抗がん剤治療がどうとかどうでもいい、そんな話今してるお前が癌よりタチが悪い

 

闘病生活って家族も本人も

ほんとに本気で闘ってるんだ

 

それは外野が計り知れるもんじゃない

24時間ずっとずっと

大切な人が苦しみ続ける

できるなら変わってあげたい

そう何度も思うことなんだ

そればっかりじゃない

だからこそ気付く健康であることの有り難みとか

そんなのも含めて…

 

ずっとずっと闘ってきてて

それで果てた命の灯火

 

 

あんたら外野が

何を知ったことか

「ブロックがあったのかな」

「抗がん剤のせいだ」

「なぜ誰も治療法について教えてあげなかったのか」

「癌治療とはウンタラカンタラ」

などなど本当に胸糞悪い投稿が目につく

 

あんたらに人の心はないのか

今はあんたの知ってる高尚な知識

ひけらかす時じゃないだろう

 

片っ端からさようならですよ

ふだんどんなにご立派で役に立つ情報を

投稿されていても

私には理解できない

 

人の気持ちを考えていないその言動が

 

なんて立派なんだろう

海老蔵さんは舞台に立ち記者会見をする

「お察しください」の一言に息をのんだ

 

なぜ察せられない人間が

こんなにたくさんいるのかと

 

私、今になってあの時辛かったんだなー

悲しかったんだなと母を闘病生活2年の末

乳癌、39歳で亡くしたその日を思い出す

頭の芯と胸の奥がかじかむように

感覚がなくなっていくような

そんな気持ち悪さを思い出したよね

 

人を亡くすってどういうことかわかってないのかな

どーでもいいよね

抗がん剤がどうとかこうとかって話

今、必要?

 

人のことはいいから

お前こそ本気で生きてきてるのかと

首根っこ捕まえて問いたくなる

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 素敵な記事をありがとうございます。私は33歳で乳がんになり、その翌年母を亡くしました。色々な事をその都度考え、乗り越えながらの今です。
    誰かを亡くす悲しみは褪せる事はないのだと、ふゆかさんの記事を沢山の事を考えました。お母様の為に祈らせて下さい。いつかふゆかさんのダンスも拝見してみたいですし、コラボしたいです。
    ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP