「いつもと違う」に踊らされないメンタルを持て!

 

 

何も書けないな、ブログ

 

今、私の心の中は

スンっとしてる

 

あんまり今から気持ち

アップダウンさせてしまったり

さぁ、やるぞー!と

無理に気合い入れたりすると

空回るのを知っている

 

私の周りが熱を帯び

忙しなく回転しているのを感じて

台風の中心でスンっとしてる感じで

 

お客様からたくさんの期待の声が

メッセージやコメントから届き

団員もスタッフも気合いを入れていて

すごくありがたい

その興奮や期待に飲み込まれていったり

あんまりど正面からその期待を受け入れると

そこに応えなきゃ!と力が入ってしまう

 

最後の最後は

自分のちょうどいいところで

メンタルをコントロールすることにあると思う

私の強みは舞台にたくさん立ってきたこと

自分を出し切れなかず悔し涙を流した舞台

ゾーンにスッコーンと入りきって気持ちよかった舞台

すんごい気持ちよく踊れたと思ったら大したことなかった舞台

 

たくさん経験してきたわけで

やっとその感覚が蘇ってきた

10年ぶりに戻った舞台という場所

感覚が戻らずこの1年だいぶ苦しんだわけだけど

今、しっかり天と地が繋がった感覚を思い出し

大瀧冬佳ここにあり、を感じられている

 

大切なのは

いつもと違うことに一喜一憂しないこと

いい時も悪い時も私は私だ

いつも変わらない

 

 

本番になると急に頑張りだす人がいる

いつもはアップもしないのに

いつもは体を気遣う何かと摂取しないのに

本番になるとそれを急にやりだす

できるなら最初からやっておけよ

 

いつもと違う非日常に踊らされると

自分はそこに酔って気持ちいいかもしれないけど

冷静な目で見たとき最後の日の稽古が

一番高いパフォーマンスができてたり

 

私は非日常に踊らされている場合じゃないし

ちょっと言い方が悪くて誤解を招かないといいのだけど

これだけやってきて応援されないわけがないし

これだけやってきて期待されないわけがないし

これだけやってきて感動させられないわけがない

日本語難しい、そこに感謝や敬意がないってことでなく

私の想定内ということ

 

非日常に踊らされているのではなく

私が非日常を創り出しているから

私が踊るから

 

だから、想像を創造できたこの現状に感謝はすれど、気持ちが浮ついて舞い上がったりはしない。

 

浮かれポンチになると

せっかく練習してきたのがパーになるし

期待に応えようと緊張し上がってしまっても

せっかく練習してきたのがパーになる

 

それはヤダ!

なのでメンタル、メンタル

 

 

スンっとした静けさの中

キラキラした水面にゆっくり波紋が広がる景色を

心の中に描くと落ち着くのでオススメです

 

書くことないとか言って

めっちゃ書けた件

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP