30万と250万の人の違い

 

低所得者から抜け出したい人に向けて

 

毎月いくら口座にお金が入ってきますか?

15万〜25万くらいですか?

 

生活費に(質素に暮らして)

最低15万くらい必要だとして

もっと自由に遊べたり

美味しいものを食べられたり

欲しいものを買えたり

そんなお金が欲しいなーと

そう思いながらも

現実は頑張ってもなかなか変わらない

 

でも、私最近実感しているのですが

30万を超えた額が入ってくることはなかった人の口座に

来月は250万入ってくる可能性が出てきたとしたら

その人はどうするでしょうか?

 

毎月250万入ってくるのが通常の人は

翌月何をするでしょうか?

 

たぶん、30万の人は

わーわー舞い上がっちゃうと思うんです。

「何を買おう?」

「いくら貯金しよう?」

そんなことできっと脳内埋め尽くされる

そして、250万入ってくる受け入れ態勢もできてない

 

250万の人はたぶん落ち着いている

「お金を回すことで新たに何が生み出せるか?」

「誰に何を与えようか?」

と冷静に生み出すことを考えてるのではないかと思う。

なぜなら250万の人にとっての250万は

その月だけのマグレ金ではないし

250万は使ったら消えて無くなるものだとは思っていない

 

30万の人にとっての250万って

使ったら無くなっちゃうものなんです

だから無くならないように

貯めようとするし

自分の欲しかったものに変えてしまおう!

という考えになる

実態のない(価値のない)幻

消える前に消費しなきゃ!

という感覚が以前の私にもあったのではないかと思う。

 

こういう飢餓感、危機感を植え付けるために

もしかしたら支配したい人が作り出したシステム

それが「お金」なのではないかなー

 

なぜ、こんなことを最近思ったかと言うと

私は30万の人だったのですが

3年ほど前から

消費者で居続けると一生何かを追い求めて死ぬ

満たされぬまま死ぬ

それに面白くない!

面白く生きたい!

そんな気がして少しずつ

発信者、生み出す側になろうと動いてきた

 

そして

来月は250万が入ってくる可能性も想定できる

そんなことになっているけど

でも、このお金に私は

今、わーわー舞い上がらない

これは素晴らしい才能を掛け合わせて

素敵な作品を生み出すお金だからだ

 

「お金が欲しい」よりも

「お金を使ってどんな感情を味わいたい」と思ってるのかを考えることをまずやってみてはどうだろうか?

 

それはお金があるなし関係なく味わえる感情であるならば、まずは無くてもできることをし、その感情を呼び水としたらよい。

 

それに循環させられる人、人称の高い人は必要だからお金が回ってくる。

 

低所得なのはあなたの価値が社会にとってあまりないか、もしくは社会に還元するのを怠ってるかのどちらかだ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP