過不足ない対価の提示ができるのがプロ

プロってどういう人のことをいうのだろう?と考えた時、よく聞くのが、「その仕事でお金をもらったらプロ」と聞く。

私も以前はなるほどな〜と思っていたが、今は違うと思っている。

物事は等価交換で、価値に見合ったものを交換するようにできている。金額の提示が安すぎたり、逆に値段の割にクソな仕事をしている場合、どこかでその代償を払うようにできていると思うのだ。

そして、払うものはお金に限らない。

安すぎる本物問題

本物か偽物かという風に区分けをするのは好きではなく、私がいう本物は偽物に対しての本物ではなく、己に沿っているかどうかが本物かどうかの違いにあたるので自分以外のものと相対的に見るものではない。

で、つまり、本物なのに提供するものに対して、もらう対価が釣り合っていない。要は安すぎる、というのはね、多分運も落ちていくし、相手の運も下がるし、自分の持ち出しが多すぎてそのうち何か目に見える形でドッと代償を払うことになると思う。互いによくないはず。

受けたくない客が多くなってしまったり、募る不満は必ず自分を追い込んでいってしまうと思う。

エセの高額問題

プロなんてものは名乗ればなれてしまうものも多いし、資格はある程度のクオリティを保証はしてくれてもプロの仕事かどうかを保証してくれるものではない。

インチキなのに、それに値しない高額を人を騙してもらっていると、そのうち死ぬと思うんだ。そういう人は真っ黒に見える。近くにいると吐き気すらしてくる。歪みは必ずやってくる。因果応報。

そして間違ってそういうのに引っかかってしまった側の方にも罪があるように思う。自分を傷つけてしまうから。

プロは過不足ない対価を提示できる人

つまり、自分のできることを知っていて、相手に与えるものの量も、(全部自分ができちゃうことをドバドバと与えず)、過不足ない対価を提示できるのがプロ。

そういう与えすぎたり、奪いすぎたりしないベストを必要な時に必要なだけ、ってわかっているのがプロだと思う。

能力があればプロなのではない。いくら能力があっても、謙虚ぶって安すぎる料金でやっているのもアマチュアなのだと思う。(しかし、対価を全てその時、その場でお金でいただくとも限らないので、安いのはプロじゃないっていう意味ではない。)

価値は主観的で、でも相対的だから難しい

とはいっても、価値観なんてものは「人それぞれ」。ある人にとってはすごく価値あることでも、またある人にとってはどうでもいいものだったりする。よって、価値ってとても主観的なもの。

だけども、「限定」とか「希少」だとかでも価値は上がったり下がったりして、それって「そのもの」の価値ではなくて、「他のもの」があって初めて機能する価値計算。

主観的で相対的なのが価値だ。

そして人によっては、主観性を重視するのか、相対性を重視するのかその割合も異なる。

そんな難しい価値、自分が提供するものの価値を的確に把握していて、臆することなく提示できるのが本当のプロなのではないかと私は思う。

まぁ、それって自分の仕事に完全に責任を持つってことだもんね!

私はプロだけを集めたカンパニーで舞台を作りたい

今、私は3回目の公演の準備を始めている。一番大切な人とお金を集める、公演の大事な下地作りみたいなことをしている。

やはりそういう立場の人が、「プロ」って何か自分なりの言葉で言えないとなると、そりゃブレてしまうよなと過去を反省し、次に生かし、いい作品を作っていきたい次第です!!

アイキャッチ画像:photo by bozzo