心の疲れと頭の疲れ、体の疲れをバランスよくとると回復が早い

 

 

むやみに弱音をはかないように

その弱音の真意は

「私、がんばってるの、ほめて!」

だったりします。

 

意外にまだまだやれる!

いけるよ!力残ってるでしょ?

あんまり弱音ばっかり吐いてると

あと一息でできるものも

できない気がしてきてしまいます

 

いちいち一喜一憂せずに

淡々とやってる方が

作業も捗るし

アイディアも出てきませんか?

 

 

「疲れた」「忙しい」

口癖のように言ってしまってませんか?

その言葉がエネルギー奪ってる原因かも

 

 

頭の疲れ、心の疲れ、体の疲れ

これ、バランスよく疲れると回復が早いです

特に頭ばっかり心ばっかり疲れてる方は

交感神経がビンビンに働いて

「休む」にスイッチできてないのかも

 

 

それに本当に忙しいとき

淡々とタスクを消化していけるときって

逆に疲れないし忙しいとも思わなくなります

むしろ気持ちよくなってきます

それには「疲れた」「忙しい」と

無駄に自分に呪いの言葉をかけず

ただ目の前のことに集中していけばいい

 

疲れは溜めずその日のうちに

回復するためにも

家でできるオンラインバレエレッスン

オススメです!!!

【大瀧冬佳オンラインレッスン】バレエ超入門クラス1月生募集のご案内

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP