私も参加する踊ります。

 

慣れた環境や付き合いから

一歩だけ冒険してみたらどうか?

 

つまらん常識や狭い価値観に囚われず

自由に生きていいのだ

何かのきっかけになるかと思うし

そんな大袈裟に構えずとも

入場無料だし、どんなものか覗きに来たらいい!

 

 

11/26(土)10:00〜18:00
かさこ塾フェスタ2016名古屋
@雲竜フレックスビル5F SPACE”D”

【誰でも入場無料】

様々な好きやユニークな個性を武器にしたかさこ塾生たちが共同出展したセミナー、WS、相談ブース、セッション、展示、物販、ダンスなどで来場者を楽しませるイベントです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【大瀧冬佳ダンス出演時間】

第一回目 10:05〜10:35
第二回目 17:20〜17:50
※観覧無料(お気持ちで投げ銭いただけると嬉しいです)

[出演]
大瀧冬佳
石川玲子
アリノツバサ
島隆一

[演出・構成・振付アレンジ]
大瀧冬佳

[見所]
ダンスとお芝居の融合にチャレンジしてみました。ストーリーに沿ったエンタメ要素の強いダンスを合わせましたのでお子様もどなた様もお楽しみいただけると思います。

女性ダンサーの衣装にもご注目ください!セーラー服やバーレスクの衣装に身を包み、舞います。

さらに、俳優島隆一のお芝居と大瀧冬佳のダンスがどうストーリーの締めを織り成すのか…

少女の初恋は果たして…


オンラインバレエスクール1月生募集中

http://fuyukaohtaki.com/ballet/fuyuka-onlineballetlesson/

 


表現者のためのビジネス塾ダンスカンパニーUzmeプレゼンツ)

次回12/20@祐天寺

どなたでも参加可能】

【動画購入できます。】

Facebookイベントページ詳細はこちら

 


◯ダンスカンパニーUzme旗揚公演

2017年5月19・20・21日@ザムザ阿佐ヶ谷

【2017年5月19・20・21日】ダンスカンパニーUzme旗揚公演正式日程が決まりました

 

制作・企画・演出・振付/ 大瀧 冬佳 FB

脚本・演出/ 金房 実加 FB (関連記事

演出助手/ アリノ ツバサ FB

映像/ 西嶋 良

音楽/ 前山 宏彰

舞台監督/ 岫 誠彦

音響/ 久保田 晴也

デザイン/ 坂巻 裕一

宣伝・運営/ 野村 絵美子

出演/大瀧冬佳/宇賀神智 /宮島周作/鏡ざゆら/夏来/光帆

 

 

 

三流は、しのごの言わずに24時間365日刃を研げ

 

 

それを仕事にしたいなら

24時間365日刃を研ぐべきだと思う

量は質を凌駕する

 

肩書きや資格は関係ない

 

お客さまはとてもシビアな目を持っている

いつまでも甘えてないで

実力を身につけたい

最後はやっぱり技術の高さ質の高さ

圧倒的な信頼を得るには質だ

 

量も質も足りてない人は今すぐ

刃を研ぐことに集中するんだ

しのごの言わずにやる

やりつづける

 

 

私は片道3時間、

交通費5,000円をかけて行く

美容師さんがいる

 

彼じゃないとダメなのだ

彼を選ぶ理由があるから

私はそんな辺鄙な地へも

時間とお金をかけてそこへ行く

 

美容師は腐るほどいて

でもそこから選ばれる美容師にならないと

仕事にならないんじゃないかと思う

 

 

技術が超一流

群を抜いて仕事が速く正確

そして時々出向いて話をしたくなる美容師さん

センスも抜群で

私が自分で気付いていない要望を引出してくれる

私のライフスタイルまで考慮したヘアスタイルを提案してくれる

美容師ひとり、客ひとりの完全予約制

3ヶ月に一回来いとか言わないし

もちの長い髪型にしてくれる

変にシャンプーやら買わされないし

なんなら自分で作ったシャンプーで洗ってくれて

こちらから何を使ってるのか聞いてしまう

知識量も半端ない

だって薬剤作れちゃうんだもん

 

 

もう彼を選ばない理由はないし

世の中にある美容院のセールスポイント

駅近とか、安価とか、カリスマとかそんなのなんの魅力も感じない

本当に誰にも紹介したくない美容院

予約とれなくなったら困るもん

 

親より上のおじさん美容師だから

もし美容師さんが死んだら

私の白髪は誰に染めてもらうのかが死活問題だ

 

 

私も仕事をするなら

「大瀧冬佳じゃないと!」という人間になりたい

価格勝負や利便性や人気も売りにはなるのだろう

だけど最終的には結果を出してくれること

悩みを解決してくれる人

目的を達成してくれる人にお願いしたい

そういう人になりたい

 

やはり、プロと名乗るなら

最低限刃を研ぎつづけることだ

 

 

 

毎日刃を研ぐ

いつでもチャンスを掴めるように

いつでも目の前のお客さまを満足させられるように

 

 

コツコツと積み上げる

淡々と地道に

打ち上げ花火のような派手な活躍をする人間の舞台裏には

こうした努力が人知れず行なわれているんじゃないかと思う

いきなりできちゃってるように

何の努力もしてないように

自分を演出しているだけだ

 

 

でも基本は数稽古

どれだけ質を保ったまま濃い稽古を数やってるか

一回、一回を本番だと思って

毎日が勝負なのだ

それはあなたの全力?

最大出力で望んでる?

一度きりの今日に

最高のパフォーマンスができるよう準備はできてる?

 

出し惜しみしてる余裕がなぜ三流のあなたにあるの?

全力体当たりで傷だらけになって

あの山を登るんだよ

いちいち痛がったり

泣いたりほざいたり落ち込んだり

後悔してる暇があるなら

 

一歩でも先に進め

 

 

 


オンラインバレエスクール1月生募集中

http://fuyukaohtaki.com/ballet/fuyuka-onlineballetlesson/

 


表現者のためのビジネス塾ダンスカンパニーUzmeプレゼンツ)

次回12/20@祐天寺

どなたでも参加可能】

【動画購入できます。】

Facebookイベントページ詳細はこちら

 


◯ダンスカンパニーUzme旗揚公演

2017年5月19・20・21日@ザムザ阿佐ヶ谷

【2017年5月19・20・21日】ダンスカンパニーUzme旗揚公演正式日程が決まりました

 

制作・企画・演出・振付/ 大瀧 冬佳 FB

脚本・演出/ 金房 実加 FB (関連記事

演出助手/ アリノ ツバサ FB

映像/ 西嶋 良

音楽/ 前山 宏彰

舞台監督/ 岫 誠彦

音響/ 久保田 晴也

デザイン/ 坂巻 裕一

宣伝・運営/ 野村 絵美子

出演/大瀧冬佳/宇賀神智 /宮島周作/鏡ざゆら/夏来/光帆

 

 

 
 

 

お客さま目線のないダンサーに舞台に立つ資格はない

 

 

 

 

心を揺さぶる表現

魂を揺さぶる表現

 

 

このような言い方を

アーティストは簡単に口にする

 

 

みんなここを目指しているはずなのに

実態は全く掴めていないんじゃないか

理想ばかり言うくせに

実践する細かい計画、戦略を聞けば

そこはぺらっぺらでなんと切れ味の悪いことか

 

理想を現実にするのが私の仕事

事業計画のないプロジェクトが達成されるわけがない

 

心を揺さぶるには追体験で

魂が揺さぶられるのは実体験

 

観ているものが傍観者として

世界を眺められたら心は揺さぶれるかもしれない

でも、魂には響かない

 

魂が揺さぶられるときって

どういうときだろうか??

 

「観ているもの」だったはずが

気付いたら当事者として世界に入っていたとき

「私の話だと思えたとき」

 

じゃあ、何を持ってして揺さぶるの???

心を掴むのに一番簡単なのは

「お金」だ

「お金」が一番容易く人の心を掴む

 

でも魂に響いていなければ

「お金」で掴んだ人の心はいつか離れていく

心は移ろいやすい

 

 

 

 

魂を揺さぶれるのは魂だけ

 

 

舞台って残酷だと思う

自分に酔ってるだけの踊りを見せつづけられる

無言の時間になってしまったのなら

終わるときを待つだけの時間

有無を言わせず見せ続けられる

 

 

「観ているもの」がそこにいてくれてることを

あなたはどれだけ想い、考えているのか

誰一人置いてきぼりにせず

あなたの世界に連れていく義務が

舞台に立つものにはある

 

 

みんな言うんだ

「相手に見せる表現をしている」と

「相手を考えずになんて表現していない」と

そして仲間同士で誉め称えあう

あなたに聞こえている声は

誰のものなのか

 

ダンスを観たことがない人

ダンスに精通していない人

そう言う人はね本当のことを言わないんだよ

黙ってその場を立ち去るの

無情なほどに

 

あなたの聞くべき声は誰の声だろう

 

 

 

自分の魂の声を聴きながら

お客さまの無言の声を聴いて

命あるかぎり踊りたい

 

 

 


オンラインバレエスクール1月生募集中

http://fuyukaohtaki.com/ballet/fuyuka-onlineballetlesson/

 


表現者のためのビジネス塾ダンスカンパニーUzmeプレゼンツ)

次回12/20@祐天寺

どなたでも参加可能】

【動画購入できます。】

Facebookイベントページ詳細はこちら

 


◯ダンスカンパニーUzme旗揚公演

2017年5月19・20・21日@ザムザ阿佐ヶ谷

【2017年5月19・20・21日】ダンスカンパニーUzme旗揚公演正式日程が決まりました

 

制作・企画・演出・振付/ 大瀧 冬佳 FB

脚本・演出/ 金房 実加 FB (関連記事

演出助手/ アリノ ツバサ FB

映像/ 西嶋 良

音楽/ 前山 宏彰

舞台監督/ 岫 誠彦

音響/ 久保田 晴也

デザイン/ 坂巻 裕一

宣伝・運営/ 野村 絵美子

出演/大瀧冬佳/宇賀神智 /宮島周作/鏡ざゆら/夏来/光帆

 

 

 
 

 

人の悩みは人間関係が9割、縁を切るのが簡単な時代に何を想うか

 

 

世の中にはどうしようもないヤツっていうのはいる

流れの速いこの現代

付き合いたくない人からは

さっさと離れてしまえばいい

自分が一番大事だからという話がある

 

出逢いもどんどんやってきて

みんな自分と馬の合う人と

楽しい時間をすごせばいい

 

それもとてもよくわかるけれども

イエローカード3枚に

レッドカード1枚で

関係を断つ

それって少し寂しいなと思うときもある

 

仏の顔も三度まで

私は弟たちに何度仏の顔で接しているのか

バカだなぁ私…とよく思う

もう縁をスパーンと切ってやろうと何度思ったことか

こっちまで共倒れになる窮地が

数えきれないほどあった

 

本当の優しさって何だと思ってるの?って

そんなことは私が一番分かっている

だけども、信じて待つのだ

 

いや、待ってはいない

私も私の道を進んでいるので

いつか進んだ先で会えたらいいなと

願いを込めている

 

 

そんな音信不通の弟から連絡が来た

「お姉ちゃんのブログを

窮地に追いやられたときとか

いっぱいいっぱいになったとき

読んでました」って

 

 

 

弟にあてて書いてきたわけではない

でも私の中で一番くすぶっている何かは

たしかに「家族」にある

 

 

何やってんだよ!という憤りが

ブログの文章に現れて鋭利な文章になる

もっと自分を生きろよ!!!って

背中をどつきたくなる

 

私が負けそうになったとき私を支えたもの

私が腐りそうになったとき私が信じたもの

それをブログに散りばめようと思った

 

 

どうしようもないヤツっていうのはいて

そして、その人たちがどうしようもないままで終わるのか

その先があるのかそれはわからない

そんなヤツを抱え込んだり

救ってあげようなんてそんなことは必要ない

あんたはあんたの面倒みなさいよ!とは思う

 

「はい、レッドカード」を出されつづけた人の末路は

一体どこなのだろう

 

私はそんな奴らに対して

別に同情も、もちろん可哀想だとも思わず

ましてやそんな人たちに救いの手をなんて

めんどくさいことはできない

自分で精一杯である

 

だけども、思うのは

出逢いの多さにグルグルと目まぐるしく

出逢いと別れがくり返される

せめて今よりほんの少しでも

丁寧に人と向き合っていきたいなと思う

 

昔よりも近所付き合いも薄くなり

地域のシガラミもさほどでもなく

SNSではブロックすればいい

会社をやめてもなんとか道があり

家族がいなくてもお一人様サービスは充実

未婚でもそんなに珍しいことでもない

携帯を捨ててしまえば実際会う人なんて数人しか残らない

 

昔より簡単に断つことのできる人付き合い

でも現代の方が人付き合いに悩む人は多いのかな

 

私は根気強さも少しは大切なのかなと思う

あまりに簡単に切れるから

じっくり腰を据えて人と向き合うこともなくなった

人付き合いまでもが消費のようだ

 

人間臭くいこうと思う

 

 


オンラインバレエスクール1月生募集中

http://fuyukaohtaki.com/ballet/fuyuka-onlineballetlesson/

 


表現者のためのビジネス塾ダンスカンパニーUzmeプレゼンツ)

次回12/20@祐天寺

どなたでも参加可能】

【動画購入できます。】

Facebookイベントページ詳細はこちら

 


◯ダンスカンパニーUzme旗揚公演

2017年5月19・20・21日@ザムザ阿佐ヶ谷

【2017年5月19・20・21日】ダンスカンパニーUzme旗揚公演正式日程が決まりました

 

制作・企画・演出・振付/ 大瀧 冬佳 FB

脚本・演出/ 金房 実加 FB (関連記事

演出助手/ アリノ ツバサ FB

映像/ 西嶋 良

音楽/ 前山 宏彰

舞台監督/ 岫 誠彦

音響/ 久保田 晴也

デザイン/ 坂巻 裕一

宣伝・運営/ 野村 絵美子

出演/大瀧冬佳/宇賀神智 /宮島周作/鏡ざゆら/夏来/光帆

 

 

 
 

 

大切なことを見失いそうなら遺言を書いてみると良い

 

遺言を書いてみよう

人生を全うしきったあなたが書いた遺言

何が書かれるだろう?

 

人生を振り返って

あなたの100点満点

幸せだった人生ってどんなもの?

 

あなたがその人生で後世に伝えたい格言は?

人生で得たものはなに?

人生最大の失敗ってなんだろう?

 

私はこんな風に

よく自分の人生を

とても大きく拡大して眺めてみたりする

 

クローズアップすると悲劇もある

だけど人生まるごと全体を

ひいて見ればそれは喜劇になると思うんだ

 

「今」何をする?

「今」何ができる?

「今」誰とすごす?

「今」何を捨てる?

「今」ちょっと勇気をだしてみる?

 

そんな「今」の連続、

「今」の積み重ねが

あなたが書いた遺言のような

豊かで愛に溢れた人生となるのではないか

 

今の選択に迷いがあるなら

遺言を書くといいですよ

なぜなら自分が一番大切にしてることがわかるから


オンラインバレエスクール1月生募集中

http://fuyukaohtaki.com/ballet/fuyuka-onlineballetlesson/

 


表現者のためのビジネス塾ダンスカンパニーUzmeプレゼンツ)

次回12/20@祐天寺

どなたでも参加可能】

【動画購入できます。】

Facebookイベントページ詳細はこちら

 


◯ダンスカンパニーUzme旗揚公演

2017年5月19・20・21日@ザムザ阿佐ヶ谷

【2017年5月19・20・21日】ダンスカンパニーUzme旗揚公演正式日程が決まりました

 

制作・企画・演出・振付/ 大瀧 冬佳 FB

脚本・演出/ 金房 実加 FB (関連記事

演出助手/ アリノ ツバサ FB

映像/ 西嶋 良

音楽/ 前山 宏彰

舞台監督/ 岫 誠彦

音響/ 久保田 晴也

デザイン/ 坂巻 裕一

宣伝・運営/ 野村 絵美子

出演/大瀧冬佳/宇賀神智 /宮島周作/鏡ざゆら/夏来/光帆

 

 

 

疲れ果てちゃう人の共通点は現象にふりまわされ基礎を疎かにしている点

 

 

基本を疎かにしないこと

初歩クラスを自分は通り過ぎたものだと

次のステージに

進みたくなってしまうかもしれない

14937010_727520564063419_362949802_n

(本質はこんなにいっぱいない、間違い!笑)

 

基礎を退屈だとバカにしてはいけない

難しい問題に挑戦して行った時

ある瞬間に基礎の大切さに

改めて気付かされる時がある

 

実は大事なことは一番最初にやっていて

より深い理解のために

新しい難問を解きにいき

基礎を理解するための

応用問題なのかもしれない

 

バレエでは、

プロもアマチュアも

全世界、全バレリーナが

バーレッスンをする

多少の難易度はあれど

熟練度は関係なく

毎日毎日同じバーレッスンをする

徹底した基礎を叩き込む

 

理解や成長はまるで螺旋階段のよう

一周上に上がって

でも結局一番ポジションの大切さ

振り出しに戻ったわけでなく

何周も何周も一に立ち返って

理解を深めてく練習なのだ

 

一番はじめの理解は

かかととかかとをつけて

足先はそれぞれ外側に180度近く開く

この立ち方が一番ポジション

 

理解が深まるにつれ

形は同じ一番ポジションでも

脚をどこから外旋してるのか

足裏はどんな接地感で

骨盤の立て方で外旋できないこと

上体を引き上げないと

骨盤は立たせることができないこと

と、一周目では到底わからなかったことを知る

 

 

あなたにも経験はない?

あのときあの人が言っていたあの言葉

ああ、これはこういう意味だったのだなと

数ヶ月後、半年後、一年後

はたまた10年後に

ふと分かった瞬間が

 

自分の分かった気になっていた浅さを思い知る

 

 

何度も何度でも同じことをくり返しやってみる

同じ問題を解いても

その答えが同じものだとしても

たどる行程、使う道具、材料が変わっているから

同じ問題は解いていないのだ

すると、この問題の正しい答えを出すことでなく

この問題の答えを出そうとする行為に意味があると知る

そこではじめて基礎が自分のものになり

応用するステップに進めるのではないか

 

だから、なんどでも基礎をやる

 

 


http://fuyukaohtaki.com/guidance/

大瀧冬佳について

コミュニティの大小は関係ない

 


オンラインバレエスクール1月生募集中

http://fuyukaohtaki.com/ballet/fuyuka-onlineballetlesson/

 


表現者のためのビジネス塾ダンスカンパニーUzmeプレゼンツ)

次回12/20@祐天寺

どなたでも参加可能】

【動画購入できます。】

Facebookイベントページ詳細はこちら

 


◯ダンスカンパニーUzme旗揚公演

2017年5月19・20・21日@ザムザ阿佐ヶ谷

【2017年5月19・20・21日】ダンスカンパニーUzme旗揚公演正式日程が決まりました

 

制作・企画・演出・振付/ 大瀧 冬佳 FB

脚本・演出/ 金房 実加 FB (関連記事

演出助手/ アリノ ツバサ FB

映像/ 西嶋 良

音楽/ 前山 宏彰

舞台監督/ 岫 誠彦

音響/ 久保田 晴也

デザイン/ 坂巻 裕一

宣伝・運営/ 野村 絵美子

出演/大瀧冬佳/宇賀神智 /宮島周作/鏡ざゆら/夏来/光帆

 

 

 

覆水盆に返らず

 

 

越えていい一線

ダメな一線

わかってたのに

ついつい度が過ぎたことを言ってしまった

 

覆水盆に返らず

たった一言で

人を傷付けてしまう

 

 

相手の人が感じたことが全てだ

 

 

人付き合い

とっても初歩的なミスを犯してしまった

相手の人が

不快になること

悲しい気持ちになること

怒らせてしまうこと

その場のノリで言うなんて最低だ

 

 

言葉は相手がいてはじめて意味がある

ならば、もうこんな言葉の使い方やめよう

 

 

 

 

 

コミュニティの大小は関係ない

 

 

怪しい宗教団体の噂でおなじみ

教祖と噂のかさこさん

 

昨夜、

「戦争しようか悩んでる」

とこれまた物騒なことを

おっしゃっておりました。

 

かさこさんは時にブログで

「人間のクズ」だの

「バカ」だのと吠えています

 

そして、

社会人としてそんな言葉遣いあり得ない!

などと言われておりますが

私は笑いながら読んでます。

なんでそこで、

キーキー言う大人がいるのか

そっちの方がちょっと理解できません

それは多分私はかさこさんを

思ったより外側で見てるからかもしれません

 

私もその宗教団体のセミナーに

一年前に通い

晴れて信者となったのです

 

当時は200名弱の信者でしたが

今年は布教活動を積極的に行ってるようで

なんと、700名(くらいかな?)!!!

 

今年の新年会、

私は全力のソーラン節を踊ったのですが

おかげで親戚から

本気の心配の電話がかかってきました

「騙されてるんじゃないか!?

洗脳されてるんじゃないか!?

やめろ、今すぐかさこという男に

近づくのはやめろ!!!」

 

あの動画の切り抜き具合…

あぁ、こうしてスキャンダルって

作られるんだなと学びました。

 

かさこさんがやってるかさこ塾

たしかに独特な空気があります

 

しかし、私は思うのですよ

世間から見たら小さな小さなコミュニティ

かさこ塾の人々は

一部、猛烈にかさこさんを讃える人も

いなくはないとは思うのですが

大多数の人は

塾長かさこさんのこと

あんまり考えてない…笑

自分のことばっかり笑

 

かさこ塾ではわりかし

目立つ私ですが…

恩恵も多分に預かってる私ですが…

帰属意識は皆無です。

 

かさこ塾のイベントなどにも

卒業後もたびたび参加する基準は

面白いか面白くないかのみ

 

 

やはりかさこ塾外部の方と接すると

どんな団体かよく聞かれるけど

「よくわからない、行ってみれば?」

と答えてます

 

私は思うのです。

所属する団体によって

自分に帯をつける考えは

ちょっとダサくない?と。

大瀧冬佳は大瀧冬佳!!

あなたはあなた、私は私

 

そして、

「かさこ塾で目立ってるだけで

世間では大したことない」的なことも

匿名でメッセージきたりしますが

 

かさこ塾でさえ目立たない人間が

世間で通用するのか?

と逆に聞きたい。

 

コミュニティの大小は関係なく

どこにいようが

自分に正直に最善を尽くす

私は常にこのスタンスです

 

ひょんなことで

ア◯ウェイに属したとしても

私は全力で売上を立てると思う

(やりたくないからやらないけど)

ひょんなことで

サッカー女子日本代表になったとしても

全力で球を追いかける(?)

(なれるもんならなりたい)

 

つまり、関係ないのです。

かさこ塾が詐欺かどうか

かさこ塾が宗教かどうか

自分で選んでやるだけやってる

それだけの話で

かさこ塾繋がりの仲の良い方も

基本、このスタンスだと思うのです。

 

かさこ塾全ての人とは言いません

変な人も中にはいます

でもそれは世間となんら変わりない

 

個々として存在する

個々として存在してくれてる

それで私はいいと思います

 

で、私、

今年最後のかさこ塾フェスタにでます

いつもお世話になっている

私のボディペイントをしてくれてる

異界絵師 緋呂さんが実行委員なので

参加を決めました

 

オープニングとトリに各30分踊ります

塾長にオファーしたのに断られました笑

 

エンタメ要素強めの30分間を

お届けしようかと思ってます。

 

1かさこ塾生(まだ募集中)と学園天国

2アリノツバサちゃんとエロエロのバーレスク

3俳優のしまさんと本気の作品

【ストーリー】

触れるとその人の本音が分かってしまう

女の子は学校では大人しく生活。

ただ裏の顔があり、バーレスクで

働いていた。そこのお客さん、

ダンサーは本音で生きているので

そこでのひと時が唯一の解放できるとき。

しかし、彼女は恋をしてしまった。

触れてしまえば、答えが分かる。

本音を知るのが怖い、でも触れたい…

という初恋のお話です。

 

こちらは観覧無料。

お近くの方はぜひ見にきてください!

11/26@名古屋 詳細はこちら↓

http://festa.kasako.jp/2016/nagoya/