ブログ兼HPは定期的な見直しをするといい

ブログやHPを作る上で考えなければならないこと

それは方向性です。

私はwordpressを使ってますが、サイトを作る専門家にお願いすれば形はかっこいいサイトが出来上がりますが、結局中身なのです。かっこいいコンテンツ(中身)を出し続けるのは大変なことで、だから挫折してしまう人は多いです。それは方向性が定まっていなかったからです。でも誰も最初は自分が何者で、何がしたくて、何を与えられるのかなんてことわかっていません。トライアンドエラーで見つけていくものです。

私は3年前からこのブログを書き、サイトを作りましたが当時は今ほど自分が何をしたいか、このブログの目的なんて定まってはいませんでした。でもわからないなりに、その当時どうしても世の中に伝えたい思いを書き続け、そして実際の行動に移し続けました。現在は3年前よりも生活環境も仕事も家族形態も全てが理想の形へと変わり、当時の書き殴ったような熱いメッセージは書けなくなりました。以前のサイトのデザインや、カテゴリーの分け方、タグ、文章…全てに今の自分との微妙なズレをストレスに感じて、毎日更新していたブログも更新が3日あいてしまう日も出てくるようになってしまいました。

それは以前の私よりもより明確な方向性が見えるようになってきたからです。大雑把に「fuyukaohtaki.com」としかサイトタイトルをつけていませんでしたが、今の私は自分が何を発信していきたいのかが明確になりこの大雑把さでは範囲が広すぎてブログを書くのに迷いが生じるようになっていたのです。ですので、今は「Uzme団長ふゆかの表現箱」とタイトルを改めました。

等身大の自分が無理なく発信できる枠作り

「等身大の自分が無理なく発信できる」これってとても重要なことです。昨今、ブランディングやマーケティングという言葉がメディアの人間のみならず一般人の間でも聞かれるようになりました。私はそれらの専門家ではないですが、自分なりにこれらを解釈するに、「無理してよく見せる」でも「ありのままを見せる」のどちらでもなく「等身大で自然ではあるが」「編集作業」は必要なのだと捉えています。

サイトを作る際に、特にカテゴリーやテーマカラーやタイトルはその編集作業を簡略化させる効果があるなと感じています。私自身は本業はアーティスト、表現者で舞台作家なので、ブログにかける力加減はなるべく簡単な方が良いのです。今の私の等身大。それは見るもの聞くもの、感じるものその全てが舞台や表現に落とし込まれているというところです。私のブログは「人生観」や「自己啓発っぽいこと」が多く書かれていますが、それ自体を伝えたいというよりも自身がそういった美学を持って生きているその姿勢が舞台に立った時に強く影響するので、まぁ稽古の一貫みたいなものだったり。人の心の移ろいを深く観察することは表現する上で不可欠なのです。だから、人生観のブログが多くなっています。体のことも全部、舞台のためなので、このサイトは全くバラバラなことが書いてあるようで、私というフィルターを通した表現箱、作品を作る際の材料庫であり、表現する際の素材庫だということです。
このような一本の軸(一本じゃなくても良い)が何百本とブログを書いてるうちに見えてきました。今度は逆にその見えた軸を通してあげることで、より専門性の高いサイトに育っていくのです。

マガジン、ブログ、プロフィール、名刺もアップデートすればいい

マガジンもブログもプロフィールも名刺もアップデートを繰り返せばそれでいいのです。「これ試しだから!」という気持ちでベータ版を作り続けたもの勝ちだなと思うわけです。正直、過去の自分のブログとか青臭くて恥ずかしいです。YouTubeなんて低い評価とアンチコメントがつけられ、黒歴史ですよね〜と自分でも認めちゃうほどに恥ずかしいものを上げてきました。でも、今はおかげで動画編集もカメラワークも構成も前よりレベルアップしています。やらなかったらできないままです。それにずーっと当時から私のことを追っかけてくれている人はごく僅か。今の私しか知らない人もたくさんいます。だから、そんなに人は他人のことを気にしていないので、アップデートを何食わぬ顔で繰り返していけばいいです。