プロジェクトオープンしてました!

UzmeStudioオープン!!!

簡単にいうとアーティストコミュニティです。アーティストというと範囲がとても広いですよね。現時点ではダンサー、デザイナーが主に集まっておりますが将来的にはアーティスト同士を繋いだりするハブ的な役割も果たすハイブリットなコミュニティになっていったら良いなと思っています。
ダンスカンパニーUzmeの付属のような形をとったコミュニティにはなりますが、Uzmeに所属しなくてもOK、他のカンパニーや団体に所属していても、フリーでも参加可能です。

・ちょっと練習したい

・ちょっと練習する場が欲しい

・ちょっと練習する仲間が欲しい

・出演募集情報が欲しい

などなどを求めているパフォーマーが集う場所だったり…

・作品提供したい

・作品協力したい

・創作コラボしたい

といった、クリエイターの方もいらっしゃいます。この二者を繋ぎ、上質なクオリティを担保できるコミュニティにしていきたいと思っています。なので、入会にそこそこのハードルをあえて設けさせていただいてます。

化学反応は素人同士では起こらない、プロ間で起こる

クオリティを守りたい理由の一つに、本当の意味で化学反応が当たり前に起こる場にしていきたいからです。こういう言い方はあまりしたくはありませんが、芸術家(アーティスト)の甘えってあると思うんです。社会通念に欠けているとか、浮世離れしていることを「アーティストだから」を免罪符にしている三流に時々出くわします。世紀の天才でない限りそんな寝ぼけたこと通用しません。最低限のセオリーを守れない人ほど、こだわりが強く扱いにくい人が多いです。それを芸術だとはき違えている、ちょっと痛い人です。それは案外、作品や表現にも直結しています。舞台ではほんと取り繕うことはできないのだなとそういう方を見ていて怖くなります。最低限のセオリーを守ることは、相手への配慮や気遣い、強いては観客へのもてなしの一貫です。つまるところ、私は愛のない人とは一緒に活動したくはないなと思うのです。

作品やパフォーマンスに関係ないようで、めっちゃ関係あります。一事が万事。言葉のちょっとした言い回しから全て舞台で露わになります。なので「ちょっと練習したい」で集まる場とはいえ、いえ、だからこそ質を保っていきたいなと思っています。

コミュニティの概要

・月額5,000円

・月1~4回のオープンクラス(参加費無料)
2018年6月は毎週土曜日の朝7時から180分のオープンです。場所は東中野のスタジオ。ウォームアップ後、各自創作や振付、自主練、最後30分でパフォーマンスタイム。

・非公開オンライングループに招待
コミュニティの案内や交流は基本的にこのグループ内で行われます。

・スタジオパフォーマンス出演権
集客人数によりギャラあり。毎月都内開催。

・他特典多数…

詳細はこちらhttps://camp-fire.jp/projects/view/72792

パフォーマー以外の方はfuyuka@uzme.danceに「UzmeStudioに関する問い合わせ」としてメールを送信してください。大瀧冬佳からご案内させていただきます。

パフォーマーやその他の方も上記アドレスからご質問ご不明点お問い合わせください。原則24時間以内にご返答させていただきます。

よくある質問

Q.単発でのオープンクラス参加は可能ですか?入会前に体験してみたいです。
A.可能です。2018年6月の体験は下記イベントページからお申し込みください。
イベントページ: https://www.facebook.com/events/577433222626608/

Q.ダンサーではないですがコミュニティに参加できますか?
A.歓迎です。ご心配な方は大瀧冬佳に直接メッセージまたはメールをいただければと思います。

Q.パフォーマー向けの特典が多いですが、クリエイターが入会するメリットと月額5,000円分の価値がクリエイターにもありますか?
A.職種によって活躍のフィールドが異なるため、現状のコミュニティで該当または開拓の余地があるか入会前にお問い合わせいただくのがよろしいかと思います。

2018.5.7より始動!!「ただいいものを創りたい人たちの稽古場 UzmeStudio」

連休明けから始動します!

旗揚げ公演を終えてずっと自分に向き合って、本当の本当の望みを探していた。なかなか掘り起こせなかったのだけども、究極私はプロフェッショナルな仕事をする人たちと、ただただいいものを創り上げて全身全霊で表現していたいっていうのが私が全ての既成概念を取っ払った時に出てくる願いだった。

じゃあそれをどういう風に築いていけばいいんだろう??

まずは走り出すこと、動き出すことなんだよね!!!

 

正直に白状するともう三流の人とは一緒に創れない。疲弊したくないし、食われたくない。一流を目指して、というと語弊があるが…自分なりの高みを目指してずっとやり続けている人間にとってそれを消耗されていくのはものすごくしんどいことなのだ。

でもね、その逆はもう素晴らしくて素晴らしくてハートと肝が痺れる。一挙手一投足全てがエモーショナル。惚れる。惚れてしまう仕事っぷりの人たちに敬意と緊張を感じながら洗練された空間にい続けたいのだ。そこで生み出し続けていたい。私もそこで仕事がしたい。そして正真正銘混じりっけないものをお客様に届けたい。

っていう、そういう組織、コミュニティを少数精鋭でも!!!

最悪!!最初は一人も集まらないなんてことになってもいいから、そこを目指して始動することにした。

こんな概要でやってくよ!

ハイパーオープンクラスを毎月開講。プロの質を保ったところの稽古をガンガンやっていく。それはテクニックを極めていくのは大前提として、そのさきの舞台人としてってところにも気配りしていく、アーティストコミュニティ。最初はどうしたって私しかいないので、バレエからのスタートですが、最終ヴィジョンとしてはダンスのジャンルも多様、アートのジャンルも多様、それぞれハイレベルな中でのミキシングが起きまくる稽古場。これがベースの形。

 

今後の予定

最初の走り出し、初動が一番大変だと思う。ましてや組織が動き出すエネルギーって特殊だと思っている。なので最初の形は欲を出さずに素直に謙虚に自分のたった一つの望みだけを一点集中の形でプラットフォームを作ってみました。一番私が出力しやすくエネルギーが最大限乗っかるものをと。なので、もしかしたら損得勘定をするとあまり利口でない形だと思います。こうしたらもっといいよねってわかっちゃいるけども、あえて、そういう考えを排除しました。

今後どのようになっていく未知数ですが、無駄に確信はあります。間違いないという確信が。時間がかかるかもしれないけれども、焦って収穫するより甘くておいしい果実が実るのは決まっていることのように感じています。思えば根拠のない自信が私を支えてきたけれども、これは今までかつて外したことがないものなので、今回も確かなものを感じてます。

だって絶対楽しいし、面白いし、私は正直だから。大きく繁栄していくことでしょう。

ブレないで行きたいのは、寂しさにほだされてメンバーを妥協することですね。自分の感覚を信じて、ちょっとの違和感も見逃さずに素敵な仲間とやって行きたいです。

オープンは5/7~

CAMPFIREさんの方で、当日もしかしたらトップページに掲載してくれるかもしれません。私は今回誰でもいいから入ってきて欲しいわけではなく、私が痺れる人という限られた方を集めようと間口にフィルターをかけているので知ってもらう分母の数はなるべく多いほうがいい。というわけでCAMPFEIREさん、感謝いたします。

こういうものは、恋愛と同じで

・フィーリング

・タイミング

・ハプニング

と3つのingが揃うという偶然が起きないとなので、どうなるかとっても楽しみです。私は半年後誰とNYの街で踊っているのかな。

プロジェクト開始は5/7からです。チェックしていてください。