1「作ること、表現すること」ダンスカンパニーUzme旗揚げ公演「Mao」

 

ダンスの公演

セリフや芝居を入れてストーリーを進行させようというのが当初の話だった

だけど演出の金房さんが私たちのリハを見た後

セリフはなしということになった

 

言葉を使わずにどうしたら

情景、感情、意図、物語の流れが伝わるのか

 

観客は主人公の見ている景色、そしてそれによって動く主人公の心を感じ物語を想像し追っていく

だから私がどれだけ細かく鮮明にイメージし情景を目の前に浮かび上がらせ感じ取らせるかによって「言葉を使わない物語」の主軸が完成されるということだ

 

 

私が今回テーマにしているのは

「生と性」

「男と女」

「愛と死」

「陰と陽」

そして「統合」

使用する楽曲も二人の作曲家さんに依頼し

素晴らしい音楽を作っていただいた

 

曲中、私たちダンサーが踊るのは

相反する真逆の表現を入れることを試みている

だから両者がはっきり明確にその感情を表現しなければ何をしているのかさっぱりわかってもらえないままに終わる

 

愛と死

生と性

男と女

生と死

快楽と絶望

 

だから私は先日「死神」を演じる宇賀神さんにキレた

私は「Mao」として死の淵に立ち死を選ぶか

または死んだように生きていくのか

そのギリギリの瀬戸際の思いを表そうとしている

そんな時死神の振りした同じ温度でないただの宇賀神さんが

舞台上にいるだけで

私は腹がたつ

こっちは生死を彷徨っている

それを中途半端な死神で冥界に怪しげに誘うなんて

私の命をバカにしているのかと

 

もちろんふざけている訳ではないが

どう見ても私を茶化しているように感じてしまう

ムカつく、腹がたつ

真剣を私の首の根っこに切りつけるくらいの鋭さや非情っぷり、覚悟がない死神なんて

 

不敵な笑みはその鋭さなしに私に向けても気持ち悪いだけである

Mao1章で見せるのは命をかけた舞である

なのにかけてこない相手役では私の表現は空中分解しこれをどこにぶつけていいのかとフラストレーションがたまる一方

 

と、いう話をした

 

作り込み、表現仕切るということ

はい!作った!はい!踊った!っていう自己満はいらないです

 

お祭りじゃないでしょ?

なんか自分たちはすごいことをやってるぜ!っていう

変な気持ち悪いテンションはいらない

浮かれポンチになるな

地に足をつけて淡々とやること

高校の文化祭じゃない、仕事でしょ?

 

集団意識の働かせ方って難しいなと思った

みんなで一つのことに一緒に向かった時って

ちょっと浮世離れした自分で制御できないほどのハイテンションになりがちだ

でもそのドーピングのような意識に巻かれていってはダメ

ちゃんと自分はここにいなきゃダメ

躁状態もうつ状態も方向が違うだけで同じことなので

私はその舵取りをしっかりしないといけないなと思う

 

いい作品にするために

だからキャパを超えた頑張りもいらないです

私の場合は今まで尋常じゃない頑張りをして

何度もキャパ越えを経験しているので

自分の手のひらの上でキャパを越えてからの伸び代も把握しているし

ぶっちゃけるとある程度パフォーマンスっていう意味もなきにしもあらずです

ちゃんとここ越えたら死ぬってラインがわかっている

自分をコントロールできるのです

 

ギリギリのところで出せる力

出し切ったところじゃないと見えない景色

余力を残してもダメ

アクセル踏み込み過ぎてエンストしてもダメ

ナイフのエッジを歩くようなコントロールですが

でもそれが今回の作品「Mao」の見せたい世界観だと思うんです

陰陽の統合

 

いいことも悪いことも両極から

同じだけのマックスの力をぶつけて静寂が生まれるような

 


「Mao」/公演詳細

日程–*–*–*–*–*–*–

2017年5月19 – 21日

19日(金)
17:00 受付開始
17:30 開場
18:00 開演
20:00 レセプションパーティ(※)

20日(土)
第1回公演
13:00 受付開始
13:30 開場
14:00 開演

第2回公演
18:00 受付開始
18:30 開場
19:00 開演

21日(日)
18:00 受付開始
18:30 開場
19:00 開演

※初日閉演後20時よりレセプションパーティをご用意しております

料金–*–*–*–*–*–*–

一般: 5,000円(税込)
ペア: 9,000円(お一人様4500円)(税込)

5月19日 初日限定 レセプションパーティ付き
一般・ペアともに +1,500円(税込)

チケット発売中
http://uzme.dance/stage/

(チケット購入はこちらのイベントページの参加クリックでは完了致しません。上記のチケット購入フォームからチケットをご購入ください。)

チケットに関する問合せ
ダンスカンパニーUzme
チケット管理事務局
uzme.ticket@gmail.com

場所–*–*–*–*–*–*–

ザムザ阿佐ヶ谷
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-12-21
ラピュタビル地下
03-5323-7640

JR中央線 阿佐ヶ谷駅北口より徒歩2分

————————–—-
ダンスカンパニーUzme(うずめ)
〒197-0814
東京都あきる野市二宮951-2

HP http://uzme.dance/

お問合せ先
◆チケットに関するお問合せ
uzme.ticket@gmail.com
◆そのほか(支援金・スタッフ募集等)のお問合せ
http://uzme.dance/contact/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP