お安く買った野菜を安全に食べるために

 

ズボラだけど安全性にも気をつけたい人

有機野菜!オーガニック!無農薬!なんてこだわれない。気にしすぎて、心配や不安を抱えて食べ物を食べたくないっていうのがある。神経質すぎるのも、私の性に合わない。その中で、神経質になりすぎずできることはやれないかと色々と試行錯誤してきた。

 

生野菜の危険性とその信憑性

となりのトトロに出てくるような、井戸の水で冷やしたキュ

ウリやトマトをそのままバリッとかじるのに憧れる。インターネットで調べれば調べるほど、不安ばかり煽られてその信憑性は定かではないなというのが私の感想だ。今の野菜は昔の野菜と比べて、質量あたりの栄養価が落ちているとか。皮の下に一番野菜の栄養が含まれているけれども、皮に農薬が付いていて安全ではないから剥いたほうがいいとか…もうなんやねん!!!となってくる。専門家ではないけれども、昨今、アレルギーっ子が多い印象がある。それとこれとが関連するのかはわからないけれども。我が家の次男も、アレルギーっ子で色々試した中で、食の改善は体質改善に一番直結した。なので、本当かどうかはわからないけれどもできる限り気をつけていこうというのが我が家の指針である。

 

残留農薬除去に「ホタテのおくりもの」

 

こんなものを使ってみることにした!!野菜に残っている農薬を取り除くらしい。

早速試してみたら…ちょっと衝撃だった↓

水面に浮いている油のような膜や、白い何か…これが残留農薬らしい。

 

使い方は簡単。水(2リットル程度)の中にスプーン一杯入れて溶かす。

 

そこへ野菜を5分から10分浸けるだけ。

 

野菜は普通のスーパーで購入したもの。前は大地を守る会だとか、らでぃっしゅぼうやを試しに利用したことがある。有機野菜の宅配をしてくれるんだけども…いくら安全とはいえ破産しちゃうよ!ということで早々にやめた。野菜は確かに味が濃かったりしてとっても美味しいんだけどね。で、今もやっているけれども家庭菜園でなるべく自分で作るということ。これは今後も継続していくけれど、家族が食べる全てを賄うにはちょっと追いつかないので、やっぱりスーパーで買う必要がある。

 

このホタテのおくりもの、500gと1㎏が売っているのだけど、なぜか1㎏のほうが全然お安い。詰め替え用だからだとは思うけど、計量スプーンと入れ物は他でいくらでも代用できるので、500gと500円ほどしか変わらない1㎏の購入をオススメする。で、一回あたりスプーン一杯しか使わないので、コスパもめっちゃいいんじゃないかと。そして、これはホタテの貝殻を砕いて焼いて作っている天然素材100%のものなのも使用を決めたポイント。

 

この浮いている膜が本当に農薬やワックスや防腐剤なのか…私には調べることはできないけれども、実際なんか浮いているので、これは取り除いて生でバリバリ食べたいなと思う。葉物野菜は時々洗っていて、ぬるっとすることもある。確かに自分で育てた野菜はそんなことはないので、農薬なのかもしれない。

 

私が農薬を取り除く理由

身体能力は神経伝達の正確さと速さのことをいうと思っているからだ。それらを阻害する因子は極力排除したい。私はイチローの体が大好きで、彼の綺麗に整えあげられていて無駄のない動きに圧倒される。動かし方がバレリーナにとても近いと思っていて、野球に関しては無知だけど、彼の動きはよく観察している。筋肉を肥大させないようにきっと心がけているに違いない。他の野球選手の体や使い方、トレーニングをみると本番試合ではとても使えなそうな無駄な筋肉がとても多い。そして、負担になり故障の原因はそこからきているし大変効率が悪い。私がベストだと考えている、ストレッチやコンディショニング、トレーニングは初動の繰り返しとフルコミットを重点的にすることで、神経のオンオフを正確かつ速く細胞に刻み込む練習だ。筋肉は筋が束になったものなのだが、脳からの神経伝達によって、その筋一本一本全てに正確に指令が伝わっていることは少ないと思う。大概、使いやすい筋ばっかり使われていて、それは筋肉が足りないからだと解釈しがち。そして、筋肉量を増やすことばかりのトレーニングを多く見る。

 

それは、私の経験上から全く間違っていて、筋肉は少数精鋭が一番だと思っている。怪我も減るし、怪我したとしても、きめ細かく使い慣らされている筋肉たちなので治りが早い。なので、私は筋トレやストレッチを一切しない。しているとしても、意図が異なる。でも、それをイチローも行なっていてやっぱりそうなんだ!!!と自信になった。バレリーナだと50を過ぎても踊っている、日本を代表するバレリーナ、吉田都さんの体も大好き。私も今27歳で、10年前は17歳でも遅咲きと言われ焦っていたけれどもまだまだこれからの自分の体のほうがずっと希望を持てるし、まだ右肩上がりに体は進化していくと思っているので楽しみである。

 

なので、もちろん三児の母で、家族の健康を預かる身として食の安全を心がけるのもあるけれども、やっぱり自分の可能性をまだまだ潰したくない、むしろ広げるために食に気遣うわけだ。回り回って、子供達の将来にも絶対にいい影響を及ぼすとしか思えないので、いいんですこれで。食べる、寝る、動く…この三つのバランスをとって体は作られるし、表現の極みみたいなところに行き着くには、こうした一つ一つのこだわりって大事だと思ってる。

 

それに、子供も自分も旦那もみんな健康じゃないとやりたいことなんてできないからね。どんなに好きなことができても、誰かが病気だったら楽しめないし、好きなことなんてどうでもよくなってしまうのが私だ。母の末期ガンを看取った経験はやっぱり今も私に大きな影響を及ぼしている。幸せは健康から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP