アンサンブルダンサー募集要項(2018年8月18日現在)

2020年春にめがけて!

ダンスカンパニーUzme第三回公演「春の祭典」は2020年春の開催を目指して絶賛制作中です。今回、アンサンブルダンサーのオーディションは行わずレッスン参加を条件に募集をスタートしました。

レッスン参加が条件の理由とは

2018年秋から2020年春までの団長大瀧冬佳のレッスン参加が条件となります。その理由は、まずは私自身が魂揺さぶられる舞台を見てみたいからです。

お金や時間をたっぷりかければいい舞台ができるのかというと、そこは全くもってイコールではないのが芸術の面白いところです。何が人の根底から揺さぶるほどに影響を与えているのか。そこの追求です。

その私なりの答えの一つが今季からスタートさせるレッスンに秘密があります。ずっと考えていたんです。何が人を動かすのかって。みんな心や魂は置いてきぼりにして生きているのですが、いくら頭に問いかけても響くことはないその魂に訴えかけるには??

魂は魂でしか揺さぶれない、そして魂ってなんなのかを理数系で理論派で、でもアーティストな私は考えて答えが出てきたので、それを伝授していきたいなと。

そして最強の磁場を生み出す舞台を作りたいと思ったので、今回はレッスン参加からコミットしていただく形にしました。

クラス概要

◇フォローアップクラス

ダンス基礎(体幹、軸の強化、リズム感、グルーブ感)ダンス応用(テクニック強化、表現、創作)体力強化、体型改善、体質改善と舞台上で群舞を踊るためのワークなど。作品理解の解像度をあげるワークなども行なっていきます。各種イベントなどの本番あり。経験と実績を積んでいきます。レッスン前後にプロに必要な座学があります。毎週宿題が出ます。

・毎週土曜 18:00~20:00
・高田馬場駅徒歩5分のスタジオ(リノリウム、バーあり)
・レッスン料 2,000円/1h

◇トレーニングクラス

個人トレーニングクラス。フォローアップクラスで補えない個人的なフォローに入るためカスタムしながらクラス内容を作っていきます。

・毎週または隔週 固定曜日時間(相談の上決定)
・東秋留駅徒歩3分の自宅スタジオ(リノリウム、バーあり)
・レッスン料 2,000円/1h

上記二つのクラスを受けていただきます。お休み、変更などの諸連絡はFBグループページにてお知らせさせていただきます。

ゴール

目標 特別指名される人物
手段 才能のフル発揮
目的 魂の悦びを感じるため

動けるダンサー、踊れるダンサーはごまんと溢れています。でも強烈に虜にさせられるようなダンサーはごくごく僅かです。強烈に虜にさせるとまでは言わないにしろ、ファンが一人もいないのに「プロダンサー」を名乗られることも少なくないです。ファンのほとんどは教え子だったりすることもあります。それは悪いことではないですが、熾烈ですよね。分母が大きくなれば確率は下がります。

アンサンブルダンサーってどうせその他大勢でしょ、なんて思っている人はその時点で終わってますから、よく聞いてください。たとえその他大勢でも、主役を食うことが全然あります。客席は素直です。主役は一番目立つところで踊っているから主役なのではなく、やっぱりお客さんが主役にしているのですよね。主役が同じ舞台上にいるのに客の視線が群舞のたった一人にグッと集中させられちゃうことだってあります。

何が言いたいかっていうと、ずっとずっと奥が深いのです。自分にスポットライトが当たらないからってそんな単純な話じゃないんですよね。光は自分が放つし、コントロールするものです。特別指名される人物を目指したいです。それはあなたがどこでどの役を踊っていようが。です。

その手段としては持てる才能のフル発揮だと思っています。人がもっとも生を実感したり、最高ー!って思う瞬間はどんな時なのかに興味ありませんか?簡単に調べることができます。Twitterで「最高」で検索をかけると、今この瞬間「最高!」だと思っている人たちが出てきます。その内容を読み解いていくと、「ライブ」「仲間」「能力を発揮した」の3つのキーワードでまとめられることばかりが出てきます。あとは趣味に没頭して、大好きなアイドルや作品に浸かっている瞬間が最高と思うようです。

私たちは、人に認められたり、お金持ちになったりすることを目指しがちですが、人生の最高の瞬間というのはそれらはあまり関係ないことがわかります。

最高〜!!って満面の笑みで笑っている人はとても魅力的に映るのはわかりますか?私は人を魅了するのはそんな笑顔だと思うので、「才能のフル発揮」を手段にしてみました。

目的は「生きててよかった〜!」「魂が打ち震えているぜ!」という瞬間をあなたの人生の一ページに刻むことが私とUzmeみんなの目的です。魂は魂でしか揺さぶれないので、己が震えない作品で観客を感動させることなんて不可能です。それに最終的に大事なものって愛でしょう?そこをやっていく以外他に何があるのかなって思うわけです。

お申込みはこちら

創造主ではなく選択者

世界は私が作っていると思い違えたときもあったんですよ。正直にいうと。あの時は、調子に乗ってました。

でも真実は創造主ではなく選択者なので、どんだけスピリチュアルに目覚めようが創造主ではない。どの未来を選択するか、そのどの未来かというところが事前に見えているか見えていないかの違いが見える人と見ない人の違いだ。

どのみち選ぶのは自分となったとき、果たして見えてる方と見えていない方とどっちが良いだろう。

その選択の先の満足度は選ぶ前から決まると思うし、見えていても選べないときもあれば、見えなくても選べるときがある。その点は差はない。

結局、現実さえ見れない人間がスピリチュアルでモノを見ようとしたところで何も変わらない。

世に蔓延る99%のまがい物のスピリチュアリストは自分がまがい物だと暴かれることを恐れてビクビクと生きてると思うんだ。偽物やって、しかもお金を巻き上げてるなら、もう今すぐやめた方がいい。

本当は気づいているでしょう?その人は本物じゃない、自分は本物じゃないって。その人をリスペクトしてるのではなく、お金を楽して稼ぐことやちやほやされることに引き寄せられているだけだ。人間の弱いところをうまくつかれていることに早く気付いたら良い。

魂の目覚めや覚醒をコンセプトにしたそのイベントやその教祖さまは全員目覚めるどころか爆睡してることに気付かないと本当にヤバいでしょ?

私の感覚あってるのかな?って不安になることの方が多い。あの人もあの人もあの人もあの人のことをすごいと言う。それに騙されていないか?

審美眼を鍛えたまえ!

見えない世界と見えてると思っている世界

見えない世界側から見えていると思っている世界を眺めると、全てに合点がいく。

全てに合点がいくだけでなく、見えていると思っている世界、つまり現実に実際に現象として現れるのだ。思考を現実化というのは言葉を言葉として、見えていると思っている世界からの概念で捉えるとご都合主義なまるでかすりもしない違うことになってしまうのだが、見えない世界から見ると、ほんとそれでしかない

見えない世界側からの観測をすることで、縁や出逢いは偶然ではなく選択になる。奇跡も事件も運ではなく、「選択」に近づく。

その精度を左右させるのは、自分の美学にそっているかどうかなのだ。

だから私はどこまでも生粋のアーティストでいるのが私の正解なのだなとこの歳で気付けたのは本当に幸福なことだと思う。

毎日が楽しい。

アイキャッチ画像:photo by bozzo



【出演情報】

DANPARAカンパニー公演
『ALICE~Dreams do come true~』
場所:シアターグリーンBOX in BOX THEATER
チケット4000円

11月3日(土)14:00〜・18:00〜
11月4日(日)13:00〜

チケット購入希望の方はfuyuka@uzme.danceに「お名前」「希望日・希望時間」「枚数」「メールアドレス」「電話番号」をお知らせくださいませ。


この服は今の私にあっているか?

この服、このメイク、この髪型、この部屋…

毎日自分に触れるもの、触れている時間の多いものを見直す。思い込みやセルフイメージの力は非常に大きい。

外見より中身よ!と思ってみても、外見は中身の一番外側だ。だからやっぱり表面に中身が現れる。外見よりも気位の高い精神や頭脳を併せ持つ人は、自分と外側の乖離から、自分以外の人間だんだんと見下しがちになる。

精神や頭脳の割に周りからそれに応じた対応を受けていない、きっと周りの理解が自分に追いつかないのだという独特の解釈をしがち。

もっと素直になって、中身に外見を釣り合わせたら良いじゃないか。あなたの中身は素晴らしい。外見をわざわざ中身よりも落とさなくても、あなたの中身の素晴らしさはわかる。

「そういうのは興味ないから」と言うだろう。いやいやいやいや、やってみても居ないのに、自分にどんな変化が起きるか想像もしていないのに、やっぱりそれはこじらせちゃっているよ。

もっと肩の力を抜いて、今の自分に合った服、メイク、髪型、部屋を選ぼう。

最初はこそばゆいかもしらないけれど、人からも自分の中でも私にはコレだというものを身につけたり、そういう空間にいると、自分が自分らしく楽になる。

自分らしく生きていい。

あなたは自分らしく生きていい。

人には人生のうちに何度か転機というものが訪れるだろう。これからまだまだ転機が訪れる可能性も大いにある。過去から現在、未来と時間が続いていく中で、過去の自分をいつまでも引きずっていなきゃいけない法律なんてないんだよ。

中身が変わったのなら、外見も変えていい。今の自分に合った服を着よう。今の自分に合ったメイクをしよう。今の自分に合った髪型に。今の自分に合った部屋にいよう。

その転機を迎えて、過去の自分と今の自分はどう印象が変わっただろう。

前よりもかっこよくなった。

前よりも輝いている。

前よりもイキイキしてる。

前よりも可愛くなった。

前よりも明るくなった。

前よりも綺麗になった。

いろいろあると思うんだけど、そんな風に自分の中の変化を改めて感じてあげると、まぁるく何かに包まれるような温かい気持ちになる。

その変わった今の自分と環境合ってる?環境だけバージョンアップが遅れてないですか。そんな風に外見を変えたら、周りが動揺したり、調子に乗ってるとか思われるんじゃないかとか、頑張っちゃってる(笑)って嘲笑されそうとか。

誰もそんなこと言ったりやったりまだしてきていないけれども、私たちは変化を怖れ、変化していくものに対して怖れが強い人ほどブレーキをかけてくる。

慣性の法則というのを物理で習ったと思う。「動いているものは動き続け、止まっているものは止まり続ける」という法則だ。

これが人間にも働いている。

内面が変わったのなら、外見も変えていい。外見を変えたら、変化が目に見える形になるので変化を怖れる人達からのブレーキはかかると思う。もしかしたら人も離れていくかもしれない。

どちらを選ぶかはあなた次第なのだ。

あなたも変化を怖れる一人であるのなら、今の自分に合ってない物を身につけ、とどまり、中と外のズレにそっと目を閉じ、周りに合わせていくという選択もありだ。

でも、ほんと、怖れなんて、「まだ知らないから」ってだけのこと。恐怖や不安の正体は未知。

あなたはもう自分が選ぶ答えをわかってる。

第三回公演アンサンブルダンサー募集
【出演情報】11/3・4 ALICE~Dreams do come true~

ギュンギュン、エネルギーがめぐる体づくり

天才はトレーニングで作られるそうだ。今、私は絶賛体改造中で。今まで入会していたダンススクールを全てやめ、渋谷にあるとあるスタジオ一本に絞っている。

通い始めてわずか2ヶ月。体重は6㎏落ちて、脚の形や腰の高さ、脚の長さ、顔の形、骨盤の幅がゴロッと変わった。さらに舞台上で本番だけのマグレあたりの神懸かる体の再現率がグンと上昇している。

自分の中のエネルギーを掴んで繋げて巡らせてということをすこーしずつコントロールできるようになってきたことが何よりも嬉しいと同時に、この先かなり探究の道は長いので悔しかったりしんどかったり、でも総じてめちゃめちゃ楽しい!!!!

基礎が大事!!!とバーレッスンを続けていたけど、もっとちゃんと体を確実に動かすことを今28歳の時点から始められてるのが本当嬉しい。

私、これからどんなダンサーになるんだろうーーー。ワクワクする。ずっと諦めていた部分に光がピカーっとさした感じで、変態のツボがビシバシ押せて楽しい以外の何者でもない。

なので、だからこそ、次の公演は春の祭典をやりたいのだ。やりたい振りはもっとずっとブワッと旋風を巻き起こすやつがやりたい。

今の私はまだまだまだまだで。鬼トレーニング後はおばあちゃんのようにぷるぷる震えた脚になってしまうし、次の日も筋肉痛で泣きたいほど痛いけど嬉しい。

よし。もう、この公演、次元を超えたものになる。磁場が変わるくらいのハイエナジーな空間でその振動をみなさんに共鳴させたい。




第三回公演アンサンブルダンサー募集


第三回公演アンサンブルダンサー募集

【出演者募集】

ダンスカンパニーUzme第三回公演「春の祭典」のアンサンブルダンサー・キャストを募集します!!

私が団長を務めます、わがダンスカンパニーUzmeもまったくゼロからのスタートでしたが、次で第三回目の公演を迎えます。支えてくださるみなさま、ファンの皆様のおかげでございます。

次公演も作・音楽・脚本・振付・衣装すべてオリジナルで生演奏で繰り広げられるカテゴライズ不能なUzmeオリジナル舞台芸術を作って参ります。

300キャパの劇場で6日間10ステージ、仕込み日をたっぷり2日間とり、稽古期間もドーンと長くスケジューリングし、じっくり作り込む作品にしたいと考えてます。
テクニックも表現力も作品理解の解像度もどれひとつ取りこぼさず作っていきたいと思っております。

アンサンブルダンサーさんは全セクションの中でも早めにスタートさせ、本番までUzme団員として価値を感じさせるアーティストになっていただきます。

◇◇募集要項◇◇
▼公演開催日時
未定(全日程の参加でなくても可)
▼公演開催場所
未定(都内)
▼稽古開始日
2019年2月予定
(テクニックやスキルアップのためのフォローアップクラスは2018年9月から開始予定)
▼稽古場所
都内スタジオ
▼条件
23歳〜40歳
心身ともに健康な方
性別不問
バレエ経験者優遇
▼ギャランティ
あり(チケット販売数による)
▼応募方法
「氏名」「年齢」「経歴」「動機」とプロフィール写真をfuyuka@uzme.danceまでお送りください。

◇フォローアップクラスについて◇
ダンスの基礎力、体力、表現力の強化向上を目的とした特設クラスです。またステージメイクや稽古場での立居振舞、小屋入りしてからの立回り等の補修も行います。
プラス、アーティストとしてのポジショニングを行なっていきます(重要)具体的には集客力の強化です。ファンに愛されるアーティストを目指します。

レッスン料
・バレエ入門クラス ¥2,000/1回 (参考価格)
・座学クラス ¥2,000/1回 (参考価格)
1回のレッスン時間数により変動あります。

クラス開講予定
平日21:00以降または土曜日

参加希望
上記公演出演応募の際に「フォローアップ希望」と追記してください。

◇◇お問い合わせ◇◇
ダンスカンパニーUzme
info@uzme.dance

遠くの1,000人が理解してくれても近くの10人が無理解な場合

自分には理解者がいないと思ったのなら

もっと遠くへ伝えたらいい。一番近くの一番理解して欲しい人にはどうしても理解できないことってあるのだ。理解共感を得られたら、立ち上がり立ち向かう勇気が持てるのに。ほんの少しでいいから、理解を示してくれるだけでいいのに…そんな風に思い傷ついているのなら、近くの10人を変えようとはせず、遠くの人へあなたのことを伝えたら良い。

遠くには1,000人の理解者がいる

最初は怖いだろう。近くの10人の理解さえ得られないのだから、遠くの見ず知らずの人間が自分を理解してくれるなんて想像できない。近くの10人以上に自分を傷つけるのではないかと不安でいっぱいになると思う。しかし、真実は、「見ず知らず」だから理解を示し、共感し、支持してくれたりするのだ。

人はそんなに強くなくていい

一人でそんなに抱えて、必死に耐えなくていい。重荷は誰かに一緒に持ってもらっていい。自分を責めるのはもう終わりにしていい。全力で逃げていい。我慢しなくていい。泣いていい。笑っていい。幸せになっていい。だから、私を理解して欲しい、わかって欲しい、って思ってもいいのだ。

そこまでキューキューに我慢するのがデフォルトになっていて、自分の願いさえもどこにあるのかわからなくなっちゃった時には上の言葉を自分に言ってあげて欲しい。

ほんの少し理解してもらえることで人は優しくなる

遠くだろうが近くだろうが、たった一人でもあなたに理解を示してくれるだけで、人は緩み優しくなれて、余裕を持つことができる。近くの10人は緩んだあなたがそこにいれば、理解するっていう単純なことなのだと思う。

私が実際にそうだった。孤立無援になっていたことがある。いくら将来を考えてこうしようと思うと相談したところで近くの10人というのは反対意見しか言わない。彼女らはきっと無意識だったと思う。忠告ばかりを高い位置から言うだけで、今この瞬間の私の辛さなどに理解を示してはくれなかった。今を打開するための道になんてサラサラ聞く耳持つ気もないと言った具合に。

そして、私は自分の生い立ちなどを近しい人間には話したことがなかった。理解してもらえるとは到底思えなかったからで、微妙な距離だけが生まれ、腫れ物のように扱われるくらいなら普通の人としてそこにいた方がずっと楽だった。だから、結果、いつも孤独を感じていたと言う微妙な時代があった。

近くの人はダメで遠くの人は良いと言う話をしているのではないけれども、私の場合、遠くの名も知らない人たちに向けて自分の想いを伝え始めたことで、頑なだった私自身にも変化が起きた。言い方悪いけれども、遠くの人って弱いつながり故、無責任に感動したり共感したり応援できるのだ。近いとそれなりに責任が伴うし、どうしても情が邪魔して「心配」「あなたことを思って」と言う考えが顔を出してしまうのだと思う。

遠くの誰かが私を理解してくれたことで、カラクリが解けた。生き辛くしていたのは、他でもない自分。誰にも理解されない自分にしていたのも自分。そう言う風に考えが変わることで、近くの10人も気付いたら私を理解し応援してくれていたのだと知る。

孤独を感じるなら遠くへ向けて伝えよう

遠くの誰かに向けて、あなたの思いを伝えてみよう。きっといるんだよ。世界は優しいと気づくから!

冬佳シェア会
8/10 10:15~12:15
@リラクゼーションサロン ラ・シャンス
東武アーバンパークライン初石駅徒歩16分

9/1 11:30~13:00
@アマン東京ラウンジ
大手町駅徒歩3分

参加費 投げ銭制(飲食代は自己負担)

【出演情報】

DANPARAカンパニー公演
『ALICE~Dreams do come true~』
場所:シアターグリーンBOX in BOX THEATER
チケット4000円
全6回公演

2018年
11月3日(土)14:00〜・18:00〜
11月4日(日)13:00〜

 

勇気を出して話してみる

私は元々3ヶ月前までスピリチュアルなんてもの信じてなかったし、そんな特殊能力は私にはないし、地球で人間らしくコツコツとやっていくのが正しいと思ってきた。

ここは地球、私は宇宙人と言われ育ち、大人になっても魔女だの、巫女だの、未来人だの、神の生まれ変わりだのと言われることが非常に多く。

お役目があるとか、カルマだ、使命だ、魂のなんちゃらだと言われすぎてうんざりしてきたのもあり、スピリチュアルが嫌いだった。

私は地球人の日本人の大瀧冬佳だと。運命か何か知らないけれども、私は私の手で人生を決めていきたい。神さまがいるなら、なぜ私ばかりこんな波乱に満ちた人生にするんだと、怒っていたわけだ。

無責任に人の人生や生まれてきた意味とか、いろんなことに意味づけたり、関連付けたりして、おもちゃにしないでほしいと小さい頃から思っていた。

だから、私は非常に現実的に科学的に理論的に生きようと必死だった。元々の性質は完全に感覚的で浮世離れした性分にも関わらず。すげー反発してきたわけ。

自分の本分をわきまえて、自分を内観することをずっとやってきた。人として、凛と佇むその姿勢を追求してきた。

それが満ちたとき、宇宙意識そのものとの一体化があったんだ。繋がったと話したけど、そうではなくて一体化という言葉が近い。

すると、なんだか、「繋がった!」ということに特別感を覚えてる人たちは、その能力の慢心からかすめる止まり。いち早く掴んだことがそれを止めている。

なので、謙虚さ。

外側の変化にとらわれて、きゃー宇宙と繋がっちゃった!!!というのは深く考察するに至らないみたいだ。

数人の方にどういうことが起きたのかと聞かれるけれど、至って変化はなく。ただ捉えやすくなったのは事実。

でも、そこに慢心しちゃいけなくて、より一層、今なんだ。本当は時間なんて軸もないわけだが、だからこそ、ここでは、今が大切。

未来が見えても、聞こえるはずのない声が聞こえても、見えないものが見えても、じゃあどうするのかって結局は自分で選ぶことなんだ。だから何も変わらない。

今までやってきたことを、ただ高い位置からグワっと俯瞰させてもらえて、「ほー」と認識したにすぎない。だけど、それによって外すことができた自分の思い込みもいっぱいあるにはある。

面白くなってきたのは、不思議なことがわかればわかるほど言語や理論というものが面白くなってくる。肉体や重力が面白くなってくる。

今までと同じことをもう一度聞いても、私には全然違うものとして認識される感覚で非常に楽しくなってきた。

何はともあれ、慢心は成長を止めるということですよ!

地味めなことや基礎ってほんと変態的に好きです、私

アイキャッチ画像:photo by bozzo

鋭く磨いて

忘れてた!忘れてた!

私は道を鋭く切り拓いていくのだ。なまぬるいこと言ったりやったりしてた。

なんか、私、ここ数年で丸くなってた。スパンと潔く、美しく、鮮やかに。

正しくなくたっていい。清くなくてもいい。

やってること、言ってること、見た目にはあんまり変わらないかもしれないけど明らかに私の真剣さが変わった。

ちんたらぽんたらしてる時間なんて1秒たりとも要らないのよ。鋭く見据えて、断つ。

みんな来て欲しくない人とか、一緒に居たくない人に関わりすぎ。私含め。断わればいいのだ。「来て欲しくない」という意思を伝えることもしないで、来てしまったそいつに陰で文句言っても仕方ない。

「やりたくない」という意思を伝える努力もしないで、なんで自分の外の人やコトのせいにするのか。

なんでやりたくないことをやるのか。言い訳が無限に出てくるだろうけれども。その固定概念、あなただけのものだから。一歩ほかの世界にいる人には通用しない常識だったりするんだ。

え?やればいいじゃん。

え?やめればいいじゃん。

そう言われるとカチンとくる時、それはあなたがあなたを縛ってるってこと。その状況変えられない場合もあって。問題は変わらない状況ではなくて、やめたいと思ってる自分の感情を押し込めていることなんだ。

それを状況が変わるかどうかはさておき、そう思ってるという意思を伝えるなどのワンアクションをすることでね、自分って癒されると思うし。

仕方のないことと思い込んでいた常識があっさり変わったりもする。

すべては伝えることから。

「断つ」が特にできないわけだけど。それを伝えることは自己中なことじゃないと思うんだ。

みんなと一緒教を盲信してただけ。

誰に何の遠慮をしているんだろう。

そういうことばかりしてるとオーラを傷つける人ばかりに囲まれちゃう。

うん、私はもう誤魔化さない。

アイキャッチ画像:photo by bozzo

私は世界を変えない

今まで私はどこかの誰かのために活動していると話していたけど。それってあくまで回り回っての結果。

そこを目的にしているような物言いは、みなさんに大ウソをついていたなと。体裁を保つためのきれいごとだったと思うのだ。(人間らしくてそんな私も好き!)

どうしたって結果、誰かのためになるのだ。それにそれどうでもいい。本当の本当の本当にそう思ってるかと問えば、「どうでもよい」だと思う。でもその「どうでもよい」になったら問題って解決してるんだ。

なので本当、苦節5秒でよい。

アイキャッチ画像:photo by bozzo