ダンサーは床が命

ダンサー、特にバレエダンサーにとっては床が命です。

床とともに踊ります。床が硬かったり、グリップが弱かったり、強かったり、そういうところでずっと練習していると腰や首、膝を壊してしまいます。

リノリウムという床材がバレエ向きなのだけども、最近の都内のレンタルスタジオで「ダンス向き」「バレエ向き」と表記されていても行ってみたらビニールの床で安価にスタジオを作っていることがすぐにわかります。

大差ないと素人の方なら思われるかもしれないけれど、ここを妥協してしまうとダンサー生命に関わるかなり重大なことなんですね。体に歪みが蓄積されていく気がする!!!

リノリウムという素材の床がいいのだけど、リノリウムの中でも私の好きなタイプとそうでないものがあります。

合わないときは松ヤニを使って自分の好きなグリップ力に調整したりだ対処できると思います。

明日、自宅に白リノリウムが届きます!!!!楽しみ!!!滑りやすい場合は、磨いて傷をつけて、濡れ拭きして、松ヤニを使いながらおどって、床を育てていこうと思ってます。

せっかく部屋全面買ったので!!!

本当は、リノの下に何かベニヤか何かを敷いて、クッション性を持たせた床に施工したいですが、これは天井の高さや広さが私のベストな物件を見つけた時にしっかり入れてやりたいなと思ってます。

床一つで、稽古の質も、踊りの上達の速度もガラリと変わります。いい床が少ないなーと思うけど、いい床でなるべく踊りの練習をしたみてください。

9月から始めるバレエクラスのスタジオはまぁまぁいい感じのところを探し出しました!!床を足の裏で感じやすい、いい下半身を育てやすい、床、大事です!!!