毎日8時間生み出してオリンピックを目指す

 

 

時間がないってよく聞くけど

1日って結構長い

 

 

思ったより色々とできるよ!

来年何か一つはじめたい!と思うなら

今から助走がてら準備してみてはいかが?

 

 

こんな風に考えてみるといい

①【睡眠】【食事】【風呂やトイレなど】

こうした生きていくのに必要不可欠な時間

大体…合計8時間あればいいんじゃないかな

内訳はこんな感じ

【睡眠】6時間

【食事】1.5時間

【風呂やトイレ】0.5時間

 

成人すれば1日に必要なカロリー摂取量も

育ち盛りに比べて減る

朝を抜いて、昼を軽めになどを習慣化させれば

人によっては1日1.5時間も必要としないかも

1食ちゃんと食べたとしても

思ったよりみなさん早食いで

5分〜10分で終わってしまう人もいるかもしれない

ゆっくり晩酌する時間を大切にしてる人なら

また変わってくるはずだ

 

ともかく、かかっても1日8時間が平均ではないかな

 

 

次に平日の主な活動

②【学校】【仕事】【家事育児】

こちらも通勤時間や何やら

人によって差はあれど

平均8時間としたい

 

 

24時間-①-②=8時間

実は8時間余ってる

 

でも多くの人はこの8時間は用途不明

テレビを見てるのか

ネットをしてるのか

ダラダラしてるのか

雑用をしてるのか…

消えてなくなっている時間だ

 

①と②を明確にして

そして③の【自由な時間】を生み出す努力をしよう!

 

「時間は作るもの!」の意味は

明確に意識するって意味だと思う

今自分は何をしてるのか

何をしてる時間なのか

そう意識するのを習慣化させるだけで

ダラダラ時間がなくなってくるはずだ

 

「あれ、しなきゃな〜」って思いながら

なかなか腰が上がらないときもある

 

「あぁ、あれもしなきゃ〜」と意識にのぼったら

【即動く】を徹底した方が

実は全然疲れないし、めんどくさくない

「あれ、しなきゃな〜」からの実行までの時間が

あればあるほど人はめんどくさくなるようにできている

 

(と、言うことを私は光くんを見て学んだ笑)

(光くんの腰は軽い、よく働く、偉い)

時間にすればほんの数分かもしれないけれど

塵も積もれば山となる

 

 

そしていろんな小さな無駄時間を削って効率化させ

1日8時間もの時間を生み出し、

そしてそれを4年間何かに使ったらば

365日×4年×8時間=11,680時間

10,000時間の法則が本当なら

4年ごとに1つ何かのプロフェッショナルになれる

 

 

働きながらオリンピックも夢じゃない!!

…は極論だけども理論上は可能だってこと

 

 

因みに私の10代後半は

24時間中24時間を労働に費やしたので

50種以上の職を経験できました

3年勤めたから8時間労働でそれなりの経験に

たかがアルバイトでも結構今でも役立ってる

 

働きながら育児

働きながら独立

やろうと思えばできるってのは

根性論でなく時間の効率化からかと思う

 

 

とはいえ、私は基本ナマケモノで

ダラダラする時間も大事だと思うので

いつもきっかりストイックに!ってより

メリハリつけていくことを大切にしてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です