100の知識よりも1のあなただけの体感を伝えた方が説得力を持つ「なんでNYにこだわるのか??」

 

「なんでNYなの??」

これ、すごく聞かれる

私はそれなりに答えられる

だって10年も行きたいと願っている場所だから

 

 

でもなぜかふわっとして

相手は納得してくれない

私の他の話はとても肚に落ちてくれるのに

なぜだろうか…

 

こういう経験あなたにもありませんか?

もう理路整然と話しているのに

なぜか表面上しか伝わっていない感覚

 

それは知識からしか話していないからだ

あなたのリアルな体験談を一つ交えるだけで変わると思う

 

私も今までこう答えていた

 

ニューヨークにはアメリカン・ドリームがあるから!!!

 

チャンスが平等に与えられている

アメリカン・ドリームを体現した人は

枚挙にいとまがないほどいる

貧しい家庭の出身だろうが

実力や高い志次第で

富や名声などの成功をつかみ取れる国だってこと

 

ニューヨークはエンタメの聖地と言われていて

世界中からエンターテイナーが夢見て

この地を訪れ挑むのだ

 

そしてものすごくクオリティの高いエンターテイメントが集まっている

衣装、音楽、脚本、ダンス、歌、芝居、舞台美術

何一つとってもそれはプロフェッショナルな仕事で

格が違うのだと、話す

 

だから行きたい

パリでも、ロンドンでもなくニューヨークに行きたい

 

でもね、なんかイマイチなんですよ

 

ふ〜んって感じなんです、反応が

 

私としてはなんでわからないかなー!なんて思うわけだけど

これって私が見たこと感じたことの話じゃないから

人から聞いた話、テレビやネットで見た話であって

私の実体験からの話じゃない

 

知識止まりなのだ

私が普段話すことは全部私だから感じた私の言葉で話しているから

なおのこと違和感を持たれるのかもしれない

 

 

意外に行ってみたら

思うよりも本物のダンサーはいないと感じるかもしれない

ニューヨークじゃなくても日本でも全然いいじゃん!って感じるかも

やっぱり、本当に度肝を抜かれて帰ってくるかも

受け売りの言葉じゃなくて今度こそ伝わる

 

で、現在は知識は置いておいて

冬佳が今感じているニューヨークのすごさを話すようにしている

 

 

例えばなんですけど

東京で公演をうとうと

こうした興業で仕事をしようとしたら

目に見えないお金が多かったんですよね

私は作品の制作だけじゃなくて

本来制作会社が行う外回りのことも全部行った

 

何料と言って自分がギャラとして貰えばいいかわからなかった

下見に行く、調査する、見積りをとる、比較検討する….

アポとる、交渉するなどなど雑用という雑用が多く

これ、全部結局、ボランティアワークになってしまった

 

また、逆のパターンもあって

他のセクションからの請求も言い値であることが多く

何料なのかよくわからないものも出てくる

 

 

日本のダンサーが特に食っていけるような職業じゃないのって

この曖昧さにあると思う

同じアーティストとして括られるミュージシャンと比較しても

ダンサーは特にひどい…

私自身がダンサーであるにも関わらず、

やはりダンサーのギャラは低く見積もられがちである

 

それはなんでかっていうと

明示できないからなんだよね、単純に

それがどんな価値があるかって認識していない

本人も周りも

 

で、話戻ってニューヨークってすごいなって思ったのは

アメリカの労働環境によるものだと思うけれども

ものすごくハッキリとそして細かく

ここからここまでが俺の仕事って決まっていて

額も適正なんだよね

 

今現在、ニューヨークの現地プロモーターの方と

仕事の話やその詳細を聞かせていただく中で

日本人との価値観の違いに驚かされていて

これはすごくいい経験になると思うし

日本のとまではすぐには行かずとも

少なくともUzmeと契約するダンサーには

正当なギャラをお支払いする仕組みに変えられるかもしれない

 

そうなったら日本のダンサーは

Uzmeに出たいと今以上に思ってくれるかも

そして他のカンパニーもUzmeにならってくれる可能性もある

 

アーティスト支援というのは

単に資金の調達ってだけでなく

環境や仕組みが変わるのが一番大事なことだと思う

 

で、私はそのことに気づいたのは

ニューヨークでは当たり前とされている仕組みの中で

お仕事されている方とお仕事をしているからだ

 

しかもただのゲストダンサーでなく

公演を0から打とうと企画する段階から主催で関わっているから

見えたことだと思うのだ

 

私が今一番、なぜニューヨークなのか?を伝えるとしたら

これが実体験の伴う理由だ

 

そして、クオリティが世界一高いと言われるヒントがこの先見つかるかもしれない

だって日本人の能力だって全然負けていないのに

なんでニューヨークなのか?

こういう仕組みな可能性は高い

 

知識ではなく実体験を

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP