10代現役時代からアラサー母ダンサーの食生活の変化

 

 

153㎝38㎏体脂肪率7%

16,7歳で踊り狂ってたころの体重と体脂肪率。でも、ガリガリの印象を持たれたことはなかった。完全にアスリート体型で一番体の自由がきいたころかと思う。

 

1日1食、りんご1個

とにかく太るのが恐怖だったので、1日1食りんご1個丸かじりが基本だった。カルシウム不足で骨粗鬆症になるのはわかっていたけど、それより美の追求が最優先だった。

そんな10代なので、生理がくるのがとても遅く高校二年生の頃。きても不順。

 

アラサー、現在の体重は?

あれから10年の月日を経て、現在もダンサーとして踊っている。ダンサーとして息長く踊っていくためには、10年前のような食生活では到底無理。

現在は46㎏が自分の中のベスト体重で、基本的に体重を計らない。自分の身体感覚で「あ、重くなってきたな」とか「あ、調子いいな」という感覚を大切にしている。体重は全く気にしていない。

 

食事は「美味しい、嬉しい」が大切

あれは食べた方がいい、これは食べない方がいい、こんな食生活がアスリートにはベスト!ダイエットにはこれ!などといった知識も豊富に持ってはいる。

けれども、一番は美味しいと感じられること、身体が嬉しいと感じられる…その感覚を鈍らせないようにしている。

自分の体は自分が一番よく知っている状態がとても大事。

 

あなたの食欲は本当にカラダが欲しているものか

ここまでの話を聞いて、「なんだー!美味しく、ストレスなく食べていいんだ!」と安心された方もいらっしゃるかもしれない。

でも、それであなた欲望のままに食べてきて、太っているんでしょう?それは本当にカラダが欲しているものを食べているのではなくて、頭や目が食べたいものをカラダの声を無視して食べてきた結果だ。

最後に「空腹」という感覚を味わったのはいつ?

習慣的に1日3食食べるのが当たり前といった具合に、空腹とは無縁の生活になっていないだろうか。それが悪いというわけじゃなくて、それだけあなたはカラダの声に鈍感になっているということ。

 

惰性で食べない

私は食べることに対して我慢を一切しなくなった。添加物や化学調味料、外食、糖に脂質…不健康とされるものも含めて食べたいもの、食べたい量、制限せずに食べている。

ただし、どうしても食べたいもの、どうしても食べたい量かどうかの見極めには妥協しない。

体に悪いから完全に我慢するというのも、自分のカラダの声を無視した形と変わらないように私には思えるから。

だいたい、しっかり自分の体に「それ、本当に食べたい??」と問うてみると実際無性に食べたいものって脳が中毒になってるだけだって気付く。

本当に美味しいものを自分の体が望む量と質で食べるのってやってみると全然違うので、添加物よくない!って知識から禁止令だすよりカラダの感覚を大事にしたら自然にカラダって適度に痩せていく。

味覚もかなり敏感になっていく。昆布と鰹節からとってある出汁か、ほんだしかくらい舌でわかるし。きび砂糖の甘さか、味醂か、人工甘味料か、白砂糖か、その違いも自分の舌でわかるようになる。

とんでも情報はそこら中に出回ってるけど、みんなもっと自分の体を信じてあげたらどうだろう?

 

お安く買った野菜を安全に食べるために

 

ズボラだけど安全性にも気をつけたい人

有機野菜!オーガニック!無農薬!なんてこだわれない。気にしすぎて、心配や不安を抱えて食べ物を食べたくないっていうのがある。神経質すぎるのも、私の性に合わない。その中で、神経質になりすぎずできることはやれないかと色々と試行錯誤してきた。

 

生野菜の危険性とその信憑性

となりのトトロに出てくるような、井戸の水で冷やしたキュ

ウリやトマトをそのままバリッとかじるのに憧れる。インターネットで調べれば調べるほど、不安ばかり煽られてその信憑性は定かではないなというのが私の感想だ。今の野菜は昔の野菜と比べて、質量あたりの栄養価が落ちているとか。皮の下に一番野菜の栄養が含まれているけれども、皮に農薬が付いていて安全ではないから剥いたほうがいいとか…もうなんやねん!!!となってくる。専門家ではないけれども、昨今、アレルギーっ子が多い印象がある。それとこれとが関連するのかはわからないけれども。我が家の次男も、アレルギーっ子で色々試した中で、食の改善は体質改善に一番直結した。なので、本当かどうかはわからないけれどもできる限り気をつけていこうというのが我が家の指針である。

 

残留農薬除去に「ホタテのおくりもの」

 

こんなものを使ってみることにした!!野菜に残っている農薬を取り除くらしい。

早速試してみたら…ちょっと衝撃だった↓

水面に浮いている油のような膜や、白い何か…これが残留農薬らしい。

 

使い方は簡単。水(2リットル程度)の中にスプーン一杯入れて溶かす。

 

そこへ野菜を5分から10分浸けるだけ。

 

野菜は普通のスーパーで購入したもの。前は大地を守る会だとか、らでぃっしゅぼうやを試しに利用したことがある。有機野菜の宅配をしてくれるんだけども…いくら安全とはいえ破産しちゃうよ!ということで早々にやめた。野菜は確かに味が濃かったりしてとっても美味しいんだけどね。で、今もやっているけれども家庭菜園でなるべく自分で作るということ。これは今後も継続していくけれど、家族が食べる全てを賄うにはちょっと追いつかないので、やっぱりスーパーで買う必要がある。

 

このホタテのおくりもの、500gと1㎏が売っているのだけど、なぜか1㎏のほうが全然お安い。詰め替え用だからだとは思うけど、計量スプーンと入れ物は他でいくらでも代用できるので、500gと500円ほどしか変わらない1㎏の購入をオススメする。で、一回あたりスプーン一杯しか使わないので、コスパもめっちゃいいんじゃないかと。そして、これはホタテの貝殻を砕いて焼いて作っている天然素材100%のものなのも使用を決めたポイント。

 

この浮いている膜が本当に農薬やワックスや防腐剤なのか…私には調べることはできないけれども、実際なんか浮いているので、これは取り除いて生でバリバリ食べたいなと思う。葉物野菜は時々洗っていて、ぬるっとすることもある。確かに自分で育てた野菜はそんなことはないので、農薬なのかもしれない。

 

私が農薬を取り除く理由

身体能力は神経伝達の正確さと速さのことをいうと思っているからだ。それらを阻害する因子は極力排除したい。私はイチローの体が大好きで、彼の綺麗に整えあげられていて無駄のない動きに圧倒される。動かし方がバレリーナにとても近いと思っていて、野球に関しては無知だけど、彼の動きはよく観察している。筋肉を肥大させないようにきっと心がけているに違いない。他の野球選手の体や使い方、トレーニングをみると本番試合ではとても使えなそうな無駄な筋肉がとても多い。そして、負担になり故障の原因はそこからきているし大変効率が悪い。私がベストだと考えている、ストレッチやコンディショニング、トレーニングは初動の繰り返しとフルコミットを重点的にすることで、神経のオンオフを正確かつ速く細胞に刻み込む練習だ。筋肉は筋が束になったものなのだが、脳からの神経伝達によって、その筋一本一本全てに正確に指令が伝わっていることは少ないと思う。大概、使いやすい筋ばっかり使われていて、それは筋肉が足りないからだと解釈しがち。そして、筋肉量を増やすことばかりのトレーニングを多く見る。

 

それは、私の経験上から全く間違っていて、筋肉は少数精鋭が一番だと思っている。怪我も減るし、怪我したとしても、きめ細かく使い慣らされている筋肉たちなので治りが早い。なので、私は筋トレやストレッチを一切しない。しているとしても、意図が異なる。でも、それをイチローも行なっていてやっぱりそうなんだ!!!と自信になった。バレリーナだと50を過ぎても踊っている、日本を代表するバレリーナ、吉田都さんの体も大好き。私も今27歳で、10年前は17歳でも遅咲きと言われ焦っていたけれどもまだまだこれからの自分の体のほうがずっと希望を持てるし、まだ右肩上がりに体は進化していくと思っているので楽しみである。

 

なので、もちろん三児の母で、家族の健康を預かる身として食の安全を心がけるのもあるけれども、やっぱり自分の可能性をまだまだ潰したくない、むしろ広げるために食に気遣うわけだ。回り回って、子供達の将来にも絶対にいい影響を及ぼすとしか思えないので、いいんですこれで。食べる、寝る、動く…この三つのバランスをとって体は作られるし、表現の極みみたいなところに行き着くには、こうした一つ一つのこだわりって大事だと思ってる。

 

それに、子供も自分も旦那もみんな健康じゃないとやりたいことなんてできないからね。どんなに好きなことができても、誰かが病気だったら楽しめないし、好きなことなんてどうでもよくなってしまうのが私だ。母の末期ガンを看取った経験はやっぱり今も私に大きな影響を及ぼしている。幸せは健康から。

シングルマザーこそ高機能家電を使うべきたった一つの理由

 

 

理由は想像を絶する忙殺レベルの毎日だからだ。もう訳がわからなくなるくらいにとにかく忙しい…。やることがテトリスのようにどんどん積み上がっていき、先伸ばせば辛くなるのは自分。片付けても片付けても終わらないやるべきことに心も体もアップアップしてくる。

 

ん〜…書いているだけで当時を思い出して苦しくなってきた。私自身も1年前まで年子の幼児を育てるシングルマザーをしていた。保育園の送り迎えに仕事に家事に育児に。際限なくやることはあり、家で座ったことがあったか記憶にない。仕事を終え、ひと息つく間も無く保育のお迎えに自転車を走らせ、二人をピックしてから帰宅。家に着くなり「お腹空いた〜!」の大合唱とグズリ、まとわりつく二人をごまかしごまかしご飯を作り、食べさせ、片付け、風呂に入れ、寝かしつける。そして、次の日の朝を迎えてノンストップエンドレス育児である。

 

シングルマザーでなくとも、共働き夫婦でも、これから赤ちゃんを迎える新婚夫婦にも、忙しいキャリアウーマンやサラリーマンの方にも参考になったらいい。自由な時間を少しでも生み出すため家事の時間配分の提案だ。

 

家事はやろうと思えば向き不向きはあるにせよ、誰にでもできる。先日、ホリエモンのツイッターが「保育士誰でもできる」の一言で炎上していたが、その問題は置いておいてホリエモンが「保育士の賃金をあげるには効率化だ」と提唱されていたように「誰にでもできることは効率化が鍵」だと私も思っている。家事の生産性のアップ!をはかること。そして、こうした生活の基礎中の基礎から無駄なことと必要なことをしつこいくらいに一度見直すことで、その他の活動が実にスムーズに行くようになる。昨今の女性には活動が多すぎると思う。就活から始まり、婚活、妊活、保活…などと言った「〇活」。本屋さんに行ってあまりの「○活指南本」の多さにびっくりした。頑張りすぎだろうと。どこまで社会は女性に期待するのだと。もっと楽していいと思う。じゃないと、子供なんて産みたくなくなっちゃう。負担が多い現状と言った意味でも家事の効率化に投資するのをオススメする!

 

あなたが普段していることには以下のパターンがあると思う。

①やりたいこと→趣味や遊び、仕事など(私の場合)

②やりたくないこと→私でなくてもできること(私の場合)

③やりたいけどできないこと→海外公演(私の場合)

④やりたくないけどやらなければならないこと→家事全般(私の場合)

このうち、①ばかりできればいいけれども、そうはいかない。④に仕事が入ってくる人もいるかもしれないし、この区分に何が入っていようが人それぞれで構わないが…なるべくなら①の要素多めで、③の実現に向けて投資ができていて、②や④が極力割合少ない状態が皆理想であると思う。ポイントは②と④の効率化なのだ。忙しすぎると、思考停止で終われるようにただただこなすだけの日常になってしまうから、シングルマザーこそ徹底的に②と④を減らすことが必要だったと今私は心から思っている。

 

家事は代行サービスというものを頼むことができる。しかし、これをパートで回収するには生産性が全然よくない。私も家事代行サービスを利用しようと見積もりをとって数度利用したけれども、家政婦さんの仕事的にも「不満足ではない」程度で痒いところに手が届くほどのサービスは期待できない割に高い。こっちのものをそっちに退けるなど、そう言ったことが私の許可なしではできない決まりなので仕方がない。なので、言われたことはやってくれるけれど、私の代わりになるほどの仕事はしてくれない。そこで、目をつけたのが、高機能家電だ。

 

食洗機やルンバ、圧力IH鍋などなど。機能がてんこ盛り!じゃなくていい。シンプルだけど、自分がいなくてもなるべく自動で仕上げてくれるもの。例えば購入するときは高価かもしれないけれども。その家事に毎日かけている時間分パートをしたら回収できる程度のものだ。昨日の記事にも書いたけど(http://fuyukaohtaki.com/dance/fuyuka-dance-216/)ご飯大事!!なので、「あ〜今日はもう頑張れない、ご飯食べて帰っちゃおう!」って結局惣菜買ったり、外食してしまったりってことがシングルマザーやワーキングマザーは経験があるかもしれない。自分がもっと頑張れば、この無駄をしなくて済んだのに…なんてちょっと自分を責めてしまったりするし。それが、朝、5分かけて食材を切って合わせ調味料まで準備して出発。家に帰ってきたら、鍋に入れてボタン押して放置している間に子供とお風呂にゆっくり入って出てきたらできたての煮込み料理が出来上がっていたらどうだろう??めっちゃいい。

 

私は整理整頓が苦手というか嫌いで、またすぐ使うのに片付ける意味がわからなかった。なぜいちいち片付けるかって、頭のメモリを軽くするためなんですって!それを聞いてから(多少は)私も片付けようと思えるようになった。ここにハサミがしまってあるというのが無意識でもメモライズされたら、「ハサミ」と頭に浮かんだらほぼ何も考えずに手は引き出しにいく…という風に日常の小さなストレスを減らすために片付けるそうだ。私のように、すぐ使うんだから何でも出しっぱなしにしておくと確かにアクション挟まずすぐに手に取れるけれども、「机のこの辺に置いたはず」という脳内メモリはずっと残っているし、数も膨大。それがよくないらしい。

 

本当に年子があっちとこっちで違うことをギャンギャン24時間騒いでいるのを聞いていると生活全体がそんな感じになってしまって、私の脳内パソコンは火を噴きそうになるともう末期だ。そうならないために、④のやりたくないけれどもやらなければならないことは、まず私がやらなくても済むことかどうか、というか本当にどうしてもやらなきゃダメかを吟味して、どうしたらやらなくて済むかを考えて、それでもやらないとならないことは上記の片付けの理論のようにもう考えなくても勝手に手が動くくらいにルーティン化するしかない。

 

家庭をまわすのは、会社経営とさして変わらないかもしれない。家庭も良き方に成長していきたいし、今日も明日も何の変化もない毎日も一つの幸せだけれども③のやりたいけど今はできないことが少しでも夢見れるそんな家庭だったらもっと素敵だと思う。余裕を生み出すこと。効率化って人間の温度を感じない冷たい機械的なものに聞こえることもあるが、これは人間らしい営みにハッキリと輪郭をもたらすためにあるのかもしれない。だから心豊かに生活するためにもっともっとIT化が進んで、人は人にしかできないクリエイティブなことだけして生きていけたらいいなと私は思う。

食べたもので体は作られている、食を制するものは人生を制する!

 

 

 

 

ご飯が美味しいだけでいいんだなって最近よく思う。そして、ひかるくんにも聞く。「ご飯が美味しいのっていいよね」「うん、俺はそれだけでいい」あーよかった、食べ物の好みは真逆だけども価値観は似ている人で。

 

外から帰ってきて、脂ののった秋鮭に湯気が立っている豚汁。シャキシャキのサラダとか。野菜がたくさん入っていて生姜の効いた餃子もいい。あったかご飯に海苔とわさびと醤油もシンプルで美味しい。新鮮な旬の素材に、いい塩梅の塩加減と火にかける時間と温度を間違わなければ、本当に美味しいご飯ができる。調理工程なんてそんなにこだわらなくても、コツさえ掴んで、そして力のある食材を選べば、だいたいご馳走になる。

 

それを「美味しいね」と言い合って食卓を囲む家族がいればそれで満足。私が食にこだわったり、料理が好きなのは、母の影響が大きい。母は小児喘息持ちで子供の頃から体が弱かった。大人になっても、母は季節の変わり目ごとに喘息の発作を起こして、ひどい時は入院もしていた。弟も小児喘息を持っていたから、母は自分のようになってはかわいそうだと家族の健康管理に余念がなく、健康オタクだった。何かと健康情報が日常的に出てくる。自然とそれを聞きながら育ったので、私が献立をたてる時も家族の何気ない会話からだったり、気温などで決めたりしている。

 

例えば、仕事が忙しくて疲れていそうだなって時はレタスと豚肉が入った献立がいいなとか。レタスには睡眠の質を上げる効果があるって母が言っていた。そして、豚肉には疲労回復に効果的。だからセットで取れる冷しゃぶサラダがいいかな。ゴマだれにしたら、飲み過ぎで疲れている肝臓にもいいかな。なんて、考えてご飯を作る。

 

学校や保育園でインフルエンザが流行ってきたと聞けば、生姜や長ネギなど体を温める食材や、免疫を上げる食材をふんだんに。こう言った知識をどこかで勉強した覚えはないけどたくさん知っているのは母のおかげかもしれない。

 

外食の7割が材料費ではなく、手数料である。だったら、家で作ればその手数料分いい食材を使いたい。で、実際そんなにお金はかからず、外で食べるよりも私が作った方が美味しかったりする。節約というと、食費から削る人がいるが、超貧乏を経験した私からすると食費はもっとも削るべきではない項目だと思っている。なぜなら貧乏人にとって唯一の資産は健康な体だから。元気があればなんでもできる!と思うし、体を壊して医療費さらに働けない期間が生まれることを考えると、いいものを(いやせめて体に悪くないものを)とっておくことは何よりの節約になる。貧乏人でなくとも、月々に支払う保険だって病気にならない体なら必要ない。美容にかけるお金も、ビタミンやミネラルをとって、そして化学調味料をなるべく避けていれば肌が荒れることや老化防止にもなる。もっというと、子供の学習能力や家族のメンタル面なども食事によって左右されると私は思う。

 

食費を削ることで、いろんなところに歪みが起きることを考えると…美味しいご飯を食べられていることって本当に幸せなことだと思う。

 

現役バレリーナだった時は過度なダイエットももちろん当たり前に行なっていたからこそそう感じる。

 

今はこれが欲しい!笑

とはいえ、毎日毎日作るのはめんどくさい時もある。産後仕事もしてあれもしてこれもしてでやっぱり忙しくなると後回しにしてしまうものだ。だから、今この時間のたっぷりあるときに、どうしたら家で美味しいご飯を早く安く手軽に作れるか。その研究と準備をすることも、ダンサーであり、母であり、経営者でもある私の仕事だと思ってる。

 

※家事を完璧にやっている主婦っぽくなってしまったけど、私は実は炊事しかしてません。他の家事はひかるくんがやってくれている。私の担当は美味しいご飯を作ることだけです。皿洗いもしません。

バレリーナの食事について〜食べても太らないを目指して〜

 

 

太らない食べ方、食べ物ってあるんでしょうか?

 

現役のころ(15〜18歳)は153㎝で35㎏と、今よりも10㎏もやせていました。もし、食事制限でこういった体重を目指そうと思っているのならあまりにも無謀で効率の悪いことなのでやめた方がいいですよ。

 

なぜなら、あなたが本当に目指したいものは体重でなく、見た目ではないでしょうか??例えば、同じ体重40㎏の人でも見た目が180度違う場合もあります。フレッシュさを欠いてまで目指すにはリスクが高すぎる。

 

現役のころの食事は今では考えられないくらいに質素で、ものすごく制限もしていました。今、もし現役のバレリーナにアドバイスするとしたら、甘いものは控えて、赤身の肉、魚、野菜を食べることをすすめます。乳製品、小麦粉はカットしてほしい。もし、相手がバレリーナであればの話です。

 

しかし、今、私の食事は好きなものを好きな時に好きなだけ食べる。という食生活をおくっています。これのポイントは常識や習慣は無視するということです。一日3食必ず食べるのが健康だという常識、なんでもバランスよく食べるという常識。その一切を疑って、とことん自分の体の声に耳を傾ける。食べたら太るという常識にもとらわれずに行います。すると、自然と食べたいものも、食べたくないもの、食べたい時間、食べたくない時間、体調や気候などにより自分のペースが分かるようになります。

 

ありとあらゆる、食事法、ダイエット法がありますね。そのどれもを私の食事法では通過していきます。きっとどの食事法も一定期間のカラダには正しく、だけど、カラダは常に変化しているので当てはまらないときも生まれるのではないかと思っています。ですので、私はそれを自分の体をつかって実験しています。

 

結果としては、代謝の曲がり角を向かえた現在もとくに体重はキープされ体型も2人出産して胸の形以外は変化なしです。努力はしてません。むしろ甘々です。好きなだけ食べ好きなだけ飲み、時間も深夜の時もありますから。でも、カラダの方が自然とあまり欲しがらなくなったり、季節によっても、月の満ち欠けによっても変わっていきます。そこに柔軟に対応していくと太ることはなくなりました。とびっきり痩せることもありませんが、カラダはすっきり使いやすいです。

 

しかし、もう少しカラダの声を聞きとる精度を高めたく、食べ物と健康について知識を今もたくさん蓄積させているところです。何が正しい、間違っているに囚われず、柔軟にここでシェアできたらなと思っています。

 

 
大瀧冬佳 FB/Instagram

ダンスカンパニーUzme公式サイト

Fuyuka’s Works
舞台イベント講演会コンサルテーション(受付中)

■出演依頼は随時受け付けております。現在は産休中につき出演時期はご相談させていただきます。
お問合せはこちら→http://fuyukaohtaki.com/info/

バレエ作品「瀕死の白鳥」

 

振付/ダンス 大瀧冬佳 (バレエコンテンポラリー/即興)

 

振付/演出/ダンス 大瀧冬佳 (Jazz)

 

■大瀧冬佳 メディア出演

★KeyPageさんにインタビューしていただきました(2017.5.10)
http://keypage.jp/interview/otakifuyuka/

★渋谷クロスFM 加藤望のオトナカワイイ出演させていただきました(2017.5.3)
https://youtu.be/kC5TkzBb9V8

★ネットTV DreamChallenge マジアゲ 出演させていただきました(2017.9.20)
https://freshlive.tv/fabius/154825