家族の多様化、そのとき、私は

 

先日、すごい記事を読んだ。ざっくり説明すると…40代くらいの夫婦とその子供たちという家族の話だったかと思うのだけど。夫婦の間でセックスがなくなってしまい、妻の方がそれに耐えられず夫公認で彼氏を作り…とここまでで結構驚きだが。なんと、その彼氏も一緒に住んでいるというのだ。もちろんその家には夫も子供たちもいる。

夫婦でよくよく話し合った結果、この形に落ち着いているというのだ。

もう一つはドラマの話だけど、Amazon primeで最近見たドラマの中でかなり面白かったので時間のある方はぜひ見てほしい。「僕のヤバイ妻」というドラマ。設定はかなりあり得ない感じだけど、夫婦ってリアルにこんな関係性なんではないかって見終わったあと思ってしまった。嘘がホントになり、ホントが嘘になる。

 

理想の温かい家庭ってなんなのだろう。私の育った家庭は機能不全家庭だったし、父という存在は一体どんなものかよくわかっていない。温かい家庭ってなんなの??私はそれが欲しいなぁとずっと追い求めてきたけど…実のところ何が正解かは分かっていない。だから悩む。

家族みんなが食卓につき、今日の出来事を和気藹々と話したりするのが温かい家庭??

私は理想の家庭という絵に描いたようなものを求めすぎていたようだ。人はそれぞれ違う。形もさまざま。父と息子、父と娘、母と娘、母と息子、父と母。その関係性がイレギュラーなことだってすごくたくさんあるわけで、そのどれもを理想のお父さん、お母さん、子という形に押し込めたらやっぱり歪みやしわ寄せが生まれる。

たぶん、温かい理想の家庭を目指すことがそもそもの間違いなのだ。私たちの形を作っていくのだろう。柔軟性が必要で、どこかのみんなにいい家庭だねっていわれる…そういう形を目指すんじゃなくて、誰にも理解されなくても私たちだけの形を目指していくことが家庭を築くってことなんじゃないだろうか。

 

私たち家族も模索中だ。また新しい家族を迎えて変化が訪れ試行錯誤が始まった。私はとっても大きな幸せを夫からもらいつつ、でも私にこんな寂しい想いをさせられるのも夫だけだ。だって誰より好きで誰より一緒に居たいって思う人だから。自分が生んだ子供なら、自分が腹を痛めた子なので大概のことでは切れることのない絆があると思うのだ。ただ、夫は違う。他人だから誰よりも離れたくないと強く願うのだ。子供には願う必要がそもそもあまりない。

いろいろなことがあるけど、ちゃんと向き合って乗り越えたいなと思う。理屈じゃない、頭でどうにかできるようなことじゃない。だからこそ答えがなく、難しい問題なのだけど、でも私を何があっても離さないで欲しいって思う。

彼氏を作って一緒に住んでるような家庭もあるのだ。その柔軟性を見習いたい。いや、問題が全然違うので私は彼氏を作ったりはしないけど笑

結婚の形もずっともっと人の数だけあってもおかしくないのかもしれない。自分たちの形を見つけるのだ。

 

愛されるばかりが能じゃないだろう。

さあ、見つけるんだぼくたちのホーム。

第三子出産しました

 

2018.2.18 pm0:12 3,196gの男の子を出産しました

待ちに待って…三男とようやくご対面できました。やっぱり、とっても嬉しい。本当に幸せだなと思う瞬間だ。生まれて来てよかったって思うし、生まれて来てくれてありがとうって心から思う。

私は貪欲で、向上心と好奇心の塊みたいな人間だけども、赤ちゃんを眺めているともうこの先何も望まなくても今この腕の中に全てを抱いている気がして、満たされているのがわかる。世界で一番大好きな人との間に、これからもこの子たちの一つ一つの成長の喜びを共有していけるのって幸せだ。一時、シングルマザーで子二人を私一人で育てていたから尚のことそう感じる。共有できる相手がいるっていうのは幸せなこと。

 

なんて、言っているけど…実は我が子の誕生でちっとも泣きもしなかった私たち夫婦。

陣痛が始まり病院に駆け込んだ午前5時。ちょうど隣の分娩室では、今生まれる!!という妊婦さんがいらっしゃり、私たちは壁越しに固唾を飲んで見守っていた。1時間くらい息んでようやく生まれた他人の赤ちゃんの誕生に隣室で感極まって二人で号泣してしまった。一時帰宅を促され、私たちは早朝ただただ他人の出産に立ち会うためだけに病院にいった感じになってしまった。

帰ってすぐに本陣痛に発展したので、その5時間後に我が子は誕生したわけだけども、感動よりも安堵の方が大きくて「よかった、無事だ…」と呆然としていた笑

 

もちろん相当に可愛くて、じわじわと喜びが湧き出てくる。でも、第三者として立ち会った他人の出産は本当に感動的だった。

 

三人の母になってみて

一人目の出産のときとは大分気構えも変わった。一人目出産時はまだ私は20才になったばかりだった。8年経った今、色々思うことがあり、それを自分のために書いておきたいなと思う。

長男を産んだとき、私は母を亡くした直後だった。20才までの人生は散々だったから、その若さにしては人生に疲れ果てていた。でも長男を産んで私はあれほど生まれてきてよかったと思ったことはなかったし、こんなに幸せな気持ちになることがあるなんて知らなかった。宝だと思った。可愛くて可愛くて仕方なくて、この子のために私頑張ろうと思えた。あの頃の私は全精力を長男に注ぎ、パーフェクトな子育てを知らず知らずのうちに目指していたのだと思う。もうオキシトシンがブワッと止まらなくて、赤ちゃん命で頑張ってた。

それから、すぐに二人目を身ごもり、怒涛の子育てと離婚とか何やらを嵐のごとくこなしたココ7年。

今回の妊娠出産は自分の経験値が上がっているからか、サポーターがたくさんいるこの環境からか…もう楽でしかない。考えられないくらい自分に余裕があるのがわかる。そして、赤ちゃんが生まれてからもちろん可愛いとは思うけれども、長男の時のような頭がおかしくなりそうなほどの愛情は湧いてこない。冷静に可愛いと思えて、「この子は私が守らなきゃ!!!!」とか「絶対に幸せにしたい!!!」みたいなのがない。そして狂おしいほどに子に愛情を注ぎ続けるとある日疲弊している自分に気がつくんだよね。反動がやってくるというか、全体的にアップダウンが激しくて疲れてくる。

そんなことを長男次男で経験して、三男誕生して病室でボッーっと考えていると…あぁ、今ならもっと自然な愛情が二人にも注げるようになってるのかもなんて思った。あの頃の私は必死でいいお母さんになろうとしていた。若くても、シングルでも、お金がなくてもちゃんと育てるんだ!!!と頑張っていた。あれ以上は無理だったのはわかるけど、今のこの余裕のある私が振り返ると二人には申し訳なかったと後悔もある。もっと抱きしめてあげたかったなとか、赤ちゃんの顔を眺めながら、なぜか上二人のことを考えていた。

まぁ、どうしたって時間は巻き戻らないから今これから二人の接し方を改めればいい。

今もこの余裕は経済的な不安がないのもかなり大きい。男の人にちゃんと守られているっていう感覚が女にとって子育てするにあたり何より大事なのかもしれない。ひかるくん(夫)がちゃんと守ってくれているっていう信頼が私の余裕を作っている。

三人の母になってみて「愛情」とか「愛着」というものをまた違ったものとして感じている。子供が一人増えたことで、母として落ち着いたというか、愛情に激しさがなくなり静かで穏やかに構えられるようになった気がする(今は)これは、生後間もない今だけかもしれないが。間違っても男三兄弟のお母さんが穏やかに見えたことはない。どんな生活が始まるか楽しみだ。

 

子どもの「なぜ何」を潰さないように…

 

自分で考えられなくなった原因

それはもしかして、問題を与えられることに慣れすぎたからではないか。

小学校から大学生までは問題をクイズのように出してもらえるわけだけども、大人になると、問題からして何が問題かを考えなきゃいけない。だから、出題してくれる人がいないと解くという習慣ももちろんなくなるので、必然と考える時がなくなる。

 

問題意識をもつこと

何が問題か、課題は何か。

対処法じゃなくて、根本的に何が問題かを考えること。常に何か問題はないかという目をもつことを問題意識をもつという。しかも「お金がないなー」っていう漠然とした問題で終わらず、その問題をクリアできるまで細かくすることが意外と大事。

それにはトヨタで有名な話で、「なぜ」を5回問いかけるといいと聞いたことがある。

 

例)「お金がない」→「なぜ?」→「収入が少ないから」→「なぜ?」→「給料の安い会社で働いているから」→「なぜ?」→「そこしか受からなかったから」→「なぜ?」→「…。」

 

架空の人物になりきって考えてみたけど、なぜか私も辛くなってきました。最後は口を閉ざしてしまったけれども。なぜ?と聞かれるたびに、「いや、まじで、なんでこんな安い給料の会社で働いているんだろう、俺」みたいになって、選択肢が浮かんでくると思う。「そこしか受からなかったからってなんでそこにずっといるだけで、何かしていないんだろう」ってなるし、「あれ、もしかしてできることはまだまだあるんじゃないのか」となってくる。

問題を突きつけられると、しんどさはそりゃある。でも、問題意識を持ってみないと解決には一歩も近づけないのだ。

 

例)「結婚できない」→「なぜ?」→「出会いがないから」→「なぜ?」→「毎日同じ場所、同じ人にしか会ってないから」→「なぜ?」→「新しい場所に行く時間やお金の余裕がないから」→「なぜ?」→「….。」

 

うん…できることはめっちゃあるよね。

 

そんな感じで考える癖を持っていれば、割と人生は思い通りになる。

 

それって辛くないですか??

辛いのであれば、これを言ったら元も子もないけれども…あなたにとってそれは大した問題ではないということだ。悩み続けたいってことではないかと思う。それが趣味。

思うのは、もっと子どものように無邪気に問題が解けることや、できなかったことができること、わからなかったことがわかること、を楽しむ心を思い出したらいいと思うのだ。きっとみんな昔はそうだった。長い年月を経て、ただ単純に問題は誰かが出してくれるということに慣れてしまっただけだ。

子どもを育てていると、時々鬱陶しく感じてしまうくらい「なんで?」「どうして?」攻撃をすごく受ける。質問は大抵、難解なもので…「もう!わからないよ!!!」ってサジ投げたくなるものばかり。世界の全てに興味を持っていて羨ましいなと思う。そして、世界を見る解像度が高いというか…私たち大人は随分と俯瞰的にものを見ることに慣れてしまっているんだなと気づかされる。

で、なんだか「できないこと」「わからないこと」って全然恥ずかしいことでも、ダメなことでもないんだなと思い知らされる。

上記の例にあげた「お金がない」「結婚できない」そのできない理由を自分で考えなきゃいけない時に辛くなるのは、「できないことはだめ!恥ずかしい!」っていう思い込みがあるからなのであって、子供からしたら面白い教材でしかない。

もうだからね、楽しんじゃえばいい。

「え〜まじか〜なんで俺こんなに金ねーの?月末までまだ2週間あるじゃん、ていうか、なんで会社からしかお金もらえないって思ってんの?」ゲームにしてしまえばいいのだ。

 

子どもの「なぜ何」を潰さないように

子どもの「なぜ何」っていう意識は宝なのだ。うちの上二人の子どもは小学生になったところで、これから義務教育に突入して行く。学校教育がよくない!そのせいで量産型の人間しか育たなくなっているんだ!って反抗するよりも、私はこの中でも何か面白い人間を育てられないかと考えている。フリースクールのような所に行かせることも結構真面目に考えた時期もあった。でもね、できることはそれこそ「なぜ」を 5回繰り返すとたくさん出てくる。

まず、第一歩めは、子どもの「なぜ何」を潰さないことだ。

 

やっておきたい産後ケア

 

 

やってよかった産後ケア

最近は「バースプラン」というものを決めさせてくれる。バースプランっていうのは、陣痛時や出産時、産後にやりたいことややってほしくないことを予め計画してオーダーするためのもの。

 

・産後すぐに骨盤を晒しで締めて欲しい

 

をお願いしてみると良い!これは産んでみるとわかるけど、出産直後って、骨盤が頼りないというかグラグラして生まれたての子鹿みたいになる。産道を胎児の頭が通ったことにより左右対称の歪みのない状態になっている。出産直後はまだ靭帯も筋肉も緩みきった状態なので、晒しでサポートして、骨盤のポジションを筋肉や靭帯が戻るまでキープできるとよい。

 

産後0日目はゆっくり休むこと。

出産直後はハイになりがちで、眠れない人もいるけど携帯などは見ないようにしてとにかく寝ること。

 

産後1日目から深い呼吸をして横隔膜で体内をマッサージするように、徐々に体を動かしていく。足首を回してみる。

 

産後2日目くらいから私は骨盤底筋群を収縮→弛緩を繰り返す運動を始めた。産後はやったことはないけれどもボクシングを10Rまで戦いきったような疲労困憊ぶりで、体のあちらこちらが痛む。「産褥体操」をしっかりやってみて、産後の戻りは効果覿面だった。陣痛の痛みに耐えるのに、ふだん考えられないくらい筋肉に長時間力が入り続けたり、お股やお腹に関しては筋肉の繊維が断裂したりとダメージを負うので本当に入院中はゆっくり休んだ方がいい。

 

産褥体操を行うことで、血中の酸素濃度をあげて回復を早める、血液の循環をよくすることで疲労物質などを流すなど、ケアはとっても重要だと思う。

 

産褥期に無理をしないこと

お産後、6〜8週間を産褥期という。この期間は赤ちゃんの世話だけをして、赤ちゃんと一緒に寝起きをするくらいの生活がベストだった。私の2回目のお産は上の子がまだ1才半だったので産後1週間くらいから通常営業で動くしかなかったし、当時21才だったので動けてしまった。すると、子宮や骨盤底筋や、主に婦人系の臓器の戻りが最初のお産よりグッと悪く、PMSにも相当悩まされた。

産褥期に無理をするとPMSや更年期が酷くなるという医学的な根拠はないとされているけど、休めるなら1ヵ月はゆっくり休もこと。

 

子宮はみぞおち付近まで大きくなったものが鶏卵の大きさまで小さく戻る。

骨盤底筋群のみならず骨盤の中の筋肉や靭帯も伸びて緩まってしまている。靭帯は関節で骨と骨を結ぶ紐のようなものと理解してもらって、それがゆるゆるな状態で、重いものを持ったり、無理をすると、回復が遅れたり、子宮や内臓も下がってきてしまう。

広がりすぎて、繊維が切れていたり、神経が切れていたりするものが回復するのを待つこと。

 

私の育児が楽だった理由

これは個人差がかなりあり、受け手によってはプレッシャーになりかねないので、必要だと思った人だけ読んで欲しい。私の育児が楽だったのは「完全母乳」で「おむつなし育児」だったから。

 

難しい完全母乳、諦める前に試してみて欲しいヒント集

・出が悪い

・乳腺炎になってしまった

・乳首が切れてしまった

・授乳が苦痛

・食事制限が辛い

・働きながら育てたい

など様々な理由から完全母乳ではなく、混合やミルクで育てられるかと思う。完全母乳信者ではないので大前提に子育てはそれぞれのやり方で自分が納得していることが一番だと思う。

 

私はたまたま遺伝的にとても出の良いおっぱいだったのかもしれないが、それでも完母希望のママに知って欲しいのは、「桶谷式の母乳育児」母乳育児の概念が変わったし、ここへ行ってから、本当に育児が楽しく楽になった。

 

・乳児湿疹が酷い

・おっぱいが詰まる

・おっぱいが痛い

・赤ちゃんが飲んでくれない

・夜泣きが酷い

 

それらが桶谷式の助産師さんの言っていることを守っただけで母乳の質がよくなったのか、全てが丸っと解決した。

おっぱいがカチカチに熱く張っていたのも治り、今まではおっぱいにたくさん在庫が残っている状態だったのが、赤ちゃんが乳首を咥えた瞬間に生産される受注生産方式のおっぱいに変わった。作られたばかりの新鮮なサラサラのおっぱいを赤ちゃんが飲む。そして、一回の生産される量が、授乳を繰り返すたびに、赤ちゃんの欲しい量とぴったしリンクしてくることに生命の神秘を感じた。

私の骨盤や子宮、授乳をすることでどんどん回復していく。これは授乳によってそういうホルモンが出るからだ。

 

その代わり…桶谷式は食事制限が厳しい。でも、ここだけなんだ。頑張るのは。そして、その食事制限って言ってみれば質素な精進料理のようなもので、授乳関係なくこの内容の食事を続けていれば健康になっていく。し、砂糖の中毒症状、小麦の中毒症状をこの時期に抜いてしまえば自分の体もかなり楽になる。

 

おっぱいは、血液でできていて、ママの食べたご飯にダイレクトに影響される。で、ちょっとシュークリームを食べただけで黄色いドロッとしたおっぱいに変わり、うちの子はまずいおっぱいになると乳首を噛んで怒ったりプイッと口から出して飲んでくれなかったりした。質のいいおっぱいの時は、青白くてサラサラ。自分で味見してみなさいって助産師さんに言われて最初は抵抗があったんだけど、味見してみたら、びっくりするくらい味が違うんだ。

乳製品、砂糖、小麦、肉、アルコール、などを食べた時っておっぱいが臭い。和食中心、まごはやさしい(豆、ごま、わかめ、野菜、しいたけ、芋)を食べて作られるおっぱいってほのかに甘みがあってスッキリして美味しい。粉ミルクはまた変わった味がした。これについての是非は私は言わないけど。

 

とにかく、私自身はダンサーで体が資本で、体オタク、健康オタクなこともあって、食事制限はそこまで辛くなかったし、授乳を通して赤ちゃんとコミュニケーションを取っている至福の時間のようですごく楽しかった。だけど特筆しておきたいのは、私が好きでこうして育てただけであって、完全母乳じゃないからダメなお母さんだとか、愛情がないってことでは断じてないので、そこだけ注意してください。ただ、もし完全母乳に興味があるならば、これって産婦人科で教えてもらえることじゃないし、両親学級に出ても母乳のことって知らないままいきなりノンストップの孤独な育児が始まってしまうんだよね。そして、悩むママが多い。なので、私の経験を書いてみた。

 

赤ちゃんにどうやって乳首を咥えさせるか、飲ませ方から私は間違ってやっていた。突起になっている乳首の部分を咥えさせるのではなくて、乳輪が見えなくなるくらいにカプッと咥えさせるのが正解。そのように咥えさせてあげると赤ちゃんは吸い方を知ってちゃんと生まれてきていて、ギュンギュンギュンギュン上手に母乳を飲むんだよね。感動だった。

そんな風に全てのことにおいて、初心者マークのママたちがおっぱいカンカンに腫らせて、出産のあの痛みを耐えたにも関わらず、実は産後の方が色々痛いこと多かったりして…泣きたくなるよね。そんなことがないように、ぜひ参考にしてみて欲しい。パパ達もきっと未知の世界だと思う。母子だけの神聖な世界に入ってしまってパパ

出番なしみたいな寂しい思いをするパパも少なくないかもしれない。

 

私は完全母乳だったけど、保育園に預けて働いていたし、一人で出かけることもしてた。ママのおっぱいが安定してくると、自由自在に授乳1回分のおっぱいを搾乳できるようになる。これも、搾乳器なんか使わないでも、手で簡単に絞れるようになる。(桶谷式の人にやり方を教えてもらった)冷凍保存パックにいれて保存しておいて、飲ませたいときに湯煎で解凍し哺乳瓶でパパでも与えられるようになる。

ママがちょっと授乳中だけどちょっと飲みに行きたいなって時もそれで、代用し、お酒をなんだ後の母乳は搾乳して捨てればいい。そんな感じでストレスフリーで子育てを楽しみたい!

 

おむつなし育児ってなんなんだ

私も最初、この本を書店でみたとき驚愕した。

これをやってよかったのは、息子とすごく繋がれた気がしたこと。排泄を通して、話せない、ただ泣いて眠って出すだけの赤ちゃんが何をしたいのか察せられるようになったのが本当に楽しかった。それから赤ちゃんの機嫌が良い。おむつ代がかからない。よって、おむつは0才10ヵ月でとれていた。

そういったメリットもさることながら、一番は健やかな感じが良いよね。

紙オムツが当たり前の中で、布オムツはどころか、おむつなしで育てているなんて外からの目も結構訝しげにみられたりして大変だった。

 

でもね、赤ちゃんをよーく観察していると、いつおしっこしたいのかのサインを出してくれていることに気がつくの。それがわかって、トイレで「シーだよ、シーシー」って声をかけると二ヶ月の赤ちゃんでもトイレにおしっこをするんだよね。それって意思疎通ができたみたいでとても嬉しくない?

それを何度か繰り返していると、トイレに連れて行って、声をかけただけで、おしっこしてくれるようになるし赤ちゃんはとっても気持ち良さそうにするんだ。それで、楽しくて楽しくてハマってしまった。気づいたらオムツは外れていた。

やっぱり、汚れたオムツがお尻に触れているって超絶不快だよね。それは赤ちゃんも一緒なんだ。馬鹿らしいけれども、自分もオムツに排泄してみて、それをつけてみたら苦痛でしかなかった。トイレで排泄できるのって気持ちがいいことなんだなって当たり前のことを知った。

 

でも、今でこそ、オムツなし育児なんておかしい感じがするけれども、昔はそうやって育てていたみたい。

 

野生にかえりたい(笑)

人間の生物としての機能がだんだんと衰えている気がする。野生的な勘や本能、本来備わっている自分の能力を使ってパフォーマンスをよくするのが私の楽しみというか人生のテーマの一つみたいなところもある。生きとし生けるものというか、自分という命そのものにもっと自信を持った方がいいと思うんだ。情報や他人の目に惑わされるのは、自分の感覚に従うとか委ねるってことを忘れてしまったからじゃないかと思う。

命の営みとでもいうか、そもそもこのままで私たちは何も持たずに裸でこの世に生まれてきたわけで、生まれたてほやほやの新生児の姿ってなんてパーフェクトで美しいのだろうって涙が出る…誰もがみんなそうして生まれてきた。

なんだか、もっと!もっと!と欠けてるものを補い、さらに先へと何かを求め続けていたけれども、私は「自分に回帰していく」って感覚が子供を産んでから始まった感じがする。

 
I want to dance in NY.
Be sure to watch this dance movie.

My facebook→Fuyuka ohtaki

(Please, give me a massage.)

 

大瀧冬佳プライベートレッスンの受付始めました。
※12・1月の予約申し込み受付してます!!!お日にちお時間ご希望にそえます。場所は東京都あきる野市内です。

はじめての方へ(プライベートレッスン)

・単発なら、1時間3,500円

・週一月4回なら、4回で10,000円

でお受けさせていただきます!(全て税込です)
内容はヨガときっかり限定しておらず、ヨガやバレエ、ピラティス、古武術、などなど混ざったものをプライベートレッスンなのでオーダーメイドでレッスン内容組み立てさせてもらってます!

目的に合わせて、リフレクソロジーやメディテーションやカウンセリングや座学なども人によっては相談して組みこまさせてもらってますm(_ _)m

初回申込フォーム→https://goo.gl/forms/OzlljhUwq0nUZjTe2

2回目以降のご予約→https://goo.gl/forms/x7ABpwfgoNmSgXOb2

【年末年始のレッスンご予約について】
12/30~1/8年末年始のおやすみいただきます。

【産休について】
2/2までレッスンのご予約承ります。
お産はいつ始まるかわからず、急遽中止になる可能性も1月後半以降なくはないことをご了承ください。


■大瀧冬佳監修 「カラダの教科書vol.1~2」販売中

・1冊 ¥3,160-.(税、送料込み)
・PDF版 ¥1,360-.(税込)

https://onlineballet.thebase.in/

解剖学の知識を実際にダンスに応用できるまで考えておられるすばらしい内容だと思いました。
また積極的に世に発信しておられる活動も素晴らしいと思いました。是非頑張ってください!(アレクサンダーテクニーク講師の方よりご感想)
他、ダンスカンパニーUzmeの旗揚げ公演「Mao」のオリジナルサウンドトラック全11曲を収録したアルバムも残りわずかですが販売しております。

朝活オンラインでヨガができます

こちらは参加費月額300円で毎日受け放題です!

運動難易度は妊婦でもできるレベルの易しめ

日頃の運動不足を解消したい人におすすめです。

また、朝早起きして体を動かし日の出の光を浴びると

一日とてもパワフルにおくれます!!!

エネルギッシュに毎日を過ごしたい人もぜひお気軽にご参加ください。

朝オンラインヨガ


■【大瀧冬佳*来年の公演予定】

2018年5月   大瀧冬佳ソロ公演開催予定(スタッフ募集中)
2018年6月末  UzmeArtFes開催予定(一般参加者募集中
2018年11月 東京公演開催予定

お問合せ、ご質問随時歓迎

 
 

産むたびに綺麗になる骨盤の話

 

骨盤はそんなに開きません

開いた骨盤を閉じて産前の体型に戻す骨盤矯正とかぶっちゃけ意味がわかりません。

これ、どういうことなのか、教えて欲しいくらい。根拠を言え!!!

 

ちなみに皆さんは、出産で骨盤が開くってどんなイメージですか。一体骨盤のどこが開くと思っていますか。そして、それは何センチくらいだと思いますか。

 

仙骨と腸骨の間は関節なので可動するけれども、隙間があいて、仙骨から腸骨が離れていってしまうような動きはしません。出産時には胎児の頭が骨盤に降り始めてきたときに、腸骨に挟まれている仙骨が胎児の頭を迎えて送り出すというよりも受動的に動く関節なので、赤ちゃんがただ通っていくことで、仙骨は動きます。しかも、その可動はわずか2㎜。角度も確か最大2度。

といったわずかなもの。

 

それよりも恥骨は最大9㎜開きます。陣痛も後半戦に差し掛かると恥骨をハンマーで殴られ続けているような痛みが走り出しますよね。もはや工事現場!現場は恥骨で起きている。間違った、事件!事件!

 

なんだか「開いた骨盤を閉じる骨盤矯正」って横に開いたものを細くギュっと閉めてもらうようなイメージを抱いていませんでしたか?でも骨盤って、ものすごい量のホルモンが出て骨盤の靭帯を緩めてやっと数ミリ広がるものなんですよね。しかも赤ちゃんには10t以上の負荷がかかって生まれてくるそうです。相当な力でこじ開けて生まれてくるんですね。で、産後は逆に元に戻すためのホルモンがモリモリ出るので、なんというか、外側からの人間の力で人間の体がどうにかなるようには思えないって私は思います。

どちらかというと、開くのは恥骨です。最大9㎜

 

じゃあ、この産後太りは一体なんなのよ!

って思いますよね。

 

 

ズバリ、筋肉がないからです。以上。

 

「ない」ってなんだよ!どうしたらいいんだよ!

ないというのは、

・筋肉量

・コントロール力

・神経伝達力

・脳と筋肉の連動性

・柔軟性

そういったものがないということです。

 

どうしたらいいのか、私はまずはプリエをやります。重心をくるぶしの上に置いて、脚の力を外回りの螺旋状に使っていきます、股関節から。膝頭は足指の特に人差し指をめがけて膝を屈伸するのがプリエです。ただの屈伸なんですが、形ができればいいってものじゃないので、マンツーマンで教えてます。

 

これを間違いなく行うことで、お尻の外からムキっと使っているのが見える筋肉ではなく、内側に大腿骨ともくっついている筋肉を使えるようになるのです。それ以外にも、足裏から、スネの骨ぞいの筋肉と、太ももの内側の筋肉を使い、さらに骨盤底筋群を使い、そこから骨盤の中を通り、背骨の腰やその上の背骨に内側から繋がる筋肉までも使い、(説明が面倒臭くなってきたけど)頭のてっぺんまで繋がるんですね。

 

骨盤矯正って本来そういうものだと私は思います。

 

骨は(想像よりもみずみずしくはあるけど)物体ですよね。その形から動きはありません。骨と骨が関節で靭帯によって結合されていて、筋肉が縮むことにより、動きは関節で生まれるわけです。

 

ならば、筋肉が微細に連動して無意識の中で使える体が望ましく、矯正すべきは骨である骨盤ではないような気がしてきませんか。

 

そして、私が教えたところで、あなたの体を動かすのはあなたなので、自分で体を整えるのが正解だと思います。そして、意外にも簡単に体は変わっていきます。邪魔しているのはあなたの思考です。思い込みです。それを解くのが私のレッスンだと思っています。(って、これは宣伝ではありません。もうじき予約受付終了するので)

 

と、いうわけで、私も三人目の出産が楽しみです。実際に骨盤は出産時にどういう動きをするのかを自分の体を観察することに意識を集中させて陣痛を乗り切ろうと思います!また、書きます。それでは。

 

 
大瀧冬佳プライベートレッスンの受付始めました。
※12・1月の予約申し込み受付してます!!!お日にちお時間ご希望にそえます。場所は東京都あきる野市内です。

はじめての方へ(プライベートレッスン)

・単発なら、1時間3,500円

・週一月4回なら、4回で10,000円

でお受けさせていただきます!(全て税込です)
内容はヨガときっかり限定しておらず、ヨガやバレエ、ピラティス、古武術、などなど混ざったものをプライベートレッスンなのでオーダーメイドでレッスン内容組み立てさせてもらってます!

目的に合わせて、リフレクソロジーやメディテーションやカウンセリングや座学なども人によっては相談して組みこまさせてもらってますm(_ _)m

初回申込フォーム→https://goo.gl/forms/OzlljhUwq0nUZjTe2

2回目以降のご予約→https://goo.gl/forms/x7ABpwfgoNmSgXOb2

【年末年始のレッスンご予約について】
12/30~1/8年末年始のおやすみいただきます。

【産休について】
2/2までレッスンのご予約承ります。
お産はいつ始まるかわからず、急遽中止になる可能性も1月後半以降なくはないことをご了承ください。


■大瀧冬佳監修 「カラダの教科書vol.1~2」販売中

・1冊 ¥3,160-.(税、送料込み)
・PDF版 ¥1,360-.(税込)

https://onlineballet.thebase.in/

解剖学の知識を実際にダンスに応用できるまで考えておられるすばらしい内容だと思いました。
また積極的に世に発信しておられる活動も素晴らしいと思いました。是非頑張ってください!(アレクサンダーテクニーク講師の方よりご感想)
他、ダンスカンパニーUzmeの旗揚げ公演「Mao」のオリジナルサウンドトラック全11曲を収録したアルバムも残りわずかですが販売しております。

朝活オンラインでヨガができます

こちらは参加費月額300円で毎日受け放題です!

運動難易度は妊婦でもできるレベルの易しめ

日頃の運動不足を解消したい人におすすめです。

また、朝早起きして体を動かし日の出の光を浴びると

一日とてもパワフルにおくれます!!!

エネルギッシュに毎日を過ごしたい人もぜひお気軽にご参加ください。

朝オンラインヨガ


■【大瀧冬佳*来年の公演予定】

2018年5月   大瀧冬佳ソロ公演開催予定(スタッフ募集中)
2018年6月末  UzmeArtFes開催予定(一般参加者募集中
2018年11月 東京公演開催予定

お問合せ、ご質問随時歓迎

 

何も与えないという子育て

 

何でも与える?何も与えない??その弊害とメリット

これって子育てに限らずなので、子供のいない方にも何か考えるきっかけになるかと思うのですが。

与えられてばかりの環境にい続けるのと、自分で取りに行かないと掴めない環境にいるのでは出来上がる人間がものすごく変わるなと思うんです。

 

価値観っていろんな場面で出てくる言葉ですが、大きくこの人とは違うなって感じるのって、私はここじゃないかなと感じます。

 

「意欲と関心と興味」

何に意欲関心興味を持つかはそれぞれとして、どれくらい意欲関心を持って生きているかっていう絶対値が根本的に変わる気がするんです。

 

苦労は買ってでもしろの本当の意味

若いうちは苦労は買ってでもしろって昔の人がよくいうじゃないですか。いや、苦労なんてないならない方がいいわ!って最近よく聞きます。努力なんていらない!好きなこと!ワクワクすることを!って。

 

でもね、何だか素敵な動機の割に意欲が足りないというか、胆力とでもいうのでしょうか…やたら軽く感じます。薄い、浅い、軽い…楽しいことしている割に、見ないふりしてるけど、不完全燃焼感が人生に残りそうな…。

 

あ…まず、今回の話で、大前提にどっちがいいとか悪いとかの話ではないですからね!

 

どこにでも行けすぎると、どこにも人は行けなくなりませんか。

お腹がいっぱいだと本当に食べたいものは何かわからなくなりませんか。

時間がいっぱいあると思うと結局何もしないで一日が終わったりしませんか。

 

…それが苦労は買ってでもしろの本当の意味なのではないかと思います。

 

自分が本当にしたいことを知っていること

苦労は買ってでもしろの本当の意味は、「自分が本当にしたいこと」を知るためではないでしょうか。

他には

「自分が本当にいたい場所」

「自分が本当に会いたい人」

を自分がちゃんとわかっているかどうかって人生の充実度に深く関わります。

 

そして、もう一つ考えられるのは、苦労や困難をくぐり抜けた場数がその人の肥やしになります。そして、「なんとかなる!」を知ることができるんです。

 

人生を楽しく生きるためには

・自分が本当にしたいこと

・なんとかなる

この二つを知っているととても生きやすくなると思うんです。

悩みの99%は解決するのではないでしょうか。

 

苦労はエネルギーの絶対値を増やすドーピングのようなもの

エネルギーという漠然とした言葉を使いましたが、ここでは異常なほどの行動量でどんどん世界を変えていく人をイメージしてください。

例えば、ホリエモンさんや、映画監督の紀里谷さん、ソフトバンクの孫正義さんなどなど。

 

「なんで15才で渡米したの?」の質問に対して紀里谷さんは以下のように答えてます。

僕からすると、逆にどうしてみなさんはそう思わないのか?ってことなんです。

結局、人間というのは、周囲の環境から色々なものを提案されて生きて行く。そのほとんどが同調圧力とか集団的価値観で、本来の野生は失われ、身動きが取れなくなってゆく。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/22/kiriya%20interview_a_23158043/

 

それから、サッカー選手の本田圭佑選手やスティーブ・ジョブズ、私もなのですが、ホリエモンも…他人からしたら、駆り立てられてる感に近いくらいの尋常じゃないパワーを出力するんですよね。

http://it-rush.com/honda-keisuke-horiemon-stevejobs

 

それは一体、何が彼らを動かしているのか。究極的には何をするかやどうやってそれをするかも大事ではありますが、常軌を逸脱したエネルギー量(行動量)で取り組み続けると確実に質を凌駕するし、結果は出るし、達成や成功をしないわけがないんですよ。むしろ、本人たちは結果よりもずっとその先を見ていたりしますね。

 

「自分を動かすものはなんですか。動かさなければならないものはなんですか。」というのが私の主宰するカンパニーのスローガンなのですが、このエネルギーの絶対値は何かを変えたかったら確実に必要な気がするんです。で、その命の輝きみたいなものに人って集まってくる気がします。

 

そこで、「苦労」や「困難」これらはエネルギーを爆発的に増やすのには劇薬のようなものだと思います。抑圧や不足、不満、などによって、肚の底にエネルギーがパンパンに圧縮されてたまるんですよね。それがもう限界だと圧力鍋が爆発するみたいに動いているのが、上記にあげた方々のような生き方なのではないかと思います。

 

ね?それがいいとか悪いっていう話ではないでしょう??

 

そもそもやるかやらないかっていう悩みが理解できない

私には全く理解できないのが、やるかやらないかっていう悩みです。やる一択で、考えたことがない。どうやるのかを人に聞いたこともない。すでにやっているから。

「意欲・関心・興味」が根本的に違う。もはや宿命、執念、使命とかって言葉の方がずっとしっくりきます。

 

そこまで激しくなくてもいいけれども、何がしたいのか迷走したまま、ぽへ〜ッと生きるのはどうなのか。いまだにわからない。それはその人の人生で、たとえ我が子でも、それはそれなんですよね。

 

うちの子供は、あるのが当たり前の中で生きています。創意工夫して、何かを生み出すという面白さをまだ知りません。

何も与えないという子育てをしてみたらどうなるんだろうね?って昨夜ひかるくんと話し合ってみたけれども、やっぱり全然わからなかったです。

 

答えなんてないのはわかっているけれども、できるならば面白い大人になってほしいよね。その他大勢の自分の考えや意見や感じ方を持っていない大人にはなってほしくないよね!ってことで、私たちも創意工夫です。

 

皆さんは自分自身や、また子供がいるなら、どう思いますか?

I want to dance in NY.
Be sure to watch this dance movie.

My facebook→Fuyuka ohtaki

(Please, give me a massage.)

 

子供一人につき2,000万円もみんな貯めているのですか?貯める必要を考えてみる

 

子供が小さいうちにお金は貯めといておいた方がいい!?

教育には2千万円かかるから、3歳までの貯蓄がマスト!のような記事はよく子育て雑誌などで見かけるし、先輩ママさんからもよく聞く。多くの用途は、大学の進学費だよね。私は中卒で大検をとった口なので、そこまでして大学に行く意味があまりわからない。学びたいものや、将来なりたい目標と時期が明確にある場合、(それはアスリートやバレエダンサーなど)一流(世界)を目指すような子は遅くとも13歳くらいには自分の進むべき道が明確にあり、実際にその道を進み出している。

そういった自分の進路というものを探す期間が18、19になるまでないわけなら実際に道に出てしまってもいいんじゃないか。また学校という枠に収まる意味があまりわからない。

ただし、モラトリアム期間があった人をとても羨ましくも思う。何だか、人として、その期間に大人になる猶予みたいなものが与えられたことで余裕のある人になったように見えるから。

しかしこの「ように見える」って表現は危険。漠然としている。

そして、世界を目指すような子供は貯めている余裕はなく、すでに将来への投資が始まっている。

親は貯めてる場合じゃない

つまり、将来への投資先を早い段階で見つけてあげることにお金を使うべきなんじゃないかと私は思う。毎月、教育費に1万円の積立をするのか、その1万円分いろんな体験をさせるのか。別に世界を目指すことだけが正解な訳なじゃない。大学に行くにしても、そこで何を学びたいのか、どうして行く必要があるのか、親というスポンサーを落とせるくらいのプレゼンはしていただきたい。

なぜ教育費を貯めるかって…自立のため

究極、その子が経済的に、精神的に自立することが目的だ。教育はそのためにあり、教育費はその教育をするための費用だ。「生きる力をつける」ためのお金の運用をするってことだよね。巣立つまでのこの期間、親がリカバリーできる期間に、それはとにかく死なない程度の失敗をたくさん経験させる期間だと私は思う。

それが究極生きる力に繋がると考えると…成功させるためにしかベクトルが向いてない、そもそも親が子供の教育の失敗を恐れすぎている…なぜかそんな風に感じる。

そもそも親が失敗を恐れている失敗慣れしていない

これは問題だ。失敗を100%防ぐなんてことは不可能。あるとしたら、何もしないことが失敗をしないことになる。でもそれは自立なのだろうか。自分の人生を生きていると言えるのだろうか。

私は、19歳で第一子をみごもり、20歳で産んだ。例えば、子供の友達のお母さんには私の親と2,3個しか年が変わらないお母さんもいる。今現在27歳で第三子を妊娠中で、一人目の時とは比べ物にならないくらいに心に余裕がある。3回目という余裕と、経済的な余裕と、精神的な余裕と全てが7年前からレベルアップしている。これ、もし今の自分からさらに13年経った40歳で妊娠出産育児をやることになったら、その時の余裕はいかほど考えられもしない。もちろん、身体的なところが反比例して大変だとは思う。

何が言いたいかというと、親だからって、まだまだ失敗を繰り返して当然なのだ。完璧なお母さんがいいお母さんなのではなくて、まぁまぁなお母さんがいいお母さんなのだ。20歳の時に思った。自分の親と同じ年齢の人でも育児にヒーヒーいっている。子供の子供みたいな私が、どうして完璧なお母さんになれるだろうか。悲観ではなく、現状を明らかに認めた、諦めの境地だった。

むしろ、そういう親の育児を介した様々な気づきと成長と失敗を繰り返している背中こそ、子供にとっては最大の教育になるのではないかと考えた。(そうはいっても、子供抱えて、死なない程度の失敗をするのは大分チャレンジャーである)

お金がなくても子は育つ

いい子に育てたいのか?というと、いい子の概念も多様化していて、実際そんな子供の存在はあってないようなものというか、幻想ですよね。いい子って幻。何がないから、育たないなんてことはない。ないならないで、成るように成る。というか、お金がないことごときで、人生が左右されちゃうような柔な子に育てたくないよね。

お金って失う時は失うでしょ。無くならない方法よりも無い時にでも生き延びる術をたくさん後世に教えられる大人に育って欲しい。無くならない方法よりも、無いところから生み出す術を。だったら一瞬なくなることはむしろいい教材、いい練習期間だ。

何があっても失うことのないものを自分の中に見つけられる方がよっぽど価値ある教育だ。

教育はお金がかかるという人に聞きたい

お金がなくなっても失われないものはあなたの中にありますか?

 


大瀧冬佳プライベートレッスンの受付始めました。
※受付開始2日で満員に達したため数枠だけ増やしました(11/7現在)

・単発なら、1時間3,500円

・週一月4回なら、4回で10,000円

でお受けさせていただきます!(全て税込です)
内容はヨガときっかり限定しておらず、ヨガやバレエ、ピラティス、古武術、などなど混ざったものをプライベートレッスンなのでオーダーメイドでレッスン内容組み立てさせてもらってます!

目的に合わせて、リフレクソロジーやメディテーションやカウンセリングや座学なども人によっては相談して組みこまさせてもらってますm(_ _)m

初回申込フォーム→https://goo.gl/forms/OzlljhUwq0nUZjTe2

2回目以降のご予約→https://goo.gl/forms/x7ABpwfgoNmSgXOb2

 


■大瀧冬佳監修 「カラダの教科書vol.1~2」販売中

・1冊 ¥3,160-.(税、送料込み)
・PDF版 ¥1,360-.(税込)

https://onlineballet.thebase.in/

解剖学の知識を実際にダンスに応用できるまで考えておられるすばらしい内容だと思いました。
また積極的に世に発信しておられる活動も素晴らしいと思いました。是非頑張ってください!(アレクサンダーテクニーク講師の方よりご感想)
他、ダンスカンパニーUzmeの旗揚げ公演「Mao」のオリジナルサウンドトラック全11曲を収録したアルバムも残りわずかですが販売しております。

朝活オンラインでヨガができます

こちらは参加費月額300円で毎日受け放題です!

運動難易度は妊婦でもできるレベルの易しめ

日頃の運動不足を解消したい人におすすめです。

また、朝早起きして体を動かし日の出の光を浴びると

一日とてもパワフルにおくれます!!!

エネルギッシュに毎日を過ごしたい人もぜひお気軽にご参加ください。

朝オンラインヨガ


■【大瀧冬佳*来年の公演予定】

2018年4月   大瀧冬佳ソロ公演開催予定(スタッフ募集中)
2018年6月末  UzmeArtFes開催予定(一般参加者募集中
2018年11月 NY単独公演開催予定
2018年12月 東京凱旋公演開催予定

お問合せ、ご質問随時歓迎

 

そろそろなんとかしなきゃ!この腹、この体力

 

妊娠中期の体重管理に

現在、私は妊娠24週目(7ヶ月)に突入。妊娠中期の最後の一ヶ月の始まりだ。お腹の大きさは子宮底長は23~28㎝にもなる。子宮のてっぺんがへそ上くらいに上がってくるってこと。さすがにうつ伏せでは眠れず、仰向けでもお腹の重みで苦しくなる。体を洗うのも「うっ」と声が出てしまったりする。妊娠中は体脂肪を貯めやすい体になっている。むくみやすく、太りやすい…。塩分を少し控えた食事でむくみを予防したり、バランスの良い食事を心がけなくてはならない。

子宮が大きくなり、膀胱が圧迫されて尿もれしやすくなるのもこの時期。ホルモンの分泌によって妊婦さんの筋肉は柔らかくなっているため、尿もれしやすいそうだ。

また、子宮はしただけでなく上にある胃も圧迫してくるため、胃もたれや吐き気が引き起こりやすい。胃液が逆流して気持ち悪くなる。1回の食事量も大して入らなくなる。

そんなわけで、妊娠中期を超えた「安定期」と言われる妊婦もなかなか身動きをとるのは大変である。その上、私は最近まで切迫早産ぎみと診断され自宅安静を余儀無くされていたので、1ヶ月寝たきり生活をした体は驚くほど体力も筋力も衰えてしまった。全く動かないもんだから、それはそれで出産のリスクが高まる。お産力をつけなくては!そして歯止めがきかないこの体重増加も阻止しなくてはならない!

現役ダンサーの妊婦時程度の運動量

そこで、私は長男次男妊娠時にも行なっていたマタニティヨガを今回も始めることにした。ヨガと一口に言っても、アイアンガーヨガ、アシュタンガヨガ、ハタヨガ、…とものすごくたくさんの流派があり難易度や呼吸法なども変わってくる。私がヨガインストラクターをしていた頃は、アイアンガーヨガという運動量やポーズの難易度としてはハード目なものを教えていた。もちろん自宅安静上がりの妊婦なのでイージーなヨガを行う。パワー系ではなく、呼吸やストレッチを重点的に行うリラックス系のヨガだ。

一般の方に、よくご指摘されるのは私たち(普段から体を動かしている者)の「軽く」は一般の方からしたら全然「軽く」なくハードだということ。しかし、今回はとてもレベル感のあったレッスンが進行されるかと思う。どうか安心していただきたい。

朝活にオンラインヨガを始めます

・どなたでも参加可能

・どこからでも参加可能(全国から受講可能)

・いつでも参加可能

・移動のためのコスト削減

朝活はなんか体に良さそうってことはみなさんわかっていると思う。でも、特に女子…ハードル高いよね。化粧して、着替えの服を持って、電車に乗って…と一気にタスクが増える。毎日続く自信がない。その心配は一切無用。ただ起きれればいい。しかも、私の行う朝活は布団の中からレッスンスタートできる。どういうことかというと、早起きって目は覚めるじゃないですか。だけど布団をはいで起き上がるという動作ができない。特に冬!それを、布団の中から体を徐々に動かすレッスンから始まり、30分のレッスン終了後には気がついたら布団から出て起き上がって終了している!というレッスンなのだ。

このレッスンはFBの限定グループに参加している方が参加できます。

こちらです↓

https://www.facebook.com/groups/1748328892062822/

特に参加条件は定めておりません。ので、お気軽に参加申請どうぞ。朝5:00~5:30にグループ内でレッスンをライブ配信します。それをただポチッと押していただければ参加できます。特に大瀧冬佳と友達になっていなくともグループの参加は可能ですし、配信画面には見ている側の映像はうつらないのですっぴんでも部屋が散らかっていても問題ありません

ただし、事前にアナウンスしておきたいことが一点。大瀧冬佳が予告なく寝坊することがございます。楽しみにしていたのに、今日はやらないの!?なんてことが稀に起こる可能性もございますこと、あらかじめご了承くださいませ。その時はグループ内に前回までの動画が保存されておりますので、そちらをご覧くださいませ。

参加費は原則300円/月額と、大瀧冬佳にお駄賃あげる感じでどうぞお気持ちいただければと思います。参加費は決まりではありません。タダでご受講くださっても、300円でなく1,000円お支払いいただいても、後払いでも、先払いでも構いません。お支払い先はこちらからお願いいたします。(お支払い方法はクレジット払い/口座振込がございます)

ご不明点、ご質問は当サイトのお問合せまたは、大瀧冬佳FBにメッセージください。