自分探しの旅のゴールは「ない」から「ある」を生み出せると知ること

 

 

あなたは自由ですか?

 

 

この世界は自由だと知ると

もう生きるのが

楽しくて仕方なくなります。

 

逆に自由でないと

お金持ちになれば幸せになるかも…

結婚すれば幸せになるかも…

子供を持てば幸せなのかも…

好きなことがあれば幸せかも…

何かを成し遂げれば…

とゴールのない自分探しの旅へと

迷走することになります

 

これはダメなことでも

残念なことでもないです

 

結論から先に言えば

自分探しのゴールは

今このままでも「持っていた」

ないし、「生み出せる」と知ることです

 

みんな幸せだなーと思います

「ある」より「ない」に目を向けて

嘆く余裕があるのです。

 

私は全てを失い嘆いてる場合じゃなかった

生み出し方も「前例のないことだ無理!」

とこの日本の行政にもサジを投げられてしまう

人生ブラックアウト…だったから

 

でも、おかげで

「前例のないこと」に強くなった

道なき道を開拓し歩んでいけることを知った

怖いものがあまりなくなった

いつ全てを失っても

平気だと思えるようになった

 

リスクをとらないことが最大のリスク

 

 

 

これからの行き先を

今「ある」ことからの条件検索からしか

決められないのでしょうか?

 

これからの行き先を

今「ない」ことからの欠乏感から

決めていいのでしょうか?

 

順番が逆ではないか?

 

「ある」充足感から

もっとワクワクする行き先を

そこへ足り「ない」ものを

ひとつずつ集めて行けばいい

 

本当にそれだけ。

 

今無くてもいい

 

私たちは「ない」から「ある」を生み出せる

だからどこへ行ったっていいし

止まってみてもいいし

後ろを振り返ってもいい

そう知ることが

「自由」を手に入れることだと思う。

 

何かに駆り立てるように走り続けるのと

自由の元走り続けるのでは

似ているようで非なるものです

 

燃料が焦燥感なのか、

好奇心・向上心などのワクワクか。

 

 

「前例のないこと」

嫌という程聞いたこの言葉は

いつも私の大きな壁となって立ちはだかった

 

 

DVを受けると住民票などに

特殊なブロックをかける

DVの定義は「配偶者又は恋人」

母が亡くなった瞬間

私たちはDVの定義から外れブロックが解除され

危険にさらされる…

でも、「前例がない」から

ブロックをかけられないの一点張りで

どうにもならないんですよね

 

そこをどう打破していくか

今までも、それから今も

そんな「前例のない」中を

縫うように、這うように

穴を見つけては、かいくぐり

なんとかかんとか生きてきたので

 

もうちょっとやそっとのことじゃ

動じなくなった

 

命ありゃーなんとかなりますよ

そして、私たちは思うよりしたたかだ

その時がくれば肚を決めて

大胆に勝負にでれるから

ドンと構えて行きたいところへ

行ったら良い

 

自由すぎて不自由な人は多い

そんな時はここに立ち返るといい

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP