ハートがリンクするとき

 

 

ダメだ!!

書かずにはいられない興奮する出来事がありました。

(まだ、詳しい内容はもったいぶって秘密にしておきますが。)

 

 

 

どきどきワクワクが止まらなくて、

目に映るモノすべてがダンスに繋がってしまう。

耳にとどく音も、肌にふれるあたたかさも。

 

 

 

 

 

 

本日は….

それぞれ異なるその道のプロのお二方にご協力ご賛同いただき

バレエの音を作ろうという打ち合わせをしてきました。

 

 

それはとても未知なことなんだと

今日、他のお二方とお会いして初めて知りました。

 

 

ダンサーである私の音の捉え方と

ピアニストさんの音の捉え方と

レコーディングで様々な音にふれてる方の音の捉え方は

 

同じ一つの音というものについて話しているとは思えないものでした。

 

 

でも、切り口が違うだけで同じことなんだ!!!!!!と言うのに気が付いて

なんだか、それがものすごく興奮いたしました。

 

 

それぞれの専門的な言葉で表現されて、

(私はダンサーなので言葉の表現が非常に難しく喫茶店で軽く躍りたくなりました。)

 

 

話している単語は何だか全然わかんないんですけど

一生懸命すりあわせていくと、

あぁ!!!ダンスでいうところの、こういうことか!!!ってピンとくるんです。

 

 

 

不思議な体験をさせていただきました。

非常に刺激的で、新鮮な時間でした。

 

 

 

 

こうして、ダンス以外の世界にふれているのに

なぜか、よりダンサーとしての自分を見つめさせられます。

 

 

それで目に映るものが全部ダンス脳によって変換させられてしまっています….

 

 

 

今日の出来事を受けて

人はバランスなんてとる必要ないんじゃないかと思えてきます。

(極論だけれども)

 

すごく面白かったんですもん。

 

お二方はその道のすごい方でして、

情熱をもって音楽に携われてきたと思うんですよね。

 

 

私も全く及ばずながら私なりに真摯にダンスを、音楽を愛してます。

 

 

 

 

そんなハートがリンクする瞬間はとても良いものでした^^

 

 

 

 

 

11/5 10:15~11:45 @吉祥寺

はじめてのバレエ

 

生まれてはじめてバレエをされる大人向けに丁寧にご指導させていただきます^^

ご参加心よりお待ちしております。

 

 

大瀧冬佳Facebookでお友達になりませんか?

 

 

アートセラピー ブログランキングへ 

バレエが女子力UPになる理由②

 

からだを感じるにはどうしたらいいの?

 

簡単です!まずは触れて知識をつけてみましょう。

 

今回は前回のお話のつづきです。

 

 

 

 

 

 

さて、背骨がどこかはご存知ですか?

 

ご自身の手をあてて感じてみましょう。

 

頭の後ろ首のはじまりから背中のまんなかを通るゴツゴツとした骨、

これが背骨の突起です。

一番上からたどると、ゴツゴツを感じやすいところと感じにくい場所がありますね。

形が一つ一つ違うし、背骨はゆるいS字をえがいているからです!

 

動きも前後なのか、左右なのか、回旋なのか得意な方向がそれぞれあります。

 

 

背骨の突起のもっとあなたの内側には脳と内蔵、脳と体、脳と心をつなぐ

神経が束になった脊髄が背骨のど真ん中を流れています。

 

ゴツゴツの両側から各器官にそれぞれ神経がでて繋がっているので

どこのゴツゴツが歪んでいるかでおおよそ何が不調か?

も分かる人には分かります。

 

そして、感情にも影響があります。

例えば、首のゴツゴツの上から4番目が歪んだり動きにくかったりなんらかの不調があると

感情の抑制がききにくい…ということがあります。

 

あとは「自律神経」と言う言葉を耳にしたことはありますか?

呼吸や血液の流れ、腸などの内蔵の動きに深く関係してます。

 

簡単に言うと、「リラックスと緊張」を操作する神経です。

 

 

 

 

そのまま下へどんどんたどっていくとゴツゴツは大きくなっていきます。

ゴツゴツの一番下までいくと腰が終わり、何やらおおきな塊にぶつかると思います。

これが仙骨です。

 

さらに下へ下へ、お尻のわれめの始まりあたりに尖った骨を感じると思います。

これは尾骨、しっぽの名残なんて言われますね。

 

ここまでが背骨です。

 

 

 

 

背骨がいかに重要かお分かりいただけたでしょうか?

 

この背骨に一番近い筋肉をバレエでは使います。

インナーマッスル、深層筋なんていわれるものです。

 

これは腹筋運動ではなかなかつかうのは難しいもので

外側の筋肉ばかり使っていると内側の筋肉は衰退していきます。

 

 

衰退させず、使ってあげると柔軟性が増し

そして、上記にお話した機能回復、機能改善ができます。

 

ですから!バレエの動きは心身にとてもいいのです!

 

次回はいよいよ!!!骨盤です!!!!

 

 

バレエが女子力UPになる理由①

 

それは、骨盤を支える筋肉を特化して使うエクササイズだから。

 

 

骨盤を支える筋肉が弱いと….

冷え性、血流が悪くなる、下半身太り、女性ホルモンの分泌が減る

尿漏れ、下っ腹がでる、姿勢がわるくなる…などのことが起こり得ます。

 

 

その支える主要な筋肉がこちら

 

 

・骨盤底筋(字のごとく骨盤の底にある筋肉)

・内転筋群(内ももにある筋肉)

 

これをたくさん使うのがバレエです。

 

 

 

次回は背骨と骨盤についてもっと詳しくお話します!

 

 

 

レッスンのご案内はこちら♡

お気軽にご参加ください。

大人からでもはじめてのバレエ

 

 

大瀧冬佳Facebookお気軽に申請してください!

 

 

アートセラピー ブログランキングへ 

若さの呪いをといて美しくなる方法

若さとは、

・若いこと
・活力に満ちあふれていること
・未熟なこと

 

ダンサーからの視点だけを書くと

ダンサーは体をたくさん使っているから

肉体的に若い!

 

そして、人前でパフォーマンスすると

脳も細胞も活性化されて、元気も湧いてきて、

心は活力で満ちあふれる!

 

さらに、ダンサーは常に上を目指す

未熟であることを自分でよくわかっていて

もっと!もっと!と努力を重ねる。

 

 

 

と、ここまでバレエダンサーとしての意見を書いたが

総じて、若さとは毎日新鮮な自分に出会うことなんじゃないかな。

子供はそれを毎秒やっている。

 

で、美しさに繋げるには

「誰かのために」新鮮な自分に出逢いつづけること!

大人だから醸し出せる美しさなのかなぁ〜。

 

 

こんなリンクを貼っておきます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

寶船 プロ阿波踊り集団 日本の若さで世界を変える

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

100の説明より1の事実!だと思うからぜひ見てほしい。

 

 

これを見た人はきっとすごく元気をもらえたと思う!

活気に溢れて、勢いがあって、前向きな気持ちにさせられる!!

 

若さって見た目だけの問題だとこれでも思います?

もちろん外見も若さの象徴ではあるけれど

年齢をコンプレックスにしてしまっては

あなたの活力は見ているものからすると半減する

 

 

「アンチエイジング」という言葉がいまいち好きになれない

年齢を重ねても若々しく美しく魅力的にいられることもあるはずだ!

シミ、たるみ以前に、今すぐ表情と姿勢をリニューアルしてほしい。

 

「だれかのために」新鮮な自分を見つけよう!

「だれかのために」活力溢れる自分に!

 

大切な誰かを勇気づけられるように!

そんな「愛」が内からあふれる美しさではないだろうか?

 

 

 

体のメリハリ!血流をよくして美肌。

全身運動をして心も体もリフレッシュしたいなら

生まれてはじめて新鮮なあなたに出逢う機会があります。

気になった方はこちらをクリック→はじめてのバレエ

 

Facebookからでもお申込みいただけます!

 

大瀧冬佳→Facebookお友達申請お待ちしてます。


アートセラピー ブログランキングへ

表現療法とは?ダンスで生きる力を

 

表現療法とは内面を表現することが下手なタイプに有効な心理療法のことである。

心の中にしまっている問題を自由に表現できる場をつくり、内面をあらわすことで治療を行う方法。

 

 

 

大瀧冬佳がなぜこんなにダンスと共に生きてきたのか?

どうして、呼吸をするかのように切っても切り離せない密着したライフスタイルなのか?

 

 

自身の実体験をよく振り返って少しだけみえてきたことがあります。

”好き”だけじゃない何かがダンスにはあると思ったからです。

 


カミングアウトになりますが、

注目していただきたいところはそこじゃないのでサラッと書きます。

 

 

 

 

虐待、看病、過労、母の死、祖母の介護、離婚、借金…

そして、実は「解離性障害」という心の病気を患った事があります。

これは辛い現実からの自己防衛反応として「多重人格」になるものです。

 

 

 

でもですね、なんとかこうして前向きにひたむきに生きていられるのは

確実に「ダンス」が影響しています。

 

 

 

言語能力の低い幼少期…

言葉で表現することがとにかく苦手な子供でした。

 

 

 

「なんで、こんなことしたの?」と怒られるたびに萎縮して何も言えない。

私には感情がないのかなとまで思ってました。

 

 

 

しかし、母のすすめでバレエを習いだし

自分を表現すると言うことの楽しさを知りました。

 

 

 


 

「音楽療法」「箱庭療法」「作業療法」「アートセラピー」

から芋づる式に検索して行き着いたのは

「表現療法、ダンスムーブメント療法」です。

 

 

 

 

きっと、私は自分自身で踊りを通して

 

 

 

 

・言葉を使わない交流をもち、

 

・心と体の開放をし

 

・創造性の高揚を味わい

 

・自分を見つめることを知り

 

・問題解決能力を養った

 

 

のではないかと思うのです。


 

 

とにかく、ストレス社会という現代で

”ストレスをためない”なんてほぼ無理ですよね。

 

 

そこで、上手く折り合いをつける術を各々持っていることは

現代を生き抜くのに必須だと思います。

 

 

 


 

欧米では、医療現場をはじめ、心理臨床、カウンセリング、ソーシャルワーク

学校、ホスピス、刑務所、災害センター、老人施設、芸術と幅広い分野で用いられているようです。

 

 

私はこの分野にすごく興味がわくし、

学問、知識としてもっと掘り深めていきたいです。

 

 

声にならない叫びを抱えている方って

実はたくさんいるんですよね。

 

 

でもね、誰も本当にまるっきしは助けてくれない。

 

 

 

自助できる術を身につけることが

一番大切だと思います。

 

 

大瀧冬佳にできることはきっとこれです。

そのためには、専門知識をもっと身につけます。

 

そして、共に創造する高揚を味わえる場をつくっていきたいと思います^^

 

 

 

 

 

 


大瀧冬佳レッスン情報↓

11/5(木)@吉祥寺 10:15~11:45

大人からでもはじめてのバレエ

 

Facebookからでもお申込み頂けます!

 

大瀧冬佳→Facebook友だち申請お待ちしてます。基本ご承認致します。

IMG_0771

 


アートセラピー ブログランキングへ

美しさって痩せてること?

 

 

 

 

 

違うよ!!!!!

 

太っている><自信がない、

という気持ちが透けて見えるから!!!!

と、大瀧冬佳は思います。

 

 

と、言いつつ….

12115921_560922950723182_5608843594811105003_n

photo by かさこさん

 

本日撮っていただいたこの写真、

自分がとても気に食わない!!!!

 

・甲が出てない!

・アンデオールが甘い!

・お腹が引き上がってない!

とかっていう、

バレリーナ根性に火がついたのもあるんだけど

 

 

一番は、気持ちが乗り切ってない、

振り切ってない表情をしてるからなんだ!!!!

 

「室外機と大瀧冬佳」を楽しめていない。

どこかに迷いがある….

 

 

 

(まぁめっちゃ非日常感が楽しかったですけど、大瀧冬佳ならもっとできただろう!こら!!!ってところです)

 

 

これは、みーんなに共通することだと思うのです。

 

人から美しいって感じられるには

人から美しいと思われるか?を気にしないことから始めること!!!!

 

 

 

へんちくりんなプライドなら捨ててしまえ!!!!

 

 

太っているから「美しくない」んじゃないのよ。

太っているせいにして自分が萎縮してるから魅力が前面に出ないのよ!!

 

 

 

 

 

みなさんはチュチュを着て広尾で写真を撮られることなんて

きっと今後の人生でないでしょうが….

 

上記のことを踏まえて

自分に熱中していってください!!

 

何でも人生はエンターテイメントだと思って

存分に楽しんじゃってください!!

 

 

ふりきったあなたは、きっとどこかの誰かには美しく見えてるはずです!!!

 

 

そんな、美しいあなたを引き出すお手伝いをします!!

 

11/5「大人からでもできるはじめてのバレエ」クリック!

Facebookからもお申込みできます。

 

 

大瀧冬佳→Facebook友だち申請どうぞ。基本承認致します。


アートセラピー ブログランキングへ