本当に自己最高得点を叩きだそうと思ってますか?

 

 

90点は相当頑張って出せると思うんだ

30点でもいいからやってみたらいいと私は思う

けど、本気で自分に勝負をかけてみても

なかなか自己最高得点の100点満点って

出している人いなくないですか。

 

北島康介選手が

金メダルとったとき

「超気持ちい〜!!!!!!」

って水面飛沫をあげてガッツポーズしたじゃないですか

 

あのイメージがあなたが挑戦するとき

あるのかないのか

そこそこまでは行く、もうあと一歩

必ずどこか足らないまま終わること多いじゃないですか

それって、「超気持ちいい〜!!!!」を

本気で味わえる自分を想像できてないからなんじゃないかって

 

どちらかというと、

今一歩届かずの…

99点はとれたけど、すごくよかったよ、惜しかったよ、十分頑張ったよと

慰めてもらう自分の方を望んでいるじゃないかって思うんです

 

また次があるかな?

また次の挑戦をしたいからなのかな?

 

いや、堂々と狙って行きましょうよ

自己最高得点、100点満点を

それで「超気持ちいい〜!!!」って言える自分になりましょうよ

 

 

これ、私は高校入試のときに学んだんです

公立の高校入試

あれって100点満点ってとれないとどこかで思ってませんでしたか?

志望校がうかる合格点が

例えば5教科で400点だとして

80点とれるように勉強しませんでしたか?

 

私は全て100点を取れるように勉強しました

だって100点とったら、全問正解したら

どんな高校でも受かるわけでしょ

 

1冊の問題集を10回以上繰り返し繰り返し解いた

解けない問題は一問もない状態で

高校入試に臨んだ

そしたら100点を3教科とり、

他の教科も1問間違いがあっただけでした

だから落ちるわけがなかった

 

勉強すれば100点は誰でもとれる

100点をとれる自分がイメージできないから

100点をとろうとしないわけで

それは全てに言えるんじゃないかと思うんですよ

 

(と、話がここまでなら私頭いいと思われますが、一年で高校はやめて、中卒です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP