好きが仕事の人休むの大事、アタマの中のおしゃべりが止まらないということに気付いた

 

 

好きなことを仕事にすると

休みと仕事の境目がまったくなくなります

 

それで眠る直前まで

つねにつねにそれに夢中

 

黙っていても頭の中は独り言でいっぱい

「あーしたらもっといいんじゃないか」

「つぎはこーしてみようか」

 

好きなことだからって

疲れないわけない

人間だもの

 

それに好きなことするには

工夫が必要。

子どものこと、自分のこと、家のこと

上手い具合に抜け道つくって

やりくりしてるからなおさら

考えることが多い。

 

 

休むとは

仕事・活動を中断して、心身を楽にすると辞書に書いてあるけど

それをしてないから

なんだか自由じゃないんだと気付いた

手を止めることはできても

思考が止まらない

感情があふれだす

 

無理に止めようとするのではなく

止まってないと気付くことが大事かも

あなたの頭の中はずっとしゃべりつづけてませんか?

 

「あれしなきゃ」「これしなきゃ」

「あれもやりたい」「これもやりたい」

「あー楽しい」「あーワクワクする」

「あー嬉しい」「あー快感!」

そんなの本当にまっさら全部止まる時間が

あってもいいんじゃないか

 

私は桜が舞い散るのを見ると

あれはなんだろう?

秒速5㎝くらいで散っているのかな〜

なんかすべてが止まる感じがして落ち着く

雪もそう。

水族館の魚をみると落ち着くのもそれかもしれない

 

あとは火が燃えているのを見るとか。

それからキスをしているとき。

 

とにかく頭の中が多動症。

もう落ち着けって!!!

って考えることがすでに考えてる!!!

みたいな無限ループにハマる

 

夢中をすごすには休むって大事。

 

 

 

 

 

私はあなたより後に死にたい

 

 

 

今日は2つくらいブログ書けそうなくらい

いろいろあった日だけどお酒も飲んで

酔っぱらってるしすこぶる眠いので

短く書いて終わりにしよう。

 

 

私、人が死ぬのがすごく嫌。

だからテレビは押し入れの中。

見聞きしたくない。

 

だから、大切な人より長生きしたい。

あなたに大切な人を失う辛さを味わってほしくないから。

「私はあなたよりあとに死ぬ」

 

 

子どもにはそれは難しいだろうから

私がいなくなってもいいように生きていきていきたい。

「大したことない」そんな言葉に怯えている場合ではない、そんなこと言ってるとあっという間におばあちゃん。

 

 

「あなたは大したことない」

そんな言葉に怯えているのですか?

 

いざ、120%本気で挑戦してみて

この言葉を受けたら

自分がどう感じるのか

なってもいないのに不安に思っていませんか?

 

 

私、ウソがつけないので伝えることにします。
先日の舞台、正直ショックを受けました。
ジャンプは重く、軸はぶれてる、これで4000円?これで人に教えるの?と怒りがこみ上げました。
ご自分でわかっていたと思いますが、文章の鮮烈さは見る影もなく不安そうな顔をされてました。
あなたもまた自分の強さゆえ、自分の弱さを抱えきれていないのだと感じました。
ただ、大瀧さんは転んで走り出した人です。
その舞台を私が裁いても、そのまま自分に返ってくるだけなのです。
どんなに叩かれようとまずやりたいのとをやること。そして積み重ねること。そうするしかないし、そう決めました。そして板に乗ってるだけあなたの方がましなのです。

 

 

何処まで行っても

あなたを裁く人はいます。

 

 

私の十代は

ダンサーとして高いスキルと体をもっていました。

しかし、

「内面から溢れるものが感じられない」

「競技を見ているようで芸術とは思えない」

そんな言葉も受けていました。

人なんて適当なものです。

どうせ、なんかしら言われるんです。

だって私は完全ではないから

一生未熟だから

でも、あなたと違うのは

全力でやりつづけているところ

 

今の私は

ロイヤルバレエに受かった頃からすれば

体の状態は10点です。

 

 

それでも、

私のレッスンを4000円で受ける価値があると思った方に

レッスンに来ていただきたいと思っています。

このメッセージをくださった方のように

損した気分で帰られてほしくないので

今回、了承を得てメッセージを掲載することにしました。

 

今の私は一流のバレエダンサーのような

ターンやジャンプをお見せすることはできません。

しかし、なぜそれができるのか

どうしたらできるのかのロジックを

お教えすることはできます。

 

それから、私が綴る文にウソ偽りはありません。

正直に本音を綴れば誤摩化しはききません。

それでも私は自由に踊っていたいから

自分にも他人にも誤摩化したりウソをついたりしません。

 

それで非難されるくらいなら

そのまま敗者でいいと思います。

いくらでも損していいと思っています。

失えるだけ失ってもいいです。

奪われるなら奪われるだけ

与えられるなら与えられるだけ

好きにしてちょうだい

そんなことでは私は縛れない

 

私の根っこにあるものは

誰にも奪えない

ダンスが死ぬほど好き。

 

 

とにかく自由でいたい

人をジャッジするその心は

自分の首をいつか絞めます。

 

私のブログから想いを肥大化させて

私を神のように崇める方も結構いらっしゃいます

 

何かを信じすぎると本当の意味での自由はえられません

あなたは何が欲しいんですか?

 

誰もが不完全でただの人

いいとこ悪いとこ

ないものあるものをもっています

 

私のレッスンも

他よりあるもんはあって

ないもんはないんです。

 

お互い自由に踊りたいじゃないですか

ないもの期待されても双方によくないです

あるもんはある、ないもんはないと

きちんと明記しようと思った次第です。

 

 

何処まで行っても

あなたを裁く人はいる

で、そこで何が大切かって

次の一手が揺るがないことだよね

どうして揺るがないでいられるかって

全部うけとめる覚悟があるから

そして揺るがされてる場合じゃなくて

いちいち二の足踏んでると

あっという間におばあちゃんになっちゃうからね。

 

言うよりさっさと稽古。頑張らねば!

と以前の私なら言っただろうけれど

今の私ならこういう

「もっと楽しもう、踊りを」

 

まだまだだな〜と思うと楽しくなってくる。

 

 


と、ココまでが半年前に書いたことです

 

半年経った今、思うことは

体の状態は10点から30点くらいにはなったけど

期待も応じてあがってるので

きっとこのバランスのまま

一定数の人の期待を裏切りつづけるだろうな〜

と思います。

 

でも、それでも私の未来に期待して

ついてきてくれる仲間も増えたので

楽しんで踊れてます!!!

 

バレエ

【初心者歓迎】はじめての方のためのバレエワークショップ【4/16】

 

 

こんにちは、あなたの眠る才能に火を灯すダンサー大瀧冬佳です。

才能って何でしょう?私が聞いた話では才能は持続する力です。

私もそう思います。

 

だんだんと春の陽気になり、4月16日はいよいよ春を迎えていることでしょう。

何かを始めてみたい。そんな気分になるのが春です。

 

何をはじめましょうか?

2016年、年明けに誓った目標は残念ながら放置されていませんか?

寒すぎる冬には気分も滅入る日もありますが

春ならまた始められそうだとは思いませんか?

 

春は別れと出逢いの季節です。

環境が変わり心身ともにお疲れを感じるかと思います。

疲れは脳と心と体の疲れが同じくらいだと

良い睡眠がとれ次の日に持ち越すことは少なくなります。

 

どうでしょう?

クラシックの音楽に乗せて

心地よい疲労を味わいませんか?

 

大丈夫です。

体が硬くても、運動不足でも心配せず

一緒に踊ってみましょう。

はじめての方の不安を少しでも解消すべく

今回はレッスン前にお茶の時間を用意いたしました。

お茶菓子も太れないおやつを用意して

お待ちしております!!!

 

あなたの新生活を大瀧冬佳は応援します!!!

 

 

日時 2016年4月16日

 

tea time 11時15分〜12時15分

lesson    12時30分〜13時45分

 

場所 池袋スタジオBUZZ(東京都豊島区南池袋1-20-3藤久ビル東2号館 地下1階)

JR池袋駅 徒歩1分

 

レッスン代 ¥4,000-.(税込)

※お申込み後、振込先口座を送らせていただきます。案内が届きましたら、1週間以内にお支払いをお願いいたします。尚、4月9日以降はご予約キャンセルのご返金のいたしかねますのでご了承ください。

 

持ち物 くるぶし丈のソックス(またはバレエシューズ)

動きやすい服装

 

対象 どなたでも

 

お申込み方法

RESERVA予約システムから予約する

 

 

レッスン内容

 1 ストレッチ

2 床を使ったバーレッスン

3 プリエ

4 タンデュ

5 グランバットマン

6 ステップ

7 ターン

8 白鳥の湖コールドバレエに挑戦!

 

お申込みお待ちしております。

かっこいい人に共通する「難しいことを簡単そうに 簡単なことを難しそうに」ができるようになる思考の仕方

 

一般的な考えや常識に対して

常に意表をつく答えを考えてれば良い。

 

それから自分の人に対する行動は

サプライズを意識することだ

 

 

あたしはさ、ずっとこう思ってた。

 

辛いことがあって

当たり前に落ち込んでいたら

なんかつまらん人間だなぁって。

人から心配される頃には

辛かったことなんか通り過ぎて

意にも介さない私がかっこいい

これも、サプライズ。

 

辛いのにさ、強がって笑うのとも違う

「大丈夫」なんて言うのはダサい。

 

 

辛いことは5分で片付けて

つぎの瞬間には笑って次の段階へ

失敗をユーモアやネタに変えて

人を笑わせられてた方が

かっこよくないか。

 

たまにいる

レストランやカウンターで

店員に激怒しているおじさんおばさん

彼らには本当に同情してしまう

なんて可哀想で残念な人なんだ

 

己の美学はないのか

 

とにかくかっこわるいなと思うのは

己の感情に振り回されて自分を見失ってる人

なんか物事を大袈裟にとらえすぎだよ

 

人の思惑通りは目立たない

目をひく行動を意識づける

その他大勢になっていてもいいけど

自分の美学を貫く方がかっこいいに決まってる

人の意表をつくこと

 

新しい発見と気付きを人に与えることを考えるんだ

一瞬「?」を相手の頭の上に出せたら

私は勝った!と思っている。

 

私なら真面目に頑張ってるとも思われたくない

シンプルに好きだからやってるだけなのだ

頑張っているわけではない

適当にやりたいように

努力!努力!と騒ぐのはちょっとダサい。

努力は報われるというピュアな帳尻合わせが

どうしようもなくかっこわるいし

好きなことに動機づけなんていらないじゃん

 

この世は不条理で理不尽なんだ

でもだからって声高に正義じゃないと叫ぶのはアホ臭い

誰の物差しか。

そんなのひょいと飛び越えて楽しんじゃえよ

ほら、これもサプライズ。

 

やるべきことに一生懸命よりかは

どうでもいいことに一生懸命がかっこいい

 

難しいことを簡単そうに

簡単なことを難しそうに

そんなダンスを踊りたい

 

安定な道ばかり選んで慎重に生きるより

不安定な道を選んで軽卒に生きていたい

 

そんな人生のほうが面白いものをみせられる

そして私も面白い

 

 

慎重になりすぎるんだよ

問題や悩みを奉りすぎ

暇人か!

トラウマも虐待も大したことない

だから、なに?とぶっちゃけ思っている

今がそれを越えているからね

 

 

たったの一度の人生だからって重く捉えて

臆病風吹かしてしまうくらいなら

不安定な人生を軽率に

かっこよく生きることだけを

考えた方がなんだってできる。

 

自分の人生を立派にしようと思わない

自分の人生に完璧を求めない

 

 

なんか、こんなこと書いていたら

すんごい適当に終わらせたくなってきたから

おしまい♡

 

熱そうに見えて適当というサプライズということにしといてください。

 

 

一緒に舞台にたった10人のみんなへ

 

大好きなみんなへ

 

公演が終わって明日で一週間、

なんだかまだ一緒にいるみたいな感じがします。

 

みんなへの想いを言葉にするのに

とても時間がかかってしまいました。

そして、ここで伝えきれる気もしてません!

が、頭フル回転でお伝えしたいと思います。

 

ふつうに生きてたら

それぞれの人生が交わるはずもなかった者同士が

こうして寶船をきっかけに私たちは出逢い、

あの場所あの時間を共有できたって

本当に本当にステキなことですよね。

思い返すと胸が熱くなります。

 

 

よくあるダンスや演劇の舞台って

出演者にチケット◯枚とかノルマがあるんです。

出演者が問答無用にチケットを購入させられ

知り合いや友達に結局売ることができず

無料で配ったりするんです。

 

私たちはチケット売れなんて一言も言われなかったけれど

結果、あの劇場を満員にしました。

出演者の誰一人として

受動的にあの舞台に立ってるものはいなかったんです。

観客の目から見ればこれは当たり前のことですが

舞台に立つものにしかわからない

これはギリギリの闘いだと私は思っています。

 

そして、舞台の成功って

ここの根本のところが一丸になることで決まると

私の経験上感じてきました。

 

これは発表会でなく公演です。

発表会という自分を晒すだけの舞台でも

とっても怖いし緊張します。

それを飛び越えて

良い舞台になるから絶対に観にきて!と

観客目線で自分を見れる気持ちまで

それぞれの瀬戸際でいろんな感情がせめぎあいながらも

自分たちの創り上げている舞台に価値を見いだした

 

これって本当にすごいことです。

もうそれができたらマインドはプロなんですよ。

 

そこまで気持ちをお互いに持っていき

最後、楽しんで踊りきった舞台。

 

そんなパワーで人の心が揺さぶられない訳がないと思う。

 

私、そんな密度の濃い空気で踊れて

本当に幸せでした。

みんなにいつも力をいただいてました。

それで、

それぞれが不安や恐怖、プレッシャーに打ち勝ち

舞台上でお互い息づかいを感じ

高まり合っていく感覚

この一瞬にかける想い

楽しいで収まりきらない高揚感を共に味わえた

あぁ〜感動をありがとう。

 

一人も欠けちゃダメで

このメンバーだったからできた

あの空気、あの感動です。

 

やっぱり、ありがとうで括ってしまうのが

勿体なくてありがとうが言えないです。

 

言葉で伝えきれない想いをもらいました。

その目に見えるものが

公演を見て急に練習しだした奏介の姿なのかなと思います。

 

 

かっこよかった!を公演後ずっと奏介は言ってました!

「そうちゃんも上に行ってみたい!踊りたい!」

そう言わせてしまう舞台でした。

 

みんなのおかげで本当にいい経験ができた!

 

 

 

マインドはプロ!なんて偉そうに言っちゃったけれども

あとは心技体の調和で私たちは

もっと高みをめざせる!!

もっとみんなで稽古楽しくやっていきましょう!

 

な〜んて一番阿波踊り経験の浅い私が言うことではない(笑)

これからもみんなから、もっと阿波踊り教わりたいです!

教えてください、おねがいします!

 

一流の阿波踊りの踊り手が率いる寶船は最強。

一般メンバーがここまで感化され

気持ちを引き上げられるほどのエネルギーも持ち合わせている。

これは、もう連長から受け継がれた阿波踊り魂が

血に流れているんだと思います。

 

絶対に追いつくなんて不可能です。

追いつけるなんて思ったら冒涜ですよね。

敬意の塊みたいな想いでいっぱいです。

 

その上で背中を追いかけたいなと思いました。

 

 

 

ん〜む…やっぱり、最後に…

みんな、ありがとう。大好きです!

 

 

大瀧冬佳より。

多面性をみとめればレッテルに苦しまない

 

 

人間的に高い評価をえて

誰からも好かれ愛される人がいる

 

そしてあるときそんなレッテルに苦しむ人でもある

 

本当の私はそんなんじゃないという心苦しさが

「自己評価が低い」ととられる発言をうむ

 

だけど私は

自己評価が低い人って訳じゃないと思う。

 

自分の多面性を理解されたい過程にあるだけの人だ

 

それはたぶんその人の

「優しさ」「明るさ」「笑顔」

プラスの特性がとても大きな強みだっただけのこと

 

次の自分にステップアップしたい

もっと自分らしくいたい

脱皮したい

というウズウズを苦しみに肥大化させてしまっているんだ

 

脱皮する前の

自分の可能性への期待と不安

成長したい、ここが天井ではないという欲求

 

そんな人の周りには

もちろんその人に似た人が集まるから

きっとモヤモヤウズウズの手助けをしたいと

手を差し伸べてくれるだろう

 

心が痛む

なんだかわからないが

漠然とした何かに襲われ

特に不都合も不自由もないこの環境で

自分はなにが不満なのか

この環境になんの不安を抱いているのか

 

不安定になる理由がみわたしても一つもない

なぜならウチにあるからなのだけど

とおりすぎた今だからわかること

 

私はインフルエンザに1回しかかかったことがないが

過去にインフルエンザで2回休んでいる

 

人の優しさがつらかった

インフルエンザにかかったことにして

1週間、貝のように閉じこもったことがある

完全に無心。

 

最初はこんなことして何になる?

このまま引きこもりになるんじゃないか?

とか、考えたけど

深海魚みたいに静かにひっそりとしてたら

不思議と落ち着いてきた

 

1日中、天井のシミを眺めていたり

秒針を目で追いつづけたり

(今、思えば病みすぎだね笑)

 

そんな風に孤独の海にしずみきったら

いつの間にかいろんなことをあきらめられた

 

自分が思う以上にいい人に思われてもいいじゃん。

それが本当は違うんだって思っても

その人にはそう感じるんだから

あなたは優しい人

 

人に多面性を理解してほしいと思いながら

実は自分が一番自分の多面性を認めていなかったんだ

 

あきらめるとは、明らかに認めること

 

レッテルを貼られることを恐れるな

本当の自分ってなんだと思っているの?

胸の奥にでもいると思ってるの?

 

いいえ、目の前の人にうつるあなたも全部あなた。

どう思われたってよくないですか?

 

違いと多面性が誰にでもあることを知ろう

 

 


そんなことを肌で体感できた

I’ll c u when u get there.

 

違うから面白い。

いろんな側面をもってるから面白い。

だからいろんな化学反応を起こす。

 

人生、面白くいこうじゃないか!

 


私は塾フェスタで新たな化学反応をおこそうと企んでいます!

こういうのは、生で観て、一緒に私の人生をかけた実験をその場で体感すべきものだと思います。

そうそう、完全なものなんて創ろうとは思っていません。人体実験を楽しんでいるだけ。

だって、あなたも気になるでしょう?

大瀧冬佳、なんでそんなに激しく生きるのかって。

 

何ができるかは私も未知だからこそ楽しみ!
出演情報

12801289_1200973029931843_5330585217378475662_n

「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」

2016年5月29日 CST飯田橋 (11時〜18時30分)

入場料 無料

多種多様な好きを仕事にされた方の展示、物販、セミナー、トークライブ、ワークショップなどなどが出展されます。私、大瀧冬佳はこちらでダンスショーケースをご披露いたします。なんとバレエでなくペアダンスを考えておりますので、ぜひとも5/29は予定を空けといてください!!


大瀧 冬佳〜Lessonのご案内〜

 

【はじめてのバレエ】
料金 / 1レッスン(75分)¥4,000-.(税込)
会場 / 都内ダンススタジオ
日(暫定) / 4/16・4/22・5/24・6/7・6/14
対象 / 未経験者歓迎、どなたでも

定員 / 5名


【表現者・ダンサーのためのバレエ】
料金 / 1レッスン(90分)¥6,000-.(税込)

会場 / 都内ダンススタジオ
日(暫定) / 4/23・4/26・5/31・6/11・6/18・7/2
対象 / 意欲のある方・ダンス経験3年以上(ジャンル問わず)どちらかに該当する方

定員 / 3名


【音浸しの会(仮)】
料金 / ¥2,000-.(税込)
会場 / GREEN AMY CAFÉ(夢)
日(暫定) / 5/14・6/25 ・7/30
対象 / 楽器演奏者、音楽好き、ダンス愛好家(音楽好きならどなたでも!)

定員 / 制限なし


 

 

・「Fuyuka Ohtaki Dance Life」という会社案内の個人版セルフマガジンを4月末発行予定です。欲しい方は無料で送付いたしますので、こちらから件名に「セルフマガジン希望」本文に「氏名」「送付先の住所」「部数」ご記入いただき送ってください。
大瀧冬佳Facebook、Twitter申請、フォローお待ちしています。

大瀧冬佳Facebook申請ください。

バナーを作成

・大瀧冬佳Twitterはこちらから

 

「キセキ×キセキ」「生の舞台×生の声」

 

2016年3月12日、寶船の単独劇場公演「キセキ×キセキ」が終演しました。

 

たくさんの方からとてもステキなご感想をいただき、寶船一同大変うれしく思っています。なにか熱いものをうけとってくださったことが、文章から伝わってきます。みなさまにも、ぜひご紹介させていただきたいと思います!!

 

 

「キセキ×キセキ」という奇蹟の軌跡と輝石たち

伝統を残すとか、伝えるとか、そういう次元に留まらず、

「新しい日本の文化」に、「打ち直す」みたいな感覚。

現代風のアレンジを加えて、新鮮にして。

けれど、魂の部分、根底にあるものは、伝統を引き継いでいる。

 

出演者のみなさんは、それぞれに光る個性のある、輝石みたいでした。

全存在を一点に賭けた、というくらいの2時間の公演だった。

 

IMG_3083

楽しむ人には、敵わない。

楽しむ人には、敵わない。
好きなことにとことん向き合ってる人だけが見せる笑顔がある。
そういう笑顔の力はすごい。

 

IMG_3082

悪魔に会いに行ってきた

いい意味で、ものすごく驚いた。

舞台の上には、阿波踊りでありながら、

大部分の日本人が持つであろう

阿波踊りのイメージから何歩も先にある、

見たこともない踊りとエネルギーが跳ねていた。

音とリズムに合わせて、

人の形をした何かが燃えていた。

あたしは「知り合いが出てるから来た」ことを、

3分で忘れ、舞台に夢中になった。

IMG_3071

 

寶船〜キセキ×キセキ〜

簡潔に

ものすごいおもしろかった。

身体うずうずしてた。

踊りたくなった。

 

どえらカッコいいと素直に思いました。

大きな志を持った寳船の皆さんののエネルギーはものすごい。

IMG_3040

 

阿波踊りのプロ集団 寶船の単独公演「キセキ×キセキ」をみた!

 

生のステージはとんでもなかった!

阿波踊りってかっこよくて楽しもの。単純にそう思っていたけど
手の翻し方やポーズひとつにしても静も動もあまりにも美しくて
言葉にならないくらい感動。
見る人楽しませる演出も満載
魅せる踊りの他、mc、ストーリー性やパロディ、笑い、クイズまであって
親しみやすくお客さんも一緒に巻き込んで盛り上がっちゃう、体感型エンターテイメントでした。めちゃめちゃ楽しい!

 

IMG_3038

本気で生きる人は、表情だけで人を感動させられるのですね。

全身から発する「踊ることへの喜びオーラ」に心が震えました。
私の隣で舞台を見つめるのは、冬佳さんが愛する人。愛する息子さんたち。
そんな人たちに見守られて、踊れる喜びでいっぱいの冬佳さんの恍惚の表情、はじける笑顔。

鯰、涙が出ました。
「幸せって、こういうことか」って。

IMG_3050

 

【寶船】阿波踊りが基本の創作ダンス集団

とにかく楽しそうで、
それはただ踊っている楽しさではなくて、
自分があの場に立てている全ての背景を、全ての悲しみを楽しさに変えた瞬間のように感じました。

子どもたちも帰り道、電車、朝も起きてすぐ阿波踊り踊っていましたw

あまり親子で見に行けるパフォーマンス舞台って少ないから、とても良い時間となりました♡

IMG_2993

 

好きなことをしながら、人を楽しませることの大切さ

若い阿波踊りダンサー達の熱気溢れるパフォーマンス。

みなさん素晴らしかったけど、その中でも特別に光って見える人達はやはり何人かいて、見ていると心が内震えるような感覚を憶えます。
単に上手いか下手かというより、大瀧冬佳さんを含めてですが、魂で踊っている人、なんだろうと思います。
心の底から踊りが好きで、それを恥ずかしいとか自信がないとか、そんな後ろ向きな思考のベール一切なしに、自分と繋がり観客の人達とも一体になり、心のままに踊っている人。
魂むき出しのそのまんまを表現することって、実はけっこう難しい。
でもそれでこそ、人々の心を動かす力を持つ。
やっぱり好きなことをやっている人は、何の分野であれ美しく、真っ直ぐな力強さを持つのですね。

IMG_3055

 

高円寺と阿波踊りと寶船

いやー、面白かった。
正しくエンターティメントでございました。

阿波踊りを軸にして、演劇やパントマイム、コメディ等、様々な要素を取り入れていて、伝統芸能を新しいエンターティメントに昇華していました。

 

出演者の楽しんで貰おうと言う気持ち、自ら楽しむ気持ち、一緒に楽しむ気持ちがすごく伝わってきました。

正直、もっと見ていたいなぁ…と思いました。

IMG_3079

 

人生が変わる舞台って?

阿波踊りをこれだけ、愛せるか?

ダンスを、これだけ愛せるのか?

私、

泣きましたよ。

樫本真之介さんの言葉で。

冬佳さんの踊りで、

ゾクゾクして、

鳥肌立ちました。

みなさんの踊りで、

やる気が、でてきました。

本当に、

素晴らしい舞台でした。

地方から見た阿波踊り集団寶船単独公演「キセキ×キセキ」を想像してみた(注;こちらの方、生で観にきてくださってます)
寶船はとんでもない集団だ。
従来の枠組みなんて粉砕する力がある。

寶船は魂で踊る集団だ。
観た者全てをを魅了する力がある。

高度な技術はときとして伝わらないが、
シンプルで純粋な想いは心に響く。

今回それを肌で感じた。
だが今はまだ一般的には
世に知られていないかもしれない。

しかし4年後、あの5つの輪の舞台で
世界に向けて最高のパフォーマンスを
していたとしても驚いてはいけない。

今回はブログに書いてくださり、掲載にご承認いただいた方をご紹介させていただきました。その他にも、Twitter、FacebookなどのSNSにも熱いご感想をくださった方が多くいらっしゃいます。この後もブログに書いてくださった方の記事をこちらに随時更新しようと思います。
みなさま、大変ありがとうございました。

あなたと私の奇跡の軌跡が交錯した場所

 

寶船の単独劇場公演「キセキ×キセキ」が終わりました。

12524353_1290500977632941_5063212422466743001_n

 

 

あなたの人生で奇跡が起きたことがありますか?

どんな軌跡をたどってきましたか?

 

2016年3月12日座高円寺に集まったみなさん

ひとりひとりが様々な軌跡をへて

奇跡のような巡り会いがあって

あの日あの場所で同じ気持ちを味わった

 

これこそ「キセキ×キセキ」ですね。

 

私の踊りはまだまだ未熟だった

でもだからこそ、

手に負えない体の重さを諦めた瞬間

みんなの呼吸が聞こえて音が聞こえて自分の鼓動が聞こえた

 

今だけ、一瞬の命でいい

体がついていかないから

だからいつも以上に自分の魂の底力を感じた

 

10年のブランクは思った以上に大きかった

けれどこの10年間、

10年前の私の内面とはまるで質が変わっていて

丸裸の自分に触れられたのが嬉しかった。

 

私の軌跡は、思った以上に力強いもので

体は心を持て余してしまった。

もっと心に優しい体をつくろうと思った

私の心はこの体では可哀想すぎるなと思った

これが私のこれからの軌跡になるだろう

 

まだまだこんなものじゃ

表現に耐えうる体じゃなかったから

非常に悔しい、次回に必ず繋げてみせる

だからこれからもっともっと期待して!

 

 

そんな途上の私の踊りを見た方が

舞台の後すぐに自分のボイストレーニングに向かったり

疲れている体に鞭打って好きな仕事に精をだしたり

まだまだ止まっていられないと自分の道を歩みだしたり

と誰に言われるでもなく自らアクションをおこしている

 

 

そんな風に完全でない未熟なものからも

人の心を動かし行動をおこさせる力が

踊りにあるって信じてきた

そんな奇跡が絶対ある。

 

私が今回の舞台で感じた奇跡だった。

でも、次の舞台ではもっと奇跡をおこしたい

 

 

それから一発勝負の舞台

恥も未熟さも欲も全部見られるのを覚悟して

舞台に立たねばならない

全部観客にうつってしまうのが舞台

一瞬の気の隙間を観客は見逃さない

 

期待に煽られて魔物にのまれていってしまうか

魔物以上に自分の中の魔物をみせるか

 

だから動画じゃなくて生の感動が巻き起こる

 

足がすくんじゃうときもある

緊張で震えてしまうときもある

 

武者震いに変えて

でも魅せたい!と強く願わず

そのままの自分でいつづける

そのままの自分って本当はみんな魔物を飼っているから

自分自身も恐ろしいものなんだよね、未知だから

 

それができるのは

一緒に舞台に立っている他のみんながいるから

一人じゃないから

ずっと一緒に練習してきたから

 

舞台をサポートする裏方の方々がいるから

みんな心を一つにすれば怖いものなんてない

 

ただただ楽しもう、今を。

 

このメンバーで踊れて幸せだ

みんなが来てくれて幸せだ

ありがとうございます。

 

私もこの力を次ぎに繋げて

今からの10年間は快進撃が始まります

私、本気で実現すると思ってる。

30半ばを迎える頃には

どんな踊りを踊っているか楽しみ。

 

それは、誰にも見られていないところでも

自分の目指す道にふさわしい小さな選択を

しつづけられた者のみが辿り着ける場所

 

舞台は今から始まっている

今、この瞬間の選択がいつか実を結ぶんだ

 

必ずしも舞台に立つ人だけじゃないと思うの。

目指す場所があるなら

そのスポットライトを浴びる瞬間が大切なんじゃない

そこに行くまでの今この瞬間から始まっているよ

 

寶船は死ぬほど阿波踊りが好きで

踊りだしたら命懸け

 

私は寶船に出逢えてよかった

みんな才能の塊で正直嫉妬する

あぁ、なんでこんなに真っ直ぐなの

私も全力を出さざるを得なくなる

もっともっと自分にも伸びしろがあると思いたくない

今が限界でそれ以上を出したいと思っちゃう

 

普段ひとつのオフィスで仕事をしている彼らからも

情熱を感じるけれども

動画で見るより、稽古のときより

1000倍くらい輝きが違った。

 

私は観客のみんなよりも特等席で見ているから

本番ガラリとオーラが変わる彼らに感化された

 

いや、本当に目を離さないでほしい

今回見れなかった人は必ず次ぎこそ観にきてほしい!!

 


大瀧 冬佳〜Lessonのご案内〜

 

【はじめてのバレエ】
料金 / 1レッスン(75分)¥4,000-.(税込)
会場 / 都内ダンススタジオ
日(暫定) / 4/16・4/22・5/24・6/7・6/14
対象 / 未経験者歓迎、どなたでも

定員 / 5名


【表現者・ダンサーのためのバレエ】
料金 / 1レッスン(90分)¥6,000-.(税込)

会場 / 都内ダンススタジオ
日(暫定) / 4/23・4/26・5/31・6/11・6/18・7/2
対象 / 意欲のある方・ダンス経験3年以上(ジャンル問わず)どちらかに該当する方

定員 / 3名


【音浸しの会(仮)】
料金 / ¥2,000-.(税込)
会場 / GREEN AMY CAFÉ(夢)
日(暫定) / 5/14・6/25 ・7/30
対象 / 楽器演奏者、音楽好き、ダンス愛好家(音楽好きならどなたでも!)

定員 / 制限なし


出演情報

12801289_1200973029931843_5330585217378475662_n

「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」

2016年5月29日 CST飯田橋 (11時〜18時30分)

入場料 無料

多種多様な好きを仕事にされた方の展示、物販、セミナー、トークライブ、ワークショップなどなどが出展されます。私、大瀧冬佳はこちらでダンスショーケースをご披露いたします。なんとバレエでなくペアダンスを考えておりますので、ぜひとも5/29は予定を空けといてください!!


 

 

・「Fuyuka Ohtaki Dance Life」という会社案内の個人版セルフマガジンを4月末発行予定です。欲しい方は無料で送付いたしますので、こちらから件名に「セルフマガジン希望」本文に「氏名」「送付先の住所」「部数」ご記入いただき送ってください。
大瀧冬佳Facebook、Twitter申請、フォローお待ちしています。

大瀧冬佳Facebook申請ください。

バナーを作成

・大瀧冬佳Twitterはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生を想え!

 

あたしのアドレスは何年も前から

mement moriになっている

 

「死を想え」

もともと死生観の強い人間だった

小さい頃から死に怯えていた

いつ死んでもおかしくないと思っていたから

大切な人がいつ殺されてもおかしくない

と思っていたから

だから保険をかけたような生き方は考えたこともない

 

でもね、一周回ってそれでは嫌だ

 

 

今、

生きているから死ねる

生きているから笑える

生きているから食べられる

生きているからあったかい布団で眠れる

生きているから疲れることできる

生きているから悩める

生きているから苦痛を感じられる

生きているから泣ける

生きているから踊れる

生きているから人を好きになれる

生きているから抱きしめられる

生きているからキスができる

生きているから愛せるんだ

 

大切な人を亡くした人の気持ちは

想像することすらはばかられる

なんでか私はどこか欠落してしまったのかもしれないけれど

そこから目を背けてしまうというか

想像を絶する悲しみを抱えている人に

どうにもできない

隣でいつも通りの私で笑っていることしかできない

 

だから私は自分の生を想うことにした

命の限り生を全うする

生きている悦びを全身で受けとめる

 

死を想えは同時に生を思うことである

死を想えないのは死んだように生きているからである

あなたもあたしも今生きている

 

どうせ来る死のその日まで

上を向いて悦びを抱え共に歩いていこう

 

恐れや不安からの想いより

ずっと喜びや愛の想いの方が

大きなパワーを生むと信じている

 

死と生はきっとひとつで

だったら、陽のエネルギーを今生み出せる人は

無理によりそう必要はないと思うの。

陰を思うからこそ陽を生み出していこうよ

 

私にできることはいつだってただ一つ笑顔でいること