自分にどんな小さな嘘もついてはいけない

何事も最後はどれだけ自分を信じきれるかだ。それがきっと本番に強いかどうかだし、決めるところを決められる人であるかどうかだと思う。

堂々と生きられること。

誰になんの遠慮もなく。

自分が自分で在れることに一点の曇りもなく。

でもさ、そうそう「自分を信じるんだ!!!」で自分に限らず何かを信じられるもんじゃないと思うんだ。

信じるには確証が欲しいじゃないですか。それがいくらスピリチュアルの世界が正しいとしてもそれ100%で自分の思い通りで生きることは不可能で、現実的に行動や体験などの肉体を伴ったものとの両刀でいく理由だと思うんですよね。

どれだけ何かと繋がっていても、確実に毎日何かを積んだものほど自分を信じきれないんです。私が稽古を積む理由はきっとそこにある。

間違いなく自分をまっすぐに信じられるように。何よりも確かに、労力も時間も頭も何かも費やしたという確証がここぞっていう時に効いてくるんだ。

そんなに人間は強くいられない。

だから誰にもバレないからって、誰にも指摘されないからって、砂つぶほどの違和感さえみなかったふりして進んじゃいけない。嘘なんて以ての外。誰かをうまくカモることも、それが容易くできる人を私はある意味尊敬する。

そんな怖いこと、私にはどうしたってできない。

万単位の人間の丸め込んで億単位のお金を稼ぐなんて、とっても簡単な方法としては知っている。でも、私にはそんな魂売った生き方到底できない。人の痛みを知って生まれてきたからね。

愚直でいいし、生真面目だと言われても、損をしても、不器用でも、自分に嘘をついて生きていきたくない。

ほんとは気づいているよね?わかっているよね?それ、本当にその人のため??なんてこといっぱいあるじゃない?私、どんな嘘も自分だけは騙せないと思っている。

だから、私はどこまでも潔白でいきていこうと思う。

自分を信じるために。それは私を信じてくれる大切な人たちのためってことでもある。

アイキャッチ画像:photo by bozzo

死んでる舞台業界

ダンサー、役者、本業で食べていける世界がいい。けど残念ながら実状はふざけたものだ。

マネジメント能力がない、そうハッキリ断言して壊して前に進まなければならない。

通常チケットマージンがダンサー・役者のギャラになるわけだけど。私はダンサーの中ではかなり上位に位置するほど集客できる人間だ。超大御所とされてる方でさえ数十人集客がやっとなのかと知って先日驚いた。マネジメント、ブランディング、プロモーションやらなすぎではないか。

でも、そんな私でさえ、もう職業としてはどこかに出演させていただく形ではとてもやっていけそうにない。ギャラが安すぎるから。100人呼んでも、その間の2週間以上に及ぶリハーサルの拘束時間込みで、経費は出ずで、50,000円くらいにしかならない。

交通費と、機会損失と、例えばシッターなんか頼んだ日には赤字でしかない。守るもんも守れない職業、それがダンサー、役者。

おかしな業界だなと思うのだ。

ひとつ、ハッキリ伝えておきたいことは、そうした実状になってしまう中の事情も私は自身で公演を制作サイドとしても運営したのでよくわかっていて、そして、そういう風になってる団体や人を責めたり、糾弾したいわけではない。

だけどそんなのおかしいよね?社会的地位を向上させる方向で考えていきましょうよ?って一石を投じたいなとは思う。

私はダンサーや役者にも経営者視点が必要だと思う。自分を商品として、ちゃんと株式会社自分を運営すること。

制作会社に丸投げでは絶対ダメだと思うのだ。

そして、団体を主宰し公演を主催する人間は、もっとキャストが生活ができるくらいの真っ当なギャラを払うべき。払うとなると、ちゃんと才能を買おうという目で見るようになるはずだ。

経済活動がちゃんとできていないのは、社会では仕事とは言わない。プロとは言わない。それは趣味。

趣味ならいいんだけど、私はダンスを仕事としてやっていきたい。だから動けるだけのダンサーではなくて、ちゃんと感動という価値を届けられるダンサーに。そして、それを自分で、能動的に、経営者視点を持って、観客に責任を持って宣伝活動ができる人員を育てている。

ファンがしっかりついているダンサーを。

そして、相場の3倍以上のギャラを私は支払っている。

だって、結婚したり、子供ができたらやめなきゃいけない職業にしてはダメだと思うから。愛する人がいて愛されて、子供を慈しみ育む…そうして子供からも沢山のプレゼントをもらった厚みのある成熟したダンサーの表現があっていいと思うし、私はそういう踊りを見てみたいと客だったら思うと思うのだ

結婚妊娠出産育児があってもその変化を波乗りするように超えられるひとつの方法は自分のファンがついていることだよね。

そして、それをちゃんと評価して対価をくれる業界であることだと思う。が、残念ながら今の業界は対価ではなく、手弁当が当たり前。

業界を変えていこうだなんて私はこれっぽっちも思わず、ないなら自分の世界の中では、対価の支払われる世界を築けばいいよねって思っている。

現在、近々の活動について

ここ最近、色々募集や告知が多くなっていきているので、ここで一度まとめさせていただきます!

Uzme第三回公演アンサンブルダンサー募集

第三回公演のアンサンブルダンサーの募集を開始しています。現在2名の方と稽古をスタートしています。

第三回公演「春の祭典」
開催予定 2020年春
会場 未定
ステージ数 6日間10ステージ(仕込み日 二日間)

アンサンブルダンサー稽古詳細は希望者にPDFで送らせていただきます。希望の方はfuyuka@uzme.danceまでお問い合わせください。なお、お近くまで説明会に参りますのでそちらも上記のアドレスへお問い合わせください。

【出演情報】ALICE

チケット購入はこちらから→https://www.danparajapan.com/

大瀧は森の妖精役です。11.3(土)・4(日)出演です。

【レッスン情報】バレエFスタジオ

毎週土曜18:00-19:00
高田馬場駅戸山口徒歩3分 ACCEスタジオ

バレエの基礎をみっちり楽しくレッスンしてます。わからないところを質問しあったり、オープンクラスのようなラフだけど、しっかりがっつりゴリゴリ踊るクラスを目指してます。初心者からプロまで、ごっちゃ混ぜで踊ることを純粋に楽しむ空間を。

1レッスン 2,000円
1ヶ月   7,000円
4回券     7,500円(有効期限 購入日から60日間)

ご興味ある方、参加を検討されている方、参加希望の方は下記のFBグループへ参加してください。

FBグループページ: https://www.facebook.com/groups/472556739821661/

【出演情報】11/27(火)Nostalgia

鎌ヶ谷のサロン、ファインフレーバーさんの11周年の感謝イベントにダンスカンパニーUzmeとして参加させていただきます。

11/27(火)
1回目 11:00  /    2回目 14:00
スタジオエンゼル
千葉県鎌ヶ谷市南初富4-13-40

東武アーバンパークライン鎌ヶ谷駅
新京成線初富駅
どちらも徒歩10分弱

チケット 前売り2,500円/当日2,700円

(チケット発売開始は9/9~)

【イベント情報】10/17 星見さんがやってくる

我が家に占い師の星見さんをお招きして鑑定会を催します。残り二枠のみの募集です。

10/17 アマンあきる野 東秋留駅徒歩3分 東京都あきる野市内

11:30-12:30  ×
12:30-14:00 お昼休憩 (大瀧冬佳特製豚の角煮第一陣)
14:00-15:00  ×
15:15-16:15  ◯
16:30-17:30  ◯
17:30-           角煮パーティ

星見さん鑑定   13,000円(お支払いは事前振り込み)
【用意するもの】・生年月日 ・生れた場所 ・(わかれば)生れた時間

角煮パーティ参加費(豚バラ代)お一人 500円
※角煮代は当日現金払い
※お飲物各自持参

鑑定希望は星見さんへ https://www.facebook.com/hoshimi777?fref=ufi&rc=p
角煮パーティ参加希望はfuyuka@uzme.danceまで