子ども発信プロジェクト

 

 

今年、旗揚げ公演が終わりましたら

私はこどもたちと遊び出します

踊りを通して

 

今現在は大人にダンスを教えておりますが

ダンスって本来教えるものでも

教わるものでもないと思うのです

 

いえ、もちろん

魅せる、魅入らせるためのダンスを踊るには

技術も必要で基礎から学ぶ必要があります

 

だけどもスタンスとしては

教わるというよりも盗む感じです

 

どうやってもっと上手くなってやろうかと

目を皿のようにして

見るだけじゃなくて

動いてみて感じてみなきゃ机上の空論なんです

 

教えていて思うのは

突っ立ったまんま私の話をふんふんと聞いている人よりも

聞きながらもう何回もあーでもないこーでもないと

動き出す人の方が100倍上達が早いです

 

先生だけから学ぶつもりでお稽古場に行くのでは

まずいです。

全方位学びの対象

自分以外の人が注意されている時も

自分ゴトのように注意を聞き

動くことやってみること

 

人の踊りをみて

勉強する動く踊る踊る踊る

 

 

踊りは踊らないと上手くならないのだけど

「さぁ、やってみて」と先生に言われてから動き出すのでは

先生も人間なので面白い生徒の方に

どんどん関心を示すようになりますよね

 

踊ってみて

動いてみて

やってみて

 

って私は生徒さんに言えないことに気がつきました

私、本当に踊るのが好きなんです

 

踊りは教えられるけれども

踊りを好きになる方法は教えられないんです

だって好きじゃなかったことがないから

踊ってみてって何で言っているのかなって

自分の中にたくさんクエスチョンマークが出てきてしまう

 

教えるのは好きだけれども

ダンスが好きな人に教えるのが好きなんだということに気がつきました

または初めてダンスをする人

 

初めてダンスをする人が

私のレッスンを受けて

みるみるダンスの楽しさを知って行く様をみるのは

とても楽しいです

 

話はだいぶ反れましたが

旗揚げ公演が終わったら

その辺の子供捕まえてでもいいし

子供の通っている学校からでもいいし

近所にビラ配ってもいいし

来年の公演に向けて

「作:子どもたち」という舞台を作りたい

 

子供達が舞台で踊るわけではありません

子供が想像した世界や子供が作ったストーリー

子供が編み出した斬新な振付を

Uzmeが演出構成して演じる

 

想像は現実になることを味わって欲しいなと思います

 

 

どんな仕事でも0から生み出せることが楽しい

それが仕事の面白さです

 

個人事業主や経営者だけではなく

例えばファミレスの接客業の中でも

たった一つの心がけがそのお客様の感動を産むことがある

マニュアル通りやる、時間がすぎるまでそこにいて時間給をいただく

それは仕事の楽しさを知る機会を失って勿体無いと思うのです

 

生み出すってどういうことなのか

表現を通して知ってもらう感じてもらう

そして私も知りたい、思い出したい

子供の頃、私はどれくらい自由だったのか

 

今回の旗揚げ公演「Mao」はそのお母さん、お父さんたち

またこれから父か母になる人

また父や母がいる人

そんな人に原点回帰してもらうものを作りたいなと思っています。

 

HOME

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP