夢が現実になる3ステップ

 

 

ホップ 宣言

ステップ 巻き込む

ジャンプ 行動

 

夢は描いているだけでは

絵に描いた餅である

 

どこかの誰かがあなたを見出してくれて

「それは素晴らしい!ぜひ実現しましょー!」

と、手を貸し知恵を貸し資金をくれる

そんなことはありえない

 

だってあなたがその夢を描いていることも誰も知らない

何をしている人かも知らない

何ができる人かも知らない

何を実現したいのかも知らない

それが実現したらどんないいことがあるかもわからない

 

宣言。

「◯◯になりたい!」

「◯◯をやりたい!」だけの宣言では

宣言とは言わない

それで?

多くの人はそう思うだろう。

別にそんな大きな夢を描かなくてもいい

夢ってそんなことじゃないと思うの

まず、実現できる夢とできない夢が

自分の内から出した瞬間に決まると思うんだ

 

大きかろうが小さかろうが

平凡だろが被現実的だろうが関係なく

本人の在り方でそれが分かる

 

それになってどうしたいの?

それをやってどうなるの?

意外に夢が叶った先のことを人は想像しない

むしろ結果とプロセスは私の場合逆である

プロセスがあってそれに伴う結果を目標とする

 

 

夢を描いてそれを実現したくなったら

自分に「なぜ?」を5回問うとよい

トヨタは原因追求や本質に沿った行動を社員にさせるためにこの方法を使うそうだ

 

A「私はダラダラと好きなことをして生きていたい」

B「なぜダラダラしていたいの?

A「せかせか働くのが嫌だから」

B「なぜせかせか働きたくないの?」

A「せかせか働くと、健康を損なうし大切なものを大切にする心を忘れてしまうから」

B「なぜ、大切なものを大切にする心を忘れたくないの?」

A「私が幸せに感じることは大切なものを慈しんですごすことだから」

…と、まだ3回しか「なぜ?」を問うてないが

Aさんの「ダラダラ過ごしたい」の本質が見えてきた

Aさんは幸せに過ごしたい、そして、その幸せは大切なものを慈しむ時間に感じるからだ。

 

そんな話をされたら周りは納得せずには、応援せずにはいられない。なぜなら、「ダラダラ過ごしたい」にも共感できるけど、「大切なものを大切にしたい」という望みはより共感できることだからだ

 

すると、次のステップに進める

巻き込む

 

同じ方向を向いて

同じスピードで

一緒に進める仲間

そしてそれを援護してくれる人たち

静かにただただ見守ってくれている人たち

それはあなたがその夢を諦めたとき

失敗したとき、

変わらずあなたを讃え一緒にいてくれる仲間だ

 

あなたがこれから見せてくれる景色に

ワクワクして一緒に走っているが

それが見られなかったとしても

そこを含めてあなたの側にいる

 

そんな仲間を巻き込むこと

 

でも、私は独りよがりの小さな平凡な夢だから

とあまり関係ないことと思いますか?

 

そんなことはないのだ

私は今も昔も

「屋根があって布団で眠れて、温かいご飯が食べられること」が夢だった

だけど、それをたくさんの人が一緒に叶えさせてくれた

 

夢に大小はない

独りで叶えられる夢なんて

小さくても平凡でもないのだと思う

 

夢を描くことで

人と繋がれること、自分と繋がれること

だから人は夢を見るのではないかなと思う

 

で、ジャンプ!行動!

ある人が言った

 

「欲しいタイミングで最も欲しいものが現れる」

夢を叶える人に共通して

「周りの人のおかげだ」

「自分は人よりすごく運が良かったから」

この現象をある人はこう言っていた。

 

何もしないで向こうからバンバンやってくるように、こういう人たちは話すけど、超無意識にその裏側では少なくとも100以上のタスクを人一倍やっているから引き寄せられるんだよね。本人たちはそれを「やってる!」とも「努力してる!」とも認識していないだけで…

 

真の努力家は周りに言われて気付く人のことだ

努力を努力と思わない才能

呼吸をするように努力している人

 

 

ストイックすぎて

キリキリしてて余裕もなくて

見ていると息苦しくなる人

それは努力家じゃない

「だから、褒めて?」という甘ったれ

 

潔く努力している人を

人は応援せずにはいられないし

やっぱりまっすぐな人ってほんと気持ちがよい

なんか見ていて元気がでる

 

行動が大事!とは言うけれど

行動すりゃいいってもんではなくて

自分に鞭打つように行動するのはちょっと違う

 

じゃあ、呼吸するような行動って何かな?って考えたとき、ジャンプまで話しといてなんだが

 

根っこの問題、

それはあなたの心が踊るようなやりたいことなのか!ってことだよね

 

それを成し遂げて賞賛されている自分になりたいのか

それを成し遂げたいのか

 

 

社会的に意味のあるその夢

でもさ、その夢をすぐに実現させることが目的ならばあなたが0から築くより、すでにそれに近い志を持って形になっていてやってる人や組織に乗っかるという方法も考えられる

 

もしくはそれを調べた上で自分がやるしかどうしても実現できない世界なのか

 

調べもしていないのならばそれは本当はその世界や社会を実現したいというより、「私がやった」を示したい、認められたい、の方が夢なのかもしれない

 

それは悪いことでも何でもなくて

夢は濁さないこと

クリアな夢が叶うのです

 

生きてる時間は永遠ではないから

変にカッコつけた夢描くより

まっすぐに叶えて

叶えたら次!次!と、

一つでなく全部叶えて死んでいきたくない?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP