やっておきたい産後ケア

 

 

やってよかった産後ケア

最近は「バースプラン」というものを決めさせてくれる。バースプランっていうのは、陣痛時や出産時、産後にやりたいことややってほしくないことを予め計画してオーダーするためのもの。

 

・産後すぐに骨盤を晒しで締めて欲しい

 

をお願いしてみると良い!これは産んでみるとわかるけど、出産直後って、骨盤が頼りないというかグラグラして生まれたての子鹿みたいになる。産道を胎児の頭が通ったことにより左右対称の歪みのない状態になっている。出産直後はまだ靭帯も筋肉も緩みきった状態なので、晒しでサポートして、骨盤のポジションを筋肉や靭帯が戻るまでキープできるとよい。

 

産後0日目はゆっくり休むこと。

出産直後はハイになりがちで、眠れない人もいるけど携帯などは見ないようにしてとにかく寝ること。

 

産後1日目から深い呼吸をして横隔膜で体内をマッサージするように、徐々に体を動かしていく。足首を回してみる。

 

産後2日目くらいから私は骨盤底筋群を収縮→弛緩を繰り返す運動を始めた。産後はやったことはないけれどもボクシングを10Rまで戦いきったような疲労困憊ぶりで、体のあちらこちらが痛む。「産褥体操」をしっかりやってみて、産後の戻りは効果覿面だった。陣痛の痛みに耐えるのに、ふだん考えられないくらい筋肉に長時間力が入り続けたり、お股やお腹に関しては筋肉の繊維が断裂したりとダメージを負うので本当に入院中はゆっくり休んだ方がいい。

 

産褥体操を行うことで、血中の酸素濃度をあげて回復を早める、血液の循環をよくすることで疲労物質などを流すなど、ケアはとっても重要だと思う。

 

産褥期に無理をしないこと

お産後、6〜8週間を産褥期という。この期間は赤ちゃんの世話だけをして、赤ちゃんと一緒に寝起きをするくらいの生活がベストだった。私の2回目のお産は上の子がまだ1才半だったので産後1週間くらいから通常営業で動くしかなかったし、当時21才だったので動けてしまった。すると、子宮や骨盤底筋や、主に婦人系の臓器の戻りが最初のお産よりグッと悪く、PMSにも相当悩まされた。

産褥期に無理をするとPMSや更年期が酷くなるという医学的な根拠はないとされているけど、休めるなら1ヵ月はゆっくり休もこと。

 

子宮はみぞおち付近まで大きくなったものが鶏卵の大きさまで小さく戻る。

骨盤底筋群のみならず骨盤の中の筋肉や靭帯も伸びて緩まってしまている。靭帯は関節で骨と骨を結ぶ紐のようなものと理解してもらって、それがゆるゆるな状態で、重いものを持ったり、無理をすると、回復が遅れたり、子宮や内臓も下がってきてしまう。

広がりすぎて、繊維が切れていたり、神経が切れていたりするものが回復するのを待つこと。

 

私の育児が楽だった理由

これは個人差がかなりあり、受け手によってはプレッシャーになりかねないので、必要だと思った人だけ読んで欲しい。私の育児が楽だったのは「完全母乳」で「おむつなし育児」だったから。

 

難しい完全母乳、諦める前に試してみて欲しいヒント集

・出が悪い

・乳腺炎になってしまった

・乳首が切れてしまった

・授乳が苦痛

・食事制限が辛い

・働きながら育てたい

など様々な理由から完全母乳ではなく、混合やミルクで育てられるかと思う。完全母乳信者ではないので大前提に子育てはそれぞれのやり方で自分が納得していることが一番だと思う。

 

私はたまたま遺伝的にとても出の良いおっぱいだったのかもしれないが、それでも完母希望のママに知って欲しいのは、「桶谷式の母乳育児」母乳育児の概念が変わったし、ここへ行ってから、本当に育児が楽しく楽になった。

 

・乳児湿疹が酷い

・おっぱいが詰まる

・おっぱいが痛い

・赤ちゃんが飲んでくれない

・夜泣きが酷い

 

それらが桶谷式の助産師さんの言っていることを守っただけで母乳の質がよくなったのか、全てが丸っと解決した。

おっぱいがカチカチに熱く張っていたのも治り、今まではおっぱいにたくさん在庫が残っている状態だったのが、赤ちゃんが乳首を咥えた瞬間に生産される受注生産方式のおっぱいに変わった。作られたばかりの新鮮なサラサラのおっぱいを赤ちゃんが飲む。そして、一回の生産される量が、授乳を繰り返すたびに、赤ちゃんの欲しい量とぴったしリンクしてくることに生命の神秘を感じた。

私の骨盤や子宮、授乳をすることでどんどん回復していく。これは授乳によってそういうホルモンが出るからだ。

 

その代わり…桶谷式は食事制限が厳しい。でも、ここだけなんだ。頑張るのは。そして、その食事制限って言ってみれば質素な精進料理のようなもので、授乳関係なくこの内容の食事を続けていれば健康になっていく。し、砂糖の中毒症状、小麦の中毒症状をこの時期に抜いてしまえば自分の体もかなり楽になる。

 

おっぱいは、血液でできていて、ママの食べたご飯にダイレクトに影響される。で、ちょっとシュークリームを食べただけで黄色いドロッとしたおっぱいに変わり、うちの子はまずいおっぱいになると乳首を噛んで怒ったりプイッと口から出して飲んでくれなかったりした。質のいいおっぱいの時は、青白くてサラサラ。自分で味見してみなさいって助産師さんに言われて最初は抵抗があったんだけど、味見してみたら、びっくりするくらい味が違うんだ。

乳製品、砂糖、小麦、肉、アルコール、などを食べた時っておっぱいが臭い。和食中心、まごはやさしい(豆、ごま、わかめ、野菜、しいたけ、芋)を食べて作られるおっぱいってほのかに甘みがあってスッキリして美味しい。粉ミルクはまた変わった味がした。これについての是非は私は言わないけど。

 

とにかく、私自身はダンサーで体が資本で、体オタク、健康オタクなこともあって、食事制限はそこまで辛くなかったし、授乳を通して赤ちゃんとコミュニケーションを取っている至福の時間のようですごく楽しかった。だけど特筆しておきたいのは、私が好きでこうして育てただけであって、完全母乳じゃないからダメなお母さんだとか、愛情がないってことでは断じてないので、そこだけ注意してください。ただ、もし完全母乳に興味があるならば、これって産婦人科で教えてもらえることじゃないし、両親学級に出ても母乳のことって知らないままいきなりノンストップの孤独な育児が始まってしまうんだよね。そして、悩むママが多い。なので、私の経験を書いてみた。

 

赤ちゃんにどうやって乳首を咥えさせるか、飲ませ方から私は間違ってやっていた。突起になっている乳首の部分を咥えさせるのではなくて、乳輪が見えなくなるくらいにカプッと咥えさせるのが正解。そのように咥えさせてあげると赤ちゃんは吸い方を知ってちゃんと生まれてきていて、ギュンギュンギュンギュン上手に母乳を飲むんだよね。感動だった。

そんな風に全てのことにおいて、初心者マークのママたちがおっぱいカンカンに腫らせて、出産のあの痛みを耐えたにも関わらず、実は産後の方が色々痛いこと多かったりして…泣きたくなるよね。そんなことがないように、ぜひ参考にしてみて欲しい。パパ達もきっと未知の世界だと思う。母子だけの神聖な世界に入ってしまってパパ

出番なしみたいな寂しい思いをするパパも少なくないかもしれない。

 

私は完全母乳だったけど、保育園に預けて働いていたし、一人で出かけることもしてた。ママのおっぱいが安定してくると、自由自在に授乳1回分のおっぱいを搾乳できるようになる。これも、搾乳器なんか使わないでも、手で簡単に絞れるようになる。(桶谷式の人にやり方を教えてもらった)冷凍保存パックにいれて保存しておいて、飲ませたいときに湯煎で解凍し哺乳瓶でパパでも与えられるようになる。

ママがちょっと授乳中だけどちょっと飲みに行きたいなって時もそれで、代用し、お酒をなんだ後の母乳は搾乳して捨てればいい。そんな感じでストレスフリーで子育てを楽しみたい!

 

おむつなし育児ってなんなんだ

私も最初、この本を書店でみたとき驚愕した。

これをやってよかったのは、息子とすごく繋がれた気がしたこと。排泄を通して、話せない、ただ泣いて眠って出すだけの赤ちゃんが何をしたいのか察せられるようになったのが本当に楽しかった。それから赤ちゃんの機嫌が良い。おむつ代がかからない。よって、おむつは0才10ヵ月でとれていた。

そういったメリットもさることながら、一番は健やかな感じが良いよね。

紙オムツが当たり前の中で、布オムツはどころか、おむつなしで育てているなんて外からの目も結構訝しげにみられたりして大変だった。

 

でもね、赤ちゃんをよーく観察していると、いつおしっこしたいのかのサインを出してくれていることに気がつくの。それがわかって、トイレで「シーだよ、シーシー」って声をかけると二ヶ月の赤ちゃんでもトイレにおしっこをするんだよね。それって意思疎通ができたみたいでとても嬉しくない?

それを何度か繰り返していると、トイレに連れて行って、声をかけただけで、おしっこしてくれるようになるし赤ちゃんはとっても気持ち良さそうにするんだ。それで、楽しくて楽しくてハマってしまった。気づいたらオムツは外れていた。

やっぱり、汚れたオムツがお尻に触れているって超絶不快だよね。それは赤ちゃんも一緒なんだ。馬鹿らしいけれども、自分もオムツに排泄してみて、それをつけてみたら苦痛でしかなかった。トイレで排泄できるのって気持ちがいいことなんだなって当たり前のことを知った。

 

でも、今でこそ、オムツなし育児なんておかしい感じがするけれども、昔はそうやって育てていたみたい。

 

野生にかえりたい(笑)

人間の生物としての機能がだんだんと衰えている気がする。野生的な勘や本能、本来備わっている自分の能力を使ってパフォーマンスをよくするのが私の楽しみというか人生のテーマの一つみたいなところもある。生きとし生けるものというか、自分という命そのものにもっと自信を持った方がいいと思うんだ。情報や他人の目に惑わされるのは、自分の感覚に従うとか委ねるってことを忘れてしまったからじゃないかと思う。

命の営みとでもいうか、そもそもこのままで私たちは何も持たずに裸でこの世に生まれてきたわけで、生まれたてほやほやの新生児の姿ってなんてパーフェクトで美しいのだろうって涙が出る…誰もがみんなそうして生まれてきた。

なんだか、もっと!もっと!と欠けてるものを補い、さらに先へと何かを求め続けていたけれども、私は「自分に回帰していく」って感覚が子供を産んでから始まった感じがする。

 
I want to dance in NY.
Be sure to watch this dance movie.

My facebook→Fuyuka ohtaki

(Please, give me a massage.)

 

大瀧冬佳プライベートレッスンの受付始めました。
※12・1月の予約申し込み受付してます!!!お日にちお時間ご希望にそえます。場所は東京都あきる野市内です。

はじめての方へ(プライベートレッスン)

・単発なら、1時間3,500円

・週一月4回なら、4回で10,000円

でお受けさせていただきます!(全て税込です)
内容はヨガときっかり限定しておらず、ヨガやバレエ、ピラティス、古武術、などなど混ざったものをプライベートレッスンなのでオーダーメイドでレッスン内容組み立てさせてもらってます!

目的に合わせて、リフレクソロジーやメディテーションやカウンセリングや座学なども人によっては相談して組みこまさせてもらってますm(_ _)m

初回申込フォーム→https://goo.gl/forms/OzlljhUwq0nUZjTe2

2回目以降のご予約→https://goo.gl/forms/x7ABpwfgoNmSgXOb2

【年末年始のレッスンご予約について】
12/30~1/8年末年始のおやすみいただきます。

【産休について】
2/2までレッスンのご予約承ります。
お産はいつ始まるかわからず、急遽中止になる可能性も1月後半以降なくはないことをご了承ください。


■大瀧冬佳監修 「カラダの教科書vol.1~2」販売中

・1冊 ¥3,160-.(税、送料込み)
・PDF版 ¥1,360-.(税込)

https://onlineballet.thebase.in/

解剖学の知識を実際にダンスに応用できるまで考えておられるすばらしい内容だと思いました。
また積極的に世に発信しておられる活動も素晴らしいと思いました。是非頑張ってください!(アレクサンダーテクニーク講師の方よりご感想)
他、ダンスカンパニーUzmeの旗揚げ公演「Mao」のオリジナルサウンドトラック全11曲を収録したアルバムも残りわずかですが販売しております。

朝活オンラインでヨガができます

こちらは参加費月額300円で毎日受け放題です!

運動難易度は妊婦でもできるレベルの易しめ

日頃の運動不足を解消したい人におすすめです。

また、朝早起きして体を動かし日の出の光を浴びると

一日とてもパワフルにおくれます!!!

エネルギッシュに毎日を過ごしたい人もぜひお気軽にご参加ください。

朝オンラインヨガ


■【大瀧冬佳*来年の公演予定】

2018年5月   大瀧冬佳ソロ公演開催予定(スタッフ募集中)
2018年6月末  UzmeArtFes開催予定(一般参加者募集中
2018年11月 東京公演開催予定

お問合せ、ご質問随時歓迎

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP