現代の先駆者ってどんな人?

 

 

人類の長い歴史を俯瞰して

ほんの100年ばかり

その時代の権力を握ったとしても

歴史からすれば一瞬でしかない

一瞬の権力を握ることに死に物狂いになるのは

一体どれだけの意味があるのだろう

 

火の鳥は不老不死

永遠を生き

時代がどれだけ移り変わっていっても

事が小さかろうが大きかろうが

繰り返すこの人の本末転倒っぷりを

ただ眺めて来たのだろうか

 

世界を変えるとか

時代を揺るがすとか

歴史に名を残すとか

そんなその時代の先駆者たち

過去も未来も現在も歴史を俯瞰すれば

人がもつ「弱さ」や「脆さ」って変わらなくて

繁栄しても衰退してしまうきっかけや

その落とし穴ってきっと固執する心とか

手放せない弱さとか驕ってしまう気持ちとか

そういうものは

ずっと昔もこの先も同じなのではないかなと思う

 

なんで私がこんなことを今考えるかと言うと

火の鳥の「現代の先駆者」役を踊るからです。

 

私は平成生まれ、ゆとり世代

現代にはそもそも時代を変えようって想いを持った人がいるのだろうか。原発の問題もあれば、日本の未来に不安ももちろん抱いている。私も虐待や貧困やDVなどを問題として表現活動をしているけれど。それはその問題を撲滅しようというベクトルではないのが、現代の若者がまた違う時代を生きる人間なような気がする。

 

この環境、この問題を変えよう!

よりも

この中でどう折り合いをつけて

この範囲内でどれだけ楽しめるかの方に視点があると思うのだ。

 

軟弱というか、暖簾に腕押しのような頼りなさを感じる平成っ子かも知れないけれど。

 

お金、名誉、権力、美、若さ

そうしたものに本当に興味がない(私は)

見栄の一つ張っている間に楽しいことやりたかったこと一個やっちゃうよ?って感覚。

 

先駆者…

人を導くっていうのは快楽かもしれない

みんなが自分の話を聞いてくれる

みんなが自分の言葉を待っている

みんながついてくる

真剣な眼差しであなたを見つめる

そりゃ気持ちがよく、嬉しい

承認欲求が満たされます

 

だけど私は思う

真の先駆者とは人の注目と期待を一身に受けてからが

腕の見せ所というか、

真価を問われるのはそこからではないかと

人を導く快楽に溺れていかないこと

 

余計なものがたくさん混じってきて

純度が落ちます

その快楽を失わないように力が無意識に働き

聴衆がどう受け取るかを考えての発言、行動

…本末転倒である

 

だから、

私が現代の先駆者ってどんな人かを考えた時

この人大丈夫かな?ってくらい損得勘定をせず

どこまでも自分の「本当に欲しかったもの」に揺らぐことなく進める人なのではないかと思う

 

もう現代の人は物質的な豊かさは欲しておらず

地位や名誉や権力、金などの

棺桶には持っていけないものにも興味がない

何が人を惹きつけるのか

特に率先して変えたいと思うこともないけど

なんとなく生きにくいなと感じるこの現代

 

欲しいものってたくさんあるのだけど

それを手に入れるために生きるのは違います

本当に欲しかったもの、これは多分いつなんどきも変わらないもので、この本当に欲しかったものを差し置いて最近欲しくなったものを手に入れることに必死になっている

 

あなたが本当に欲しかったものは何だろう?

自分の幸せを自分で定義していく

 

現代の先駆者は

手塚治虫の漫画でも描かれずに終わってしまいました

さて、どう踊ろうかな。

 

でも、面白かったのが

UzmeのMaoも同じテーマなんですね。

Maoに出てくる

死神、自然神、女の化身、愛

の4人の登場人物を統合したものが火の鳥の存在です

Maoがそれぞれ4人に接触していく中で

どういう変化を辿るのか?

これを少女から自立した女性になるまでの

過程を描いています

 

ある意味で現代の先駆者もMaoもリンクしていて

また私のリアルな活動もテーマはそこかもなあなんて思いました

 

HOME

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP